新型コロナウイルスに関する情報

ハーゲンダッツHäagen-Dazs「グリーンティー」の ろうけつめ(batik)の きれいな アートartパッケージpackage 

<ruby>ハーゲンダッツ<rt>Häagen-Dazs</rt></ruby>「グリーンティー」の ろうけつ<ruby>染<rt>ぞ</rt></ruby>め(batik)の きれいな <ruby>アート<rt>art</rt></ruby><ruby>パッケージ<rt>package</rt></ruby> 

Translated by rei sugimoto

Written by MATCHA-PR

2020.11.19 お気に入り

ハーゲンダッツ ジャパン(Häagen-Dazs Japan)から、2020年(ねん) 秋(あき)から 期間限定(きかんげんてい:limited edition)で アートパッケージ(art package)の ミニカップ(mini cup)が 出(で)ます。なかでも「グリーンティー」の 絵(え)は、伝統的(でんとうてき)な(traditional) 染色(せんしょく:staining)の やりかた「ろうけつ染(ぞ)め」で 作(つく)られました。この記事(きじ)では ろうけつ染めについてと、グリーンティーの アートパッケージが どんな 気持(きも)ちで 作られたかを 紹介(しょうかい)します。


日本にほんの を かんじることが できる「グリーンティー」の アートartパッケージpackage

ハーゲンダッツ アートパッケージ

ハーゲンダッツHäagen-DazsジャパンJapanでは 2020ねん あきから 期間きかん限定げんてい(※)で、「バニラvanilla」「ストロベリーstrawberry」「グリーンgreenティーtea」の 3つの あじで アートパッケージを します。

なかでも 「グリーンティー」の パッケージは、「ろうけつ」を 使つかって かいています。

ろうけつめは 日本にほんの 伝統的でんとうてきな(※) 染色せんしょく(※)の やりかたです。

ろうけつめを 使つかって かかれた そのパッケージは 日本にほんの を かんじることが できる 上品じょうひんな(※) おもむきが あります(※)。

この記事(きじ)では、ろうけつ()めについてと 「グリーンティー」の アートパッケージを (つく)った(ひと)が どんな 気持(きも)ちで かいたのかを 紹介(しょうかい)します。

【※単語たんご

  • : beauty
  • 期間きかん限定げんてい: limited edition
  • 伝統的でんとうてきな:traditional
  • 染色せんしょく: staining
  • 上品じょうひんな:elegant
  • おもむきが ある:quaint
  • 1000ねん以上いじょうまえに まれた 染色せんしょく「ろうけつめ」

    ハーゲンダッツ アートパッケージ

    ろうけつ模様もようおび (Photo by Pixta)

    ろうけつは、天平てんぴょう時代じだい(729~749)に まれた 染色せんしょくの やりかたです。

    ()かした(※) (ろう)(※)で 生地(きじ)(※)に ()を かいたあと、生地(きじ)を ()めて(※)いきます。
    ろうで かいた だけは いろが まらないで のこります(※)。それは あたたかいかんじが する 自然しぜんな(※) です。

    ろうけつ()めは 日本(にほん)の 伝統(でんとう)(てき)な 文化(ぶんか)(※)で (むかし)から あるもの です。
    しかし (むかし)の (ひと)だけではなく (いま) ()きている (ひと)の 感性(かんせい)(※)にも (なに)かを (つた)えるような (ちから)が あります。

    伝統的なろうけつ染めと現代デザインが出会うハーゲンダッツ「グリーンティー」のアートパッケージ

    バティック (Photo by Pixta)

    ろうけつめは、マレーシアMalaysiaや インドネシアIndonesiaでは バティックと ばれています。
    ()(かた)は 日本(にほん)と (おな)じです。生地きじに (ろう)で ()を かきます。
    そして、バティックを (おこな)うときは ぜんぶ 機械(きかい)を 使(つか)わないで (ひと)の ()で (おこな)います。

    【※単語たんご

  • かした:melted
  • ろう:wax
  • 生地きじ:cloth
  • める:dye
  • のこる:remain
  • 自然しぜんな:natural
  • 文化ぶんか:culture
  • 感性かんせい:sensitivity
  • 「グリーンティー」の アートパッケージが つたえたい 気持きも

    <ruby>ハーゲンダッツ<rt>Häagen-Dazs</rt></ruby>「グリーンティー」の ろうけつ<ruby>染<rt>ぞ</rt></ruby>め(batik)の きれいな <ruby>アート<rt>art</rt></ruby><ruby>パッケージ<rt>package</rt></ruby> 

    「グリーンティー」の アートパッケージでは、濃淡(のうたん)(※)が ある 緑色(みどりいろ)に、(しろ)い (はな)びら(※)が ()っています(※)。
    上品(じょうひん)な (いろ)の グラデーションgradationを (つく)ることが できることも、ろうけつ()めの すばらしいところの ひとつです。

    「アーティストは 抹茶(まっちゃ)の 繊細(せんさい)な(※) (あじ)を、緑色(みどりいろ)の 濃淡(のうたん)で 表現(ひょうげん)(※)して くれました。
    (くち)いっぱいに (ひろ)がる(※) (かお)り(※)や (はな)やかさ(※)、一口(ひとくち) ()べたときの 高揚(こうよう)(かん)(※)が ()()る(※) (はな)びらとして (えが)かれて(※) います」
    (ハーゲンダッツ ジャパンの 企画(きかく)担当(たんとう)(しゃ)(※))

    【※単語たんご

  • 濃淡のうたん:light and shade
  • はなびら:petal
  • う:flutter
  • 繊細せんさいな:subtle
  • 表現ひょうげん:express
  • ひろがる:spread
  • かおり:scent (におい)
  • はなやかさ:brillante (あかるくて きれい)
  • 高揚感こうようかん:elation (わくわくするかんじ)
  • る:flutter
  • えがかれる:draw (を かくこと)
  • 企画きかく担当者たんとうしゃ:planning staff
  • ()べたときの (あじ)と (かお)りを ろうけつ()めで 表現(ひょうげん)

    ハーゲンダッツ アートパッケージ

    アートパッケージ原画げんが

    パッケージを かいた アーティストartistは、古屋ふるや 絵菜えなさんです。
    古屋(ふるや)さんの 仕事(しごと)は ろうけつ()めで ()を かくことです。

    古屋(ふるや)さんは 小学生(しょうがくせい)のころ、(いま)の 古屋(ふるや)さんと (おな)じように 染色(せんしょく)の 仕事(しごと)を していた お(かあ)さんが きっかけtriggerで、ろうけつ()めに 興味(きょうみ)を もったそうです。
    そして 武蔵野美術大(むさしのびじゅつだい)(がく)の 大学院生(だいがくいんせい)(※)に なってから 本格(ほんかく)(てき)に(※) ろうけつ()めを (はじ)めました。

    (いま)古屋(ふるや)さんは (はな)が モチーフmotifの ろうけつ()めを (つく)って、発表(はっぴょう)して(※) います。
    日本(にほん)だけではなく 外国(がいこく)でも 注目(ちゅうもく)されて(※) います。

    ハーゲンダッツ「グリーンティー」のアートパッケージ

    アートパッケージの 原画(げんが)(※)を (つく)るのに (やく)1ヶ月(かげつ) かかりました。

    最初(さいしょ)古屋(ふるや)さんは お(ちゃ)の ()(※)について 調(しら)べることから (はじ)めました。
    (ちゃ)(はな)を スケッチしたり、「グリーンティー」の アイスクリームを ()べて、(あじ)と (かお)りを ()で 表現(ひょうげん)したそうです。

    古屋(ふるや)さんは 原画(げんが)を (つく)るときに、原料(げんりょう)(※)の (ちゃ)()と アイスクリームの どちらも 大切(たいせつ)に かんがえました。

    できた ()は 「グリーンティー」の アイスクリームを ()べたときに (ひろ)がる お(ちゃ)の (かお)りと (あじ)を、(はな)びらで 表現(ひょうげん)しています。

    ろうけつ()めの すばらしいところについて、古屋(ふるや)さんは (つぎ)のように ()いました。

    「ろうけつ()めを するとき (なん)(かい)も (みず)で (あら)ったり、(ろう)を ()としたり(※)します。
    どちらも しなければならないことです。そして これらは ()を 使(つか)って 『(つく)る』ことを (かん)じさせて くれるのです。
    わたしは、五感(ごかん)(※)を 使(つか)って (つく)ることで ()まれる 表現(ひょうげん)が ある とおもっています。
    そこに ろうけつめだけの すばらしさを かんじています」

    【※単語たんご

  • 大学院生だいがくいんせい:graduate student
  • 本格的ほんかくてきに:full-blown
  • 発表はっぴょうする:present
  • 注目ちゅうもくされる:attention
  • 原画げんが:original picture
  • :leaf
  • 原料げんりょう:material
  • とす:shed
  • 五感ごかん:five senses
  • 作品さくひんに わった ミニカップmini cup! 3つの アートパッケージ

    ハーゲンダッツ アートパッケージ

    期間きかん限定げんていの アートパッケージは 3つ あります。
    バニラ」「ストロベリー」そして「グリーンティー」です。
    それぞれの アーティストが (かんが)える バニラや ストロベリー そして グリンティーの (あじ)を、それぞれ (ちが)う かきかたの ()で 表現(ひょうげん)しています。

    バニラ」の アートパッケージを かいたのは、イラストレーターillustratorの 竹内たけうち 俊太郎しゅんたろうさんです。
    とても いい (かお)りの バニラから (かんが)えて アートパッケージを かきました。
    マダガスカルMadagascarの (ひと)たちの 生活(せいかつ)と、音楽(おんがく)を (たの)しみ、友達(ともだち)と (はなし)しながら アイスクリームicecreamを ()べるのに ちょうど いい ときを ()つ とても (しあわ)せな 時間(じかん)を 表現(ひょうげん)しています。
    ストロベリー」の アートパッケージを かいたのは イラストレーターの maegamimami(マエガミマミ)さんです。
    可愛(かわい)い (おんな)(ひと)を モチーフにした アートパッケージです。
    これは ストロベリーの アイスクリームを ()べると (たの)しむことが できる イチゴの フレッシュなfresh (かん)じや 甘酸(あまず)っぱさ(※)に、(おも)わず(※) うっとりしてしまうenchanted 体験(たいけん)(※)を 表現(ひょうげん)したそうです。

    アーティストの 気持(きも)ちが (つた)わってくる 3つの アートパッケージ。
    ぜんぶ (あつ)めたくなりますね!

    【※単語たんご

  • 作品さくひん:work (ものを つくることが 仕事しごとひとが つくったもの)
  • 甘酸あまずっぱさ:sweet-and-sour
  • おもわず:unconsciously
  • 体験たいけん:experience
  • アートパッケージで 美術びじゅつを る 機会きかいを つく

    ハーゲンダッツ アートパッケージ

    しょ』の(うつく)しさにも魅了(みりょう)される! 相田(あいだ)みつを美術館(びじゅつかん)()()()うひととき」より

    ()(ほん)らしい」ものを 生活(せいかつ)で 使(つか)いたい(ひと)は、ろうけつ()めの 作品(さくひん)を 使(つか)って みましょう。
    日本(にほん)の 伝統(でんとう)(てき)な ()を とても (ちか)くに (かん)じることが できます。

    ろうけつ()めは 着物(きもの)や (おび)に よく 使(つか)われます。でも、アクセサリーaccessoryなど いつも 使(つか)うことが できるものも あります。
    また、日本にほんの 詩人しじん(※)・相田あいだみつをさん(1924~1991)は、作品(さくひん)を (つく)るときに ろうけつ()めを よく 使(つか)いました。
    (かれ)は すばらしい 書体(しょたい)(※)と ()で 有名(ゆうめい)です。
    もっと 相田(あいだ)みつをさんについて ()りたい(ひと)は、東京(とうきょう)に ある「相田あいだみつを美術館びじゅつかん」で (かれ)の 作品(さくひん)を よく ()てみて ください。

    ハーゲンダッツ アートパッケージ

    (いま) ろうけつ()めを 仕事(しごと)に している(ひと)は (すく)なくなっているそうです。
    「グリーンティー」の アートパッケージは、日本にほんの に うことが できる 貴重きちょうな(※) 機会きかいです。
    (いま)を ()きる (ひと)が ろうけつ()めを ()る 機会(きかい)が ()えて、(むかし)から 使(つか)われている ろうけつ()めを すばらしい と(おも)(ひと)も ()え、(つぎ)の 世代(せだい)(※)に (のこ)ることを (ねが)って います。

    【※単語たんご

  • 美術びじゅつ:art
  • 機会きかい:chance
  • 詩人しじん:poet
  • 書体しょたい:style of handwriting
  • 貴重きちょうな:valuable
  • 世代せだい:generation
  • Written by Ramona Taranu
    Photos by Monami I
    Sponsored by Häagen-Dazs Japan, Incorporated.

    この記事きじいてあることは記事きじを いたときの 情報じょうほう(information)です。あなたが この記事きじを 読んでいるときには 商品しょうひん(っている もの)や サービスserviceが わっているかもしれません。まえに もう一度いちど 確認かくにんして ください。

    関連トピック