<ruby>箱根<rt>はこね</rt></ruby>の いろいろな <ruby>景色<rt>けしき</rt></ruby>を <ruby>見<rt>み</rt></ruby>ることが できる <ruby>電車<rt>でんしゃ</rt></ruby>「<ruby>箱根登山鉄道<rt>はこねとざんてつどう</rt></ruby>」の<ruby>旅<rt>たび</rt></ruby>

箱根はこねの いろいろな 景色けしきを ることが できる 電車でんしゃ箱根登山鉄道はこねとざんてつどう」のたび

神奈川 2018.07.15

箱根登山鉄道(はこねとざんてつどう)は、山(やま)の 中(なか)を 走(はし)る 電車(でんしゃ)です。その電車から 見(み)ることが できる 景色(けしき)は すばらしいです!この記事(きじ)で その景色と 箱根登山鉄道の 使い方(つかいかた)を 紹介(しょうかい)します。

Translated by rei sugimoto

Written by Jumpei Kawashima

Google Pocket

箱根はこねエリアareaを 観光(かんこう)する (見物(けんぶつ)する: sightseeing) (とき)電車(でんしゃ)や バスbusなど 色々(いろいろ)な ()(かた)が ありますから、自分(じぶん)で (えら)ばなければなりません。オススメrecommendは 箱根はこね登山とざん鉄道てつどうを 使(つか)うことです。(きゅう)な (やま)を のぼっていく、とても (めずら)しい 山岳(さんがく)電車(でんしゃ)((やま)(なか)を (はし)る 電車(でんしゃ): mountain railway)です。

今回(こんかい)は 箱根はこね登山とざん鉄道てつどうで ()ることが できる すばらしい 景色(けしき)と、東京(とうきょう)から 箱根はこね登山とざん鉄道てつどうへの ()(かた)を 紹介(しょうかい)します。

(きゅう)な (やま)を のぼっていく 電車(でんしゃ)

画像提供がぞうていきょう箱根はこね登山とざん鉄道てつどう

箱根はこね登山とざん鉄道てつどうは、小田原(おだわら)(えき)から 箱根湯本(はこねゆもと)(えき)強羅(ごうら)(えき)まで (はし)っている 電車(でんしゃ)です。電車(でんしゃ)は 自然(しぜん)(nature)が たくさんある 箱根(はこね)の (やま)(なか)を、毎日(まいにち) のぼっていきます。

画像提供がぞうていきょう箱根はこね登山とざん鉄道てつどう

この電車(でんしゃ)は 日本(にほん)では (めずら)しい (はし)(かた)で (やま)を のぼります。箱根(はこね)の (やま)は とても (きゅう)です。 一番(いちばん) (きゅう)な (さか)を (はし)(とき) 車両(しゃりょう)( rain)の (まえ)と (うしろ)で 3mも (たか)さが (ちが)うそうです。ですから 箱根はこね登山とざん鉄道てつどうでは スイッチバックswitchbacks方式(ほうしき)で (やま)を のぼっています。(やま)の 斜面(しゃめん)を ジグザグzigzag((みぎ)へ ()ったり (ひだり)へ ()ったり)と ()がって、ゆっくり (やま)を のぼります。

スイッチバックswitchbacksをする 場所(ばしょ)は (えき)と (えき)の (あいだ)に あります。ここで 電車(でんしゃ)が (すす)方向(ほうこう)(direction)を 反対(はんたい)に します。

季節(きせつ)で ()わる すばらしい 景色(けしき)

画像提供がぞうていきょう箱根はこね登山とざん鉄道てつどう

箱根はこね登山とざん鉄道てつどうは、箱根(はこね)の (やま)を (すす)みます。電車(でんしゃ)の (まど)から ()ることが できる景色(けしき)は、季節(きせつ)で 全然(ぜんぜん) (ちが)います。

画像提供がぞうていきょう箱根はこね登山とざん鉄道てつどう

(はる)は (さくら)です。電車(でんしゃ)の (ちか)くに (さくら)が ()いています。この景色(けしき)は、日本(にほん)の (はる)の 景色(けしき)で 有名(ゆうめい)ですね。

画像提供がぞうていきょう箱根はこね登山とざん鉄道てつどう

6月(ろくがつ)は あじさいJapanese hydrangeasが 有名(ゆうめい)です。電車(でんしゃ)と (はな)が とても (ちか)いですね。(なつ)は (みどり)が きれいな (やま)景色(けしき)も いいですよ。

画像提供がぞうていきょう箱根はこね登山とざん鉄道てつどう

早川(はやかわ)橋梁(きょうりょう)(Hayakawa Bridge)など、箱根(はこね)は 紅葉(こうよう)(fall foliage)も すばらしいです。(あき)になると、(やま)は (あか)や 黄色(きいろ)になって とても きれいです。

この時期(じき)(season)だけ (はし)(bridge)の(うえ)で (すこ)し 電車(でんしゃ)が とまります。そして、紅葉(こうよう)を ゆっくり ()ることが できます。早川(はやかわ)橋梁(きょうりょう)は、(とう)(さわ)(えき)と 大平台(おおひらだい)(えき)の (あいだ)に あります。

画像提供がぞうていきょう箱根はこね登山とざん鉄道てつどう

箱根(はこね)の (ふゆ)は (さむ)くて (ゆき)が たくさん ()ります。(しろ)い (ゆき)(うえ)を (はし)る 電車(でんしゃ)の 景色(けしき)は、とても 幻想(げんそう)(てき)(amazing)ですね。

東京とうきょうから 箱根はこね登山とざん鉄道てつどうを 使つかとき

箱根はこね登山とざん鉄道てつどうを 使(つか)(とき)小田原(おだわら)(えき)か 箱根湯本(はこねゆもと)(えき)で ()()えなければなりません。今回(こんかい)は (たと)えば あなたが 「箱根(はこね)彫刻(ちょうこく)(もり)美術館(びじゅつかん)」への ()(とき)東京(とうきょう)から 箱根登山鉄道(はこねとざんてつどう)を 使(つか)って どうやって ()くかを 紹介(しょうかい)します。彫刻(ちょうこく)(もり)美術館(びじゅつかん)は 建物(たてもの)の (そと)に 作品(さくひん)(arts)が ある (めずら)しい 美術館(びじゅつかん)です。

1.小田原(おだわら)(えき)で 箱根(はこね)登山(とざん)(せん)に ()()えます

小田原駅おだわらえきに JRジェイアール東海道線とうかいどうせんと 小田急おだきゅう小田原線おだわらせんの 2つの 路線lineが あります。最初(さいしょ) 東京(とうきょう)から 小田原(おだわら)(えき)へ ()きます。その(とき) 新幹線(しんかんせん)に ()ってもいいし、JR東海道線(とうかいどうせん)に ()ってもいいです。そして 東京(とうきょう)から 新宿(しんじゅく)へ ()って、新宿(しんじゅく)で 小田急(おだきゅう)小田原線(おだわらせん)に ()ったら 小田原(おだわら)(えき)まで ()()えないで ()くことが できます。

JRジェイアールを 使(つか)(ひと)は、改札(かいさつ)(ticket gate)を ()て (ひだり)へ ()くと 箱根はこね登山とざん鉄道てつどうの 改札(かいさつ)が (みぎ)に ()えます。箱根はこね登山とざん鉄道てつどうは 11番線(ばんせん)(platform 11)です。

11番線(ばんせん)は 小田急(おだきゅう)小田原(おだわら)(せん)の 電車(でんしゃ)が つく 場所(ばしょ)の (まえ)に あります。小田急(おだきゅう)(せん)で ()たら、()()えしやすいですよ。

箱根はこね登山とざん鉄道てつどうは この(あか)い 電車(でんしゃ)です。この電車(でんしゃ)で 箱根湯本(はこねゆもと)(えき)まで ()きます。

2.箱根湯本(はこねゆもと)(えき)で 強羅(ごうら)()きの 電車(でんしゃ)に ()()えます

箱根湯本(はこねゆもと)(えき)で ()りて、3番線(ばんせん)の 強羅(ごうら)()きの 電車(でんしゃ)に ()()えます。箱根はこね登山とざん鉄道てつどうは、電車(でんしゃ)が 5種類(しゅるい)(5types) あります。60(ねん)以上(いじょう)(まえ)の (ふる)い 電車(でんしゃ)や 一番(いちばん) (あたら)しい 電車(でんしゃ)が ありますよ。今回(こんかい) ()った電車(でんしゃ)は、2番目(ばんめ)(2th)に (ふる)種類(しゅるい)の 電車(でんしゃ)でした。

電車(でんしゃ)に ()ったら (やま)(なか)を のぼっていきます。すばらしい 景色(けしき)を ()ることが できますよ。

彫刻(ちょうこく)(もり)(えき)から (ある)いて すぐ!

彫刻(ちょうこく)(もり)(えき)を ()たら、(ひだり)へ ()きます。(ある)いて 2(ふん)ぐらいで 彫刻(ちょうこく)(もり)美術館(びじゅつかん)に ()きます。小田原(おだわら)(えき)から 電車(でんしゃ)の 値段(ねだん)は 670(えん)でした。

箱根はこね登山とざん鉄道てつどうは、いつでも 自然(しぜん)や すばらしい 景色(けしき)を ()ることが できます。そして 彫刻(ちょうこく)(もり)へ ()(とき)も 便利(べんり)です。小田原(おだわら)(えき)から 箱根登山鉄道(はこねとざんてつどう)に ()って ()きましょう。

箱根(はこね)へ ()(とき)は、ぜひ 箱根(はこね)の すばらしい景色(けしき)も ()てくださいね。

関連トピック

Google Pocket