新型コロナウイルスに関する情報

「アイスコーヒー」を んでみよう。日本にほんの コーヒーの たのしみかた

「アイスコーヒー」を <ruby>飲<rt>の</rt></ruby>んでみよう。<ruby>日本<rt>にほん</rt></ruby>の コーヒーの <ruby>楽<rt>たの</rt></ruby>しみ<ruby>方<rt>かた</rt></ruby>

Translated by rei sugimoto

Written by Mayu

2020.01.30 お気に入り

日本(にほん)には 安(やす)くて おいしい コーヒーを 飲(の)むことが できる コンビニ(convenience store)の コーヒーや、「Blue Bottle Coffee」など サード・ウェーブコーヒー(third wave cafee)の 店(みせ)が あります。また ブラック(black)の アイスコーヒー(ice coffee)なども 日本だけの 楽(たの)しみ方(かた)も あります。日本の コーヒーを 紹介(しょうかい)します。

「Blue Bottle Coffee」も やってきた。日本にほんの コーヒーについて

日本人(にほんじん)が ()きな ()(もの)の ひとつが コーヒーです。

日本人(にほんじん)の 全員(ぜんいん)が コーヒーを ()む (りょう)は 世界(せかい)で (だい)4()だそうです。なので (まち)には コーヒーショップ(コーヒーの(みせ))や 喫茶店(きっさてん)が たくさん あります。

また、アメリカの「Blue Bottle Coffee」などの (あたら)しい (みせ)が 日本(にほん)に (みせ)を ()しているので、本当(ほんとう)の ドリップコーヒーdrip coffeeを (やす)く ()うことが できます。

そして 外国(がいこく)では あまり ()ない「(かん)(canned)コーヒー」や 「アイスコーヒー」を はじめ、(あさ)に 喫茶店(きっさてん)で コーヒーを (たの)むと パンや (たまご)の 料理(りょうり)が ついてくる「モーニングサービス」など、日本(にほん)だけの コーヒー文化(ぶんか)が あります。
(ほか)の (くに)には あまり ない 日本(にほん)の コーヒー文化(ぶんか)を 紹介(しょうかい)します。

日本にほんで むことが できる わった コーヒー

外国(がいこく)では あまり ()ない、日本(にほん)の コーヒーで 有名(ゆうめい)な ものが (かん)コーヒーと アイスコーヒーです。
また、コーヒーに ()れる ミルクも 外国(がいこく)と (ちが)います。
日本(にほん)では コーヒーに 生乳(せいにゅう)(raw milk)ではない ミルクを 使(つか)って います。

かんコーヒー

(かん)コーヒーは その名前(なまえ)の (とお)り、(かん)ジュース()のように (かん)に (はい)った コーヒーです。

自販機(じはんき)(vending machine)や スーパーsuper marketで ()うことが できます。

(かん)コーヒーには、ブラックコーヒーblack coffee、そして 砂糖(さとう)や ミルクが (はい)った カフェオレcafe au laitも あります。
(あさ)仕事(しごと)へ ()くときや 仕事(しごと)(ちゅう)に コーヒーを ()みたいけれど 喫茶店(きっさてん)に ()く 時間(じかん)が ない ときに 便利(べんり)です。
(かん)コーヒーは 1(ぽん) 130(えん)ぐらいなので (やす)いです。

アイスコーヒー

外国(がいこく)でも (つめ)たい コーヒーは ありますが、カフェオレに アイスクリームicecreamが のっていたり、(あま)い シロップsyrupが (はい)っていたりします。
しかし 日本(にほん)の アイスコーヒーは、()いコーヒー(strongcoffee)に (こおり)(ice)を ()れて、コーヒーの (あじ)を しっかり (たの)しむことが できます。

普通(ふつう)、アイスコーヒーは ブラックです。砂糖(さとう)は あとで あなたの ()きなだけ ()れます。

(あつ)くて じめじめする 日本(にほん)だから アイスコーヒーが ()まれたそうです。(なつ)は (あつ)い コーヒーよりも 人気(にんき)です。(こおり)が (はい)っているので さっぱりとした(あじ)で、()みやすいです。

日本にほんの コーヒーフレッシュcreamerと ガムシロップgum syrup

日本(にほん)の (みせ)で ブラックコーヒーを (たの)むと、「ミルクと お砂糖(さとう)は つけますか?(ミルクと 砂糖(さとう)が ほしいですか)」と (みせ)(ひと)が ()きます。

しかし 日本(にほん)で ()てくる コーヒーの ミルクは アメリカや ヨーロッパの ミルクとは (ちが)います。
外国(がいこく)の コーヒーに ()れる ミルクは 牛乳(ぎゅうにゅう)です。しかし、日本(にほん)の コーヒーの ミルクは クリーム(ふう)(cream)の コーヒーフレッシュというものです。1(かい)(ぶん)の ミルクが (しろ)い (ちい)さい ()(もの)に (はい)っています。
コーヒーに ()れると、(あじ)は やさしく なりますが、外国(がいこく)の 「ミルク」とは (ちが)うので 最初(さいしょ)は (おどろ)くかもしれません。

また、アイスコーヒーを (たの)むと、ガムシロップという (えき)(liquid)の 砂糖(さとう)が ついてきます。
しかし、これも 日本にほんだけの ものです。ガムシロップも コーヒーフレッシュのように ちいさい ものに はいっていて、いろは 透明とうめい(clear)です。
アイスコーヒーに スティックシュガーsugar sucketを ()れても ()けにくいので できました。(つめ)たいコーヒーにも簡単(かんたん)()けます。砂糖(さとう)とは(すこ)(ちが)った()(あま)さです。

モーニングサービス

コーヒーショップや レストランで (あさ)に コーヒーを (たの)むと、トーストtoastや (たまご)の 料理(りょうり)、サラダが 無料(むりょう)(free)で ついてきたり、それらを (やす)く (たの)むことが できることが あります。

これを 日本(にほん)では、モーニングサービス または モーニング と()います。

だいたい (はたら)いている (ひと)が 会社(かいしゃ)へ ()く (まえ)に (あさ)ごはんとして モーニングサービスを 使(つか)うことが (おお)いです。

モーニングサービスを やっている 時間(じかん)は、コーヒーショップが (ひら)く 時間(じかん)から 午前(ごぜん)11()くらいまでです。

モーニングサービスを 使(つか)いたいときは、「コメダ珈琲店(コーヒーてん)」へ ()ってみましょう。コーヒー1(ぱい)を (たの)むと、無料(むりょう)で パンや ゆで(たまご)(boiled egg)、あんこred bean pasteが つきます。

(いま)、コメダ珈琲店(コーヒーてん)は 日本にほん いろいろな 場所(ばしょ)に あります。なので、名古屋(なごや)に ()かなくても 名古屋(なごや)の モーニングサービスを 体験(たいけん)する(experience)ことが できます。

サードthirdウェーブwave・コーヒー

コーヒーが ()きな 日本人(にほんじん)の (あいだ)で、すぐに 有名(ゆうめい)になった サードウェーブ・コーヒー。
アメリカで 人気(にんき)の「Blue Bottle Coffee」など サードウェーブ・コーヒーも 日本(にほん)に どんどん ()てきています。

サードウェーブ・コーヒーの おいしい(まめ)で、1杯 (ぱい )1(ぱい) 丁寧( ていねい)に ()れた コーヒーを ゆっくり (たの)しむ という ()(かた)は (わか)い (ひと)の (あいだ)で (とく)に 人気(にんき)です。

コンビニconvenience storeの コーヒー

いまさらけない、”コンビニコーヒー”の使つかかたより

コーヒーは コンビニでも ()うことが できます。

値段(ねだん)は、1(ぱい) 100(えん)~300(えん)と (やす)いです。

しかし、どこの コンビニも クオリティqualityの (たか)い コーヒーを ()っています。簡単(かんたん)に おいしい コーヒーを ()むことが できる! と たくさんの (ひと)から 人気(にんき)なのが 日本(にほん)の コンビニの コーヒーです。

ブラックだけでなく アイスコーヒーや カフェラテも ありますよ。

コーヒーショップ・チェーンchain shop

自然(しぜん)()()(うつく)しい店構(みせがま)え、スターバックスコーヒー富山(とやま)環水公園(かんすいこうえん)(てん)より

「スターバックス」や、「タリーズ」といった 外国(がいこく)の コーヒーショップは もちろん、「ドトール」、「ルノアール」、「コメダ珈琲店(コーヒーてん)」という 日本(にほん)の コーヒーショップの チェーンが たくさん あります。
コーヒーの 値段(ねだん)は 1(ぱい) 250(えん)~500(えん)。ホットコーヒー、アイスコーヒー、カフェラテや カプチーノといった コーヒーのほかにも 紅茶(こうちゃ)や ジュース、そして サンドウィッチなど 簡単(かんたん)な 食事(しょくじ)も (たの)しむことが できます。

(みせ)の (なか)は きれいで (なが)い (あいだ) いることが できるので、ラップトップlaptopを ()ってきて コーヒーを ()みながら 仕事(しごと)をしている (ひと)も います。旅行(りょこう)(ちゅう)に、ちょっと (やす)みたい (ひと)は、これらの コーヒーショップを 使(つか)ってみて ください。

喫茶店きっさてん

日本(にほん)では 喫茶店(きっさてん)も 人気(にんき)です。コーヒーは 1(ぱい) 350(えん)~800(えん)と (たか)めです。

(むかし)の 雰囲気(ふんいき)(atmosphere)を (たの)しむことが できる (みせ)が (おお)く、その(みせ)だけの おいしい コーヒーだけでなく (みせ)の 雰囲気(ふんいき)を (たの)しむために ()る (ひと)も (おお)いです。

パンケーキや その(みせ)で (つく)っている プリンなど、おいしい スイーツが 人気(にんき)な (みせ)も (おお)いです。

アイスコーヒーや モーニングサービスなど、日本(にほん)の コーヒー文化(ぶんか)は (ほか)の (くに)と (ちが)って 不思議(ふしぎ)かもしれません。

しかし、一度(いちど) 体験( たいけん)してみると、それらの コーヒーが 日本人(にほんじん)に ずっと (あい)されている 理由(りゆう)が わかるかもしれません。


日本(にほん)の コーヒー文化(ぶんか)を ぜひ 体験(たいけん)してみて ください。

この記事きじいてあることは記事きじを いたときの 情報じょうほう(information)です。あなたが この記事きじを 読んでいるときには 商品しょうひん(っている もの)や サービスserviceが わっているかもしれません。まえに もう一度いちど 確認かくにんして ください。

関連トピック