<ruby>焼酎<rt>しょうちゅう</rt></ruby>、<ruby>日本酒<rt>にほんしゅ</rt></ruby>、ウィスキー。<ruby>一度<rt>いちど</rt></ruby>は <ruby>試<rt>ため</rt></ruby>したい 日本の お<ruby>酒<rt>さけ </rt></ruby>まとめ

焼酎しょうちゅう日本酒にほんしゅ、ウィスキー。一度いちどは ためしたい 日本の おさけ まとめ

旅行(りょこう)での 楽(たの)しみの ひとつが お酒(さけ)ですが、日本には いろいろな 種類(しゅるい)の お酒(さけ)があります。日本酒(にほんしゅ)は もちろん、焼酎(しょうちゅう)や ビール、チューハイや ウィスキーなど、日本に 来(き)たら飲(の)んでみたい お酒(さけ)を まとめました。

日本(にほん)で ()うことができる お(さけ)

日本(にほん)では、 お(こめ)から (つく)った 日本酒(にほんしゅ)の ほかに、 ビールbeerや ワインwine、 ウィスキーwhiskyなど、 とても たくさんの 種類(しゅるい)の お(さけ)を ()うことができます

(さけ)は、 酒屋(さかや)だけではなく、 スーパーsupermarketや コンビニconvenience storeでも ()うことができます。

また、 居酒屋いざかやという おさけが める レストランrestaurantでは、 日本酒にほんしゅや 焼酎しょうちゅう、 チューハイなどの いろいろな おさけを むことができます。

(さけ)が ()きな (ひと)は、 日本(にほん)で いろんな 種類(しゅるい)の お(さけ)を ()んでみましょう。

いっしょに ()むと 便利(べんり)な 記事(きじ)

居酒屋いざかや日本(にほん)でお(さけ)()むならこの場所(ばしょ)、「居酒屋(いざかや)」ってどんなところ?

日本酒(にほんしゅ)


保存(ほぞん)(ばん)(この)みの日本酒(にほんしゅ)焼酎(しょうちゅう)・ウイスキーの(えら)(かた)より

アルコールalcohol度数どすう:10〜20%

日本(にほん)の お(さけ)で 一番(いちばん) 有名(  ゆうめい)なのは、日本酒にほんしゅです。 日本酒(にほんしゅ)、 または、海外(かいがい)では Sakeと ()います。 寿司(すし)や 刺身(さしみ)などの 和食(わしょく)に 一番(いちばん) 合( あ)う お(さけ)が 日本酒(にほんしゅ)です。 日本酒(にほんしゅ)は、 (こめ)(しろ)(こうじ)(malted rice)、(みず)から (つく)ります。 (あたた)めたり、(つめ)たくしたり、そのまま()んだりします。

日本酒(にほんしゅ)の (おお)きい メーカーmakerではなくて、 日本(にほん)の いろいろな ところにある (ちい)さな (まち)の 工場(こうじょう)・ 蔵元くらもとで つくっている 日本酒にほんしゅを 地酒じざけといいます。 (あじ)や (かお)りが それぞれ (ちが)います。 このように 日本酒(にほんしゅ)は、 本当(ほんとう)に いろんな バラエティーvarietyが ある お(さけ)です。 (じゅん)(まい)(しゅ)と (ほん)醸造(じょうぞう)は、 (つく)(かた)が (ちが)います。

純米酒(じゅんまいしゅ)

純米酒じゅんまいしゅ」は お(こめ)だけで (つく)った お(さけ)です。 その お(こめ)だけの 特別(とくべつ)な (あじ)を (かん)じることができます。 (じゅん)(まい)(しゅ)ではない 日本酒(にほんしゅ)は、 アルコールを あとから ()れていますが、 (じゅん)(まい)(しゅ)は (こめ)だけから (つく)っているので、 ()んだ (あと)に 気分(きぶん)が (わる)くならないという (ひと)が (おお)いです。

本醸造(ほんじょうぞう)

本醸造ほんじょうぞう」は アルコールを あとで ()れている お(さけ)なので、 純米酒じゅんまいしゅより (やす)いです。 日本酒(にほんしゅ)が ()きな(ひと)は、 テーブルtableワインwineのように、 毎日(まいにち) 飲( の)める お(さけ)です。

地酒(じざけ)

(おお)きい メーカーではない、 (ちい)さい お(さけ)の 工場(こうじょう)で (つく)った 日本酒(にほんしゅ)を 「地酒(じざけ)」と いいます。 地酒(じざけ)は、 その(まち)で とれた お(こめ)や (みず)を 使(つか)って (つく)るので、 そのまちに よって あじが ちがいます。 日本にほんの 田舎いなかに くときは、 そのまちの 酒屋さかやに って、 地酒じざけを んでみるのも いいでしょう。

濁り酒(にごりざけ)

にござけというのは、 (すこ)し (しろ)い (いろ)の お(さけ)のことです。

普通(ふつう)、 日本酒(にほんしゅ)は (つく)る 途中(とちゅう)で フィルターfilterを (とお)すので、 (いろ)は クリアclearで、 サラリsmoothとしていますが、 (にご)(ざけ)は フィルターを (とお)しません。 ですから、 トロリthickとして、 (すこ)し すっぱい (あじ)がします。

さけの うつわ

日本酒(にほんしゅ)は、 日本酒(にほんしゅ)を ()むための 特別(とくべつ)な (うつわ)グラスglass)で ()みます。

・徳利(とっくり)

徳利(とっくり)というのは、 日本酒(にほんしゅ)の ための デキャンタdecanterです。 180mlから 360mlぐらいの お(さけ)を ()れることができます。 普通(ふつう)、 徳利(とっくり)には (あたた)めた お(さけ)を ()れて、 それを (すこ)しずつ (ちい)さな グラス(おちょこ)に ()れて ()みます。

・お猪口(おちょこ)

猪口(ちょこ)というのは、 日本酒(にほんしゅ)を ()むための (ちい)さな グラスです。 日本酒(にほんしゅ)は アルコールが (つよ)いので、 (すこ)しずつ ()んだ(ほう)が いいです。 ですから、 お猪口(ちょこ)は、 だいたい ひと(くち)(ぶん)(20ml)の お(さけ)が (はい)る サイズです。

・ぐい

ぐい(のみ)みも 日本酒(にほんしゅ)を ()れるための グラスで、 (おお)きさは ()まっていませんが、 お猪口(ちょこ)より (おお)きいです。 ぐい(のみ)みというのは、 たくさん ()むという 意味(いみ)です。 日本(にほん)では お(さけ)が ()きな(ひと)は、 よく ぐい(のみ)みを 使(つか)います。

シャンパンchampagneグラスglassや ワイングラスwine glass

また、 最近(さいきん)は、 ワイングラスや シャンパングラスで 日本酒(にほんしゅ)を ()(ひと)も ()えています。

いっしょに()むと 便利(べんり)記事(きじ)

(あつ)くても(つめ)たくても美味(びみ)(いち)(ねん)(じゅう)ぐいっと()みたい「日本酒(にほんしゅ)」とは

焼酎しょうちゅう


保存(ほぞん)(ばん)(この)みの日本酒(にほんしゅ)焼酎(しょうちゅう)・ウイスキーの(えら)(かた)より

アルコール度数どすう:25〜40%

焼酎(しょうちゅう)は、 日本酒(にほんしゅ)と (おな)じように、 日本(にほん)で (むかし)から 人々(ひとびと)が ()んでいる お(さけ)です。 日本酒(にほんしゅ)は (こめ)を 発酵(はっこう)(ferment)して (つく)りますが、 焼酎(しょうちゅう)は (こめ)や (むぎ)蕎麦(そば)(いも)を 蒸留(じょうりゅう)(distill)して (つく)ります。 アルコールの (つよ)さは、 25~40%で、 日本酒(にほんしゅ)よりも (つよ)いので、 (みず)や お(ちゃ)、 ジュースjuiceを ()れて ()むことが (おお)いです。

泡盛あわもり

アルコール度数どすう:25〜40%

泡盛あわもりは、 (こめ)から (つく)った 沖縄(おきなわ)の 焼酎(しょうちゅう)で、 人気(にんき)がある 沖縄(おきなわ)の おみやげです。

チューハイ

焼酎(しょうちゅう)に、 お(ちゃ)や ジュースなど、 (みず)ではない ()(もの)を ()れたものを チューハイといいます。 チューハイには、 焼酎(しょうちゅう)に 緑茶(りょくちゃ)を ()れた 緑茶(りょくちゃ)ハイ、 烏龍茶(ウーロンちゃ)を ()れた ウーロンハイなどが あります。 焼酎(しょうちゅう)に ソーダsodaと レモンジュースlemon juiceを ()れた レモンハイ(レモンサワー)など、 フルーツfruitsあじの チューハイも 日本にほんでは 人気にんきがあります。

(かん)の チューハイも たくさんあって、 コンビニや スーパーで ()うことができます。

いっしょに()むと 便利(べんり)記事(きじ)

居酒屋(いざかや)焼酎(しょうちゅう)()って()む、日本(にほん)で「チューハイ」を()んでみよう!

日本のことば事典じてん 「焼酎(しょうちゅう)」

ウィスキーwhisky

いい おみやげになる 日本(にほん)の ウィスキー。 サントリーSuntoryの「山崎(やまざき)」、「白州(はくしゅう)」、「(ひびき)」などの ブランドbrandが 有名(ゆうめい)で、 おいしいと ()(ひと)が (おお)いです。

どれも、デザインdesignが かっこよくて、 男性(だんせい)への おみやげにも いいですね。

また、 日本(にほん)では、 ウィスキーに ソーダを ()れた 「ハイボールhighball」という ()(もの)が 人気(にんき)があります。 さっぱりしていて、 ()みやすいです。 (かん)でも ()っています。 居酒屋(いざかや)や レストランrestaurantで ()むことも できます。

ビール


(あつ)(なつ)(つめ)たいビールは相性(あいしょう)抜群(ばつぐん)東京(とうきょう)のビアガーデン5(せん)より

アルコール度数どすう:4〜5.5%

日本(にほん)では、 ビールは、 たくさんの(ひと)が ()む アルコールの ひとつです。 アサヒAsahiや キリンKirin、 サッポロsapporoなど、 有名(ゆうめい)な メーカーが、 いろんな 種類(しゅるい)の ビールを ()っています。

有名(ゆうめい)な メーカーの ビールを もっと ()りたい (ひと)は、 (した)の ページwebsiteを チェックcheckしてみてください。

いっしょに()むと 便利(べんり)記事(きじ)

()っておきたい! 日本(にほん)(かん)ビールの(あじ)(ちが)いと特徴(とくちょう)

日本(にっぽん)の クラフトビールcraft beer

日本(にほん)の 有名(ゆうめい)な メーカーの ビールの ほとんどが、 すっきりした (あじ)の ピルスナーpilsnerという スタイルstyleの ビールです。

それに (くら)べて、 (ちい)さい ビール工場(こうじょう)で (つく)っている クラフトビールは、 (かお)りのいい エールビールale beerなど、 いろんな 種類(しゅるい)の ビールが あります。

もともと 日本酒(にほんしゅ)や 焼酎(しょうちゅう)などを (つく)っていた、 歴史(れきし)のある 蔵元(くらもと)(お(さけ)(つく)るところ)が クラフトビールを (つく)っていることが (おお)いです。 品質(ひんしつ)も (かお)りも (あじ)も よくて、和食(わしょく)に ()う ビールです。

いっしょに()むと 便利(べんり)記事(きじ)

ブーム()っただ(なか)(あじ)わい(ぶか)日本(にっぽん)のクラフトビールブランド3(せん)

発泡(はっぽう)(しゅ)(だい)3のビール

発泡(はっぽう)(しゅ)と (だい)3のビールは、 どちらも ビールのような (あじ)の アルコールです。 使(つか)っている 麦芽(ばくが)(malt)の (りょう)が ビールより (すく)ないので、 ビールより (やす)く ()うことが できます。

日本(にほん)では、麦芽(ばくが)の (りょう)が 原料(げんりょう)の 2/3より (おお)いものを ビールと ()びます。 それより (すく)ないものを 発泡(はっぽう)(しゅ)、 麦芽(ばくが)を 使(つか)っていないものを (だい)3のビールと ()んでいます。

ビアbeerガーデンgarden

(なつ)に デパートdepartment storeの 屋上(おくじょう)など、 (そと)で ビールが ()めたり、 (にく)料理(りょうり)が ()べられたりする (おお)きい レストランを ビアガーデンと いいます。 (ひと)つの 値段(ねだん)で、 いくらでも ()んだり ()べたり できるところが (おお)いので、 値段(ねだん)を ()にしないで (たの)しむことができます。

ビアガーデンについて、もっと ()りたい(ひと)は、『日本のことば事典じてん「ビアガーデン」』を チェックしてみてください。

いっしょに()むと 便利(べんり)記事(きじ)

(あつ)(なつ)(つめ)たいビールは相性(あいしょう)抜群(ばつぐん)東京(とうきょう)のビアガーデン5(せん)

ホッピー


東京(とうきょう)下町(したまち)居酒屋(いざかや)(あじ)、「ホッピー」の()(かた)(つく)(かた)より

ホッピーは お(さけ)と ()ぜるために つくった ドリンクdrinkです。 焼酎(しょうちゅう)と ()ぜて ()むことが (おお)いです。 ビールのような (あじ)ですが、 砂糖(さとう)が (すく)なくて、 ビールより カロリーcalorieが (ひく)いです。 また、 アルコールの (りょう)を ()えることが できるし、 炭酸(たんさん)も 日本(にほん)の ビールより (よわ)いので、 料理(りょうり)を ゆっくり (たの)しみながら ()むときにも オススメです。

ホッピーは レストランなどには あまり ありません。 居酒屋いざかやで ()むことができます。

いっしょに()むと 便利(べんり)記事(きじ)

東京(とうきょう)下町(したまち)居酒屋(いざかや)(あじ)、「ホッピー」の()(かた)(つく)(かた)

ワイン

アルコール度数どすう:3〜5%

最近(さいきん)、 日本(にほん)でも だんだん ワインの 人気(にんき)が ()がってきました。 日本(にほん)の いろいろな (まち)や (むら)が、 ワインを (つく)っています。 (おお)いのは、 北海道(ほっかいどう)山形(やまがた)長野(ながの)山梨(やまなし)です。

日本(にほん)の ワインは、カベルネcabernetソーヴィニョンsauvignonメルローmerlotピノpinotノワールnoirシャルドネchardonnayなどの ぶどうを 使(つか)っています。 また、マスカットmuscat・ベリーAや、甲斐(かい)ノワール、甲州(こうしゅう)などの 日本(にほん)の ブドウgrapesを 使(つか)った ワインも あります。

日本(にほん)の ワインは、 (やわ)らかくて あまり (つよ)くない (かお)りの ものが (おお)いので、 日本食(にほんしょく)に よく ()います。

梅酒(うめしゅ)、その
(
 果実 かじつしゅ)


保存(ほぞん)(ばん)】コンビニでのお(さけ)()(かた)(えら)(かた)より

女性(じょせい)に オススメなのは、 フルーティfruityな 果実酒かじつしゅ(フルーツのお(さけ))です。 梅酒(うめしゅ)や ゆず(しゅ)、あんず(しゅ)、みかん(しゅ)など、 いろんな 種類(しゅるい)の 果実(かじつ)(しゅ)が あって、 それぞれの 果物(くだもの)の (かお)りと (あじ)、 (あま)さを (かん)じることが できます。

果実(かじつ)(しゅ)は、 焼酎(しょうちゅう)や ウィスキーのように、 ロックrockで ()んだり、 (みず)や ソーダと ()ぜて ()んだりします。

いっしょに()むと 便利(べんり)記事(きじ)

居酒屋(いざかや)】ワインだけじゃない。女子(じょし)()みやすい日本(にっぽん)果実(かじつ)(さけ)

ノンアルコールnonalcoholic飲料(いんりょう)


お酒が飲めなくてもOK!「ノンアルコールビール」を徹底比較お(さけ)()めなくてもOK!「ノンアルコールビール」を徹底(てってい)比較(ひかく)より

最近(さいきん)は、 健康(けんこう)を ()にする(ひと)の ために、 ノンアルコール飲料(いんりょう)(アルコールは (はい)っていませんが、 アルコールの (あじ)がする ()(もの))が ()えています。 ビールや チューハイ、カクテルcocktail梅酒(うめしゅ)など、いろんな(あじ)の ノンアルコール飲料(いんりょう)が あります。

いっしょに()むと 便利(べんり)記事(きじ)

(さけ)()めなくてもOK!「ノンアルコールビール」を徹底(てってい)比較(ひかく)

アルコールを ()うことができる 年齢(ねんれい)マナーmanner

日本(にほん)では 簡単(かんたん)に アルコールを ()うことができます。 それに、どこで ()んでも いいです。 (そと)でも ()むことができるのが、 海外(かいがい)と (ちが)うところです。

居酒屋(いざかや)や レストランで お(さけ)を ()むとき、 日本(にほん)では、 いっしょに ()んでいる (ひと)が いやな 気分(きぶん)に ならないように、 マナーを (まも)ります。 日本人(にほんじん)と 一緒(いっしょ)に お(さけ)を ()むとき、 そのマナーに ()をつけると、 お(さけ)を ()むことが もっと (たの)しくなるでしょう。

また、 (すこ)しでも お(さけ)を ()んだら 運転(うんてん)できません。 このような (きび)しい ルールも ありますから、 注意(ちゅうい)しましょう。

日本(にほん)で お(さけ)は 20(さい)から

日本(にほん)で お(さけ)を ()むことができるのは 20(さい)以上(いじょう)の (ひと)です。 コンビニや スーパーで アルコールを ()うときに、 20(さい)より (わか)く ()えると、 お(みせ)の (ひと)が IDカードcardを ()せてくださいと ()うことが あります

日本人(にほんじん)と お(さけ)を ()むときの マナー

グループgroupで お(さけ)を ()むときは、 自分(じぶん)だけが (たの)しむのではなくて、 (まわ)りの (ひと)のことも ()にしながら ()むのが 日本(にほん)の スタイルです。

まず、 目上(めうえ)(ひと)年上(としうえ)の (ひと)や 会社(かいしゃ)の  上司(じょうし)など)の グラスのお (さけ)が なくなったら、 ()れてあげます。 これは、 その(ひと)を 尊敬(そんけい)しているという 意味(いみ)です。また、 だれかが 自分(じぶん)に お(さけ)を ()れてくれることも あるでしょう。 その(とき)は、 グラスを 両手(りょうて)で ()つと、 とても 丁寧(ていねい)で いいです。

そのほかに、 お(さけ)の マナーについて もっと ()りたい(ひと)は、「新入(しんにゅう)社員(しゃいん)(かなら)ずチェック!日本(にほん)でのお(さけ)のマナーと(たしな)(かた)」を チェックしてみてください。

飲酒(いんしゅ)運転(うんてん)(お(さけ)を ()んだあとに 運転(うんてん)すること)は ダメです

(さけ)を ()んでから 運転(うんてん)すると、 50~100万(   まん)(えん)の お(かね)を (はら)わなければなりません。 お(さけ)を ()んだ (あと)は、 自分(じぶん)で (くるま)を 運転(うんてん)しないでください。 タクシーtaxiや 電車(でんしゃ)バスbusを 使(つか)いましょう。

いっしょに()むと 便利(べんり)記事(きじ)

保存(ほぞん)(ばん)(この)みの日本酒(にほんしゅ)焼酎(しょうちゅう)・ウイスキーの(えら)(かた)

保存(ほぞん)(ばん)】コンビニでのお(さけ)()(かた)(えら)(かた)

居酒屋(いざかや)日本(にほん)のビールは(あわ)(おお)い?海外(かいがい)日本(にほん)のビールの(ちが)

居酒屋(いざかや)日本(にほん)()たら()べておきたい定番(ていばん)のおつまみ4(せん)

)

(さけ)をお(とも)にチキンを(あじ)わえる!「バル(ふう)」ケンタッキーが高田馬場(たかだのばば)登場(とうじょう)

執筆者&翻訳者

ライター/エディター/翻訳家 熊本県の田舎出身。海が好き。日本の良いところ、良いものを世界に届けます。

翻訳者 T.Ikeda

関連記事

特集

ランキング

Loading...