新型コロナウイルスに関する情報

日本にほんの 「がみ」を つくって みませんか。「づる」の つくかた

<ruby>日本<rt>にほん</rt></ruby>の 「<ruby>折<rt>お</rt></ruby>り<ruby>紙<rt>がみ</rt></ruby>」を <ruby>作<rt>つく</rt></ruby>って みませんか。「<ruby>折<rt>お</rt></ruby>り<ruby>鶴<rt>づる</rt></ruby>」の <ruby>作<rt>つく</rt></ruby>り<ruby>方<rt>かた</rt></ruby>

Translated by MATCHA_Tw

Written by Sayuri Kamitaka

2014.08.06 お気に入り

日本人(にほんじん)は 小(ちい)さいときに 折(お)り紙(がみ)で 遊(あそ)びます。そのとき、よく、折(お)り鶴(づる)を 作(つく)ります。今日(きょう)は その折り鶴の 作(つく)り方(かた)を 紹介(しょうかい)します。折り紙は 安(やす)いし、簡単(かんたん)ですから、おみやげにも いいですよ。

()(がみ)」は (むかし)から 日本(にほん)に ある ()どもの (あそ)びです。(ちい)さい (かみ)を ()って、(もの)の (かたち)を (つく)ります。

今日(きょう)は、()(がみ)の 「()(づる)」の (つく)(かた)を 紹介(しょうかい)します。

origami 00

()(がみ)とは

(つる)は 日本人(にほんじん)が ()きな (とり)の 名前(なまえ)です。「()(づる)」 は この (とり)の (かたち)を がみで つくった ものです。かみの なか一番いちばん 有名ゆうめいな かたちです。つくかたも 簡単かんたんです。

日本(にほん)では、神様(かみさま)に お(ねが)いが ある(とき)、この ()(づる)を 1000 (つく)って (かざ)ります。病気(びょうき)の (ひと)に プレゼントすることも (おお)いです。

最近(さいきん)は ()(がみ)を 芸術(げいじゅつ)()や 音楽(おんがく)など (ひと)が (つく)る (うつく)しい もの)だと (かんが)えるように なりました。(むかし)には なかった 複雑(ふくざつ)な (かたち)も (つく)るように なりました。いろいろな (くに)に (むかし)から ある 方法(ほうほう)も、(あたら)しい 方法(ほうほう)も いろいろな (つく)(かた)が あります。

こんな (かたち)が できます

orizuru syuugou sakuhin
origamisakuhinnrei 01

(かぶと)(さむらい)が (たたか)(とき) (あたま)に かぶる 帽子(ぼうし))」

origami sakuhinnrei 02

風船(ふうせん)(なか)に 空気(くうき)を ()れて (おお)きくする おもちゃ)」

origami sakuhinrei 03

三宝(さんぽう)神様(かみさま)に あげるものを ()く 道具(どうぐ))」

origami sakuhinrei 04

(かぶと)」と「(とり)

origami sakuhinrei 05

(つる)

どこで (かみ)を ()いますか?

origami dokodekaeruno

日本(にほん)では ()(がみ)のための 特別(とくべつ)な (かみ)が あります。だいたい (かみ)や ペンpenを ()っている お(みせ)に あります。でも、()(つう)の (かみ)でも (つく)ることが できます。

づるの つくかた

(うえ)の 写真(しゃしん)のような (かたち)の (かみ)を 用意(ようい)して ください。

半分(はんぶん)に ()って 三角(さんかく)に して ください。

三角(さんかく)に なりました。

また 半分(はんぶん)に ()って 三角(さんかく)に して ください。

(つぎ)に 黄色(きいろ)い (せん)の ところが (ひだり)に なるように ()いて ください。

写真(しゃしん)のように (ひら)いて ください。

ひらいたところを よこに ひらいて うえから して って ください。

(うら)も (おな)じに して ください。

そして、(かみ)が (ひら)いている (ほう)を (した)にして (みぎ)と (ひだり)を ()って ください。

うえの 三角さんかくを したに って ください。

一度いちど ひらいて ください。

したから ひらいて って ください。

うらも おなじに して ください。

そして、もう一度いちどみぎと ひだりを って ください。

うらも おなじに して ください。

したの ほそい ところを って うえへ あげて ください。

って なかへ 入れて ください。

みぎも おなじに して ください。

ひだりの ほそい ところを って とりの あたまの かたちに して ください。

ひろい ところを ひらくと とりの かたちに なります。

()(がみ)を (たの)しみましょう

()(がみ)のための (かみ)は (やす)いですし、いろいろな 場所(ばしょ)で ()うことが できます。お土産(みやげ)に しても いいかもしれません。

自分(じぶん)で (あたら)しい ()(がみ)の (かたち)を (つく)ってみたら どうですか?

この記事きじいてあることは記事きじを いたときの 情報じょうほう(information)です。あなたが この記事きじを 読んでいるときには 商品しょうひん(っている もの)や サービスserviceが わっているかもしれません。まえに もう一度いちど 確認かくにんして ください。

関連トピック