Stay Safe in Japan Update: 21/09/2018, 19:14


More Information

<ruby>無料<rt>むりょう</rt></ruby>(free)で <ruby>体験<rt>たいけん</rt></ruby>(experience) できる!<ruby>円覚寺<rt>えんがくじ</rt></ruby>の「<ruby>暁天<rt>ぎょうてん</rt></ruby><ruby>坐<rt>ざ</rt></ruby><ruby>禅会<rt>ぜんかい</rt></ruby>」で すばらしい <ruby>朝<rt>あさ</rt></ruby>を むかえよう

無料むりょう(free)で 体験たいけん(experience) できる!円覚寺えんがくじの「暁天ぎょうてん禅会ぜんかい」で すばらしい あさを むかえよう

神奈川 2018.12.26 お気に入り

北鎌倉駅(きたかまくらえき)から 歩(ある)いて 1分(ぷん)で 行(い)くことが できる「円覚寺(えんがくじ)」。円覚寺で 毎朝(まいあさ) 6時(じ)から、「暁天(ぎょうてん)坐禅会(ざぜんかい)」を 行(おこな)っています。それは 予約(よやく)なし・無料(むりょう:free)で 体験(たいけん:experience)できます。そこで 何(なに)を するか 紹介(しょうかい)します。

Translated by rei sugimoto

Written by Marina Wada

Google Pocket

(きた)鎌倉(かまくら)(えき)から (ある)いて 1(ぷん)で ()くことが できる「円覚寺(えんかくじ)」。(じつ)は こちらの お(てら)で 毎朝(まいあさ) 6()から、無料(むりょう)(free)で、そして 予約(よやく)しないで 体験(たいけん)(experience)できる「暁天(ぎょうてん)坐禅(ざぜん)(かい)」を (おこな)っています。

坐禅ざぜん」は なんですか

坐禅(ざぜん)」は、仏教(ぶっきょう)(Buddhism)の (ぜん)(Zen)の 修行(しゅぎょう)(practices)の ひとつです。(ただ)しい 姿勢(しせい)(posture)で 精神(せいしん)統一(とういつ)(meditate)を (おこな)います。もちろん「暁天(ぎょうてん)坐禅(ざぜん)(かい)」は 仏教(ぶっきょう)を (しん)じる (ひと)ではなくても、きちんと ()まりや マナーmanorを (まも)ることが できる (ひと)であれば、だれでも 体験(たいけん)することが できます。(ふく)は ()まっていませんが、(うご)きやすい (ふく)で ったほうが いいですよ。

参加さんかの しかた

kitakamakura

暁天(ぎょうてん)坐禅(ざぜん)(かい)」は (あさ) (はや)くに (おこ)ないます。体験(たいけん)したいとき、(おく)れてはいけません。JR横須賀(よこすか)(せん)の 始発(しはつ)(一番(いちばん) 最初(さいしょ)の 電車(でんしゃ))に ()って、円覚寺(えんかくじ)へ ()きましょう。
(きた)鎌倉(かまくら)(えき)に 案内(あんない)が ありますから、これを()ながら、線路(せんろ)(railroad tracks)の (となり)を (ある)きます。

zazen (4)

注意(ちゅうい)してほしいことが あります。それは (ちょう) (はや)いとき (えん)覚寺(かくじ)の 正門(せいもん)(入口(いりぐち):main gate)が ()まっていることです。

zazen (3)

ふつう 見学(けんがく)するときは (うえ)の 写真(しゃしん)の 正門(せいもん)から (はい)りますが、「暁天(ぎょうてん)坐禅(ざぜん)(かい)」を 体験(たいけん)するときは、もう(すこ)し (さき)に ある、(べつ)の (もん)から 境内(けいだい)((てら)(なか))に (はい)りましょう。

matcha-zazen

(もん)を (はい)って そのまま まっすぐ ()くと、「暁天(ぎょうてん)坐禅(ざぜん)(かい)」を (おこ)なう 仏殿(ぶつでん)が ()えます。()れの()は 常連(じょうれん)さん(よく ()(ひと))を ()て、一緒(いっしょ)に、仏殿(ぶつでん)の (そと)に (なら)びましょう。(あめ)()は、そのまま (なか)に (はい)ります。

mcha-zazen (3)

入口(いりぐち)で (くつ)を ()いで、()してくれている スリッパpair of slippersに ()えます。荷物(にもつ)を (たな)に ()き、(おお)きい 座布団(ざぶとん)((すわ)るときに 使(つか)うもの:cushion)を 1(まい)(ちい)さい 座布団(ざぶとん)を 2(まい) とります。常連(じょうれん)さんが (おし)えて くれたら、その(ひと)の ()うとおりに しましょう。

  • 坐禅(ざぜん)の 準備(じゅんび)について
  • さて、仏殿(ぶつでん)に (はい)ったら、坐禅(ざぜん)が (はじ)まるまで 準備(じゅんび)をします。坐禅(ざぜん)の 姿勢(しせい)を (ととの)えるまでが 準備(じゅんび)です。

    最初(さいしょ)台座(だいざ)(pedestal)に ()がって スリッパ、靴下(くつした)を ()いで、時計(とけい)は とります。()いだ 靴下(くつした)や スリッパは、自分(じぶん)の (まえ)に 丁寧(ていねい)に (なら)べておきます。(ちい)さい ことですが、自分(じぶん)の まわりを きれいに することから、「坐禅(ざぜん)」は (はじ)まります。

    台座(だいざ)の (せん)(line)と 平行(へいこう)(parallel)に なるように (おお)きい 座布団(ざぶとん)を おいて、その(うえ)に (ちい)さい 座布団(ざぶとん)を 2(まい) おきます。(ちい)さい 座布団(ざぶとん)の (うえ)で 胡座(あぐら)をかきます(cross-legged)。(なが)い 時間(じかん) (おな)じ 姿勢(しせい)で いますから、(からだ)が (うご)かない 場所(ばしょ)を しっかり (さが)しましょう。

    ()は、右手(みぎて)が (した)左手(ひだりて)が (うえ)に なるように おきます。

    ()は ぜんぶ ()じません。(すこ)しだけ (ひら)いて「半眼(はんがん)」に します。そして、自分(じぶん)の 1.5m (さき)の (ゆか)(floor)を ()ましょう。あごchinは ()いて、(くち)は ()じます(close)。

    準備(じゅんび)が できたら、「坐禅(ざぜん)」を (はじ)めます

    坐禅(ざぜん)は 坐禅(ざぜん)を する(ひと)たち みんなで 一緒(いっしょ)に (はじ)めます。住職(じゅうしょく)さん(お(てら)(ひと))が (おお)きい (おと)で 合図(あいず)(sign)を ()します。それが ()こえたら、(あたま)の (なか)を (そら)にして(empty) 集中(しゅうちゅう)しましょう(concentrate)。()れるまでは 途中(とちゅう)で (あし)が (いた)くなりますが、30(ぷん)()の (やす)みの 合図(あいず)が あるまでは、我慢(がまん)します(suck it up)。

    (はじ)め→坐禅(ざぜん)前半(ぜんはん):30(ぷん)ぐらい)→(やす)み→坐禅(ざぜん)後半(こうはん):30(ぷん)ぐらい)

    以上(いじょう)のように 坐禅(ざぜん)を 体験(たいけん)します。坐禅(ざぜん)が ()わったあと みんなで 般若心経(はんにゃしんきょう)を ()みます。お(きょう)を ()むのは (すこ)し (むずか)しいですが、常連(じょうれん)さんに ()わせて 頑張(がんば)って (こえ)を ()して みましょう。

    ()わったあとは、使(つか)った 座布団(ざぶとん)や スリッパなどを きちんと ()べて、(もと)の 場所(ばしょ)に (かえ)します。

    ()る」だけじゃない、「体験(たいけん)する」仏教(ぶっきょう)

    坐禅(ざぜん)」は (ぜん)の 修行(しゅぎょう)ですから、()まりも (きび)しく、(からだ)も 大変(たいへん)です。「暁天(ぎょうてん)坐禅(ざぜん)(かい)」を 体験(たいけん)するときは (あさ) (はや)く ()きなければ なりません。無料(むりょう)ですが、体験(たいけん)するのは (むずか)しい と(おも)うかもしれません。

    しかし、自分(じぶん)の (からだ)を 使(つか)って 体験(たいけん)する 仏教(ぶっきょう)の 世界(せかい)は、すばらしい 体験(たいけん)に なる と(おも)います。坐禅(ざぜん)が ()わったあと、(あたま)の (なか)が きれいになった 気持(きも)ちに なります。それは (ほか)のことでは 体験(たいけん)できません。

    ぜひ、「()る」だけではない、日本(にほん)の 仏教(ぶっきょう)を、体験(たいけん)してみて くださいね!

    Information

    臨済宗(りんざいしゅう)大本山(だいほんざん) 円覚寺(えんかくじ)

    住所(じゅうしょ):〒247-0062 鎌倉(かまくら)()(やま)(うち)409
    ふつうの 拝観(はいかん) 時間(じかん):[3月(さんがつ)11月(じゅういちがつ)午前(ごぜん)8:00〜午後(ごご)4:30 [12月(じゅうにがつ)2月(にがつ)午前(ごぜん)8:00〜午後(ごご)4:00
    暁天(ぎょうてん)坐禅(ざぜん)(かい):やすみは ありません (日曜(にちよう)祭日(さいじつ)も あります。1月(いちがつ)1(にち)~7()10月(じゅうがつ)1(にち)~5()と 行事(ぎょうじ)(event)が あるとき やすみます)
    4月(しがつ)10月(じゅうがつ)午前(ごぜん)5:30~6:30
    11月(じゅういちがつ)~3 (がつ)午前(ごぜん)6:00~7:00
    場所(ばしょ)仏殿(ぶつでん)
    Wi-Fi:ありません
    (ちか)い (えき):JR横須賀線(よこすかせん)(きた)鎌倉(かまくら)(えき)
    いきかた:「(きた)鎌倉(かまくら)(えき)」で おります。踏切(ふみきり)を わたらないで まっすぐ (ある)いて 1(ぷん)
    (てら)を ()る お(かね)大人(おとな) 300(えん)小人(こども) 100(えん) 「暁天(ぎょうてん)坐禅(ざぜん)(かい)」は 無料(むりょう)です。
    電話(でんわ)番号(ばんごう):0467-22-0478
    website:http://www.engakuji.or.jp/top.html

    関連トピック

    Google Pocket