Stay Safe in Japan Update: 21/09/2018, 19:14


More Information

「<ruby>日本<rt>にほん</rt></ruby>の <ruby>夏<rt>なつ</rt></ruby>」は <ruby>暑<rt>あつ</rt></ruby>い だけでは ありません!<ruby>熱中症<rt>ねっちゅうしょう</rt></ruby>(heatstroke)に <ruby>気<rt>き</rt></ruby>をつけましょう。
  • 日本にほんの なつ」は あつい だけでは ありません!熱中症ねっちゅうしょう(heatstroke)に をつけましょう。

日本にほんの なつ」は あつい だけでは ありません!熱中症ねっちゅうしょう(heatstroke)に をつけましょう。

2015.05.29

日本(にほん)の 夏(なつ)は 暑(あつ)いです。そして、夏の 病気(びょうき)が あります。若(わか)い人(ひと)も お年(とし)寄(よ)りも よく なる 病気です。日本へ 旅行(りょこう)に 来(く)る前(まえ)に それについて 知(し)っておいて、楽(たの)しい 旅行に しましょう。 

Translated by fujimoto

Written by MATCHA-PR

Google Pocket

日本(にほん)の (なつ)を 経験(けいけん)したことが ないと、「日本(にほん)(なつ)」が どんなものか わからないですね。

日本(にほん)の (なつ)は、5月(ごがつ)の ()わりから 9月(くがつ)の (はじ)めくらいまでです。日本(にほん)の ほとんどの 地域(ちいき)は、温帯(おんたい)気候(きこう)です。ですから、「日本(にほん)の (なつ)」は (あつ)いだけでは ありません。独特(どくとく)特別(とくべつ)で (ほか)にはない)(あつ)さが 原因(げんいん)で、体調(たいちょう)が (わる)くなることが あります。日本(にほん)への 旅行(りょこう)では、「(あつ)さ」を 理解(りかい)することが 大事(だいじ)です。

この記事(きじ)では、日本(にほん)の (なつ)が いつか、(なつ)の 特徴(とくちょう)、そして (とく)に ()をつけないとならないことを 紹介(しょうかい)します。

日本(にほん)の (なつ)は「梅雨(つゆ)」から (はじ)まります

80baea94f3b9bbdbfb44464180693d0d_m

日本(にほん)の「(なつ)」は 6月(ろくがつ)の (はじ)めごろ (はじ)まります。そして この季節(きせつ)は、「梅雨(つゆ)」と()う (あめ)の 季節(きせつ)です。大体(だいたい) 4週間(しゅうかん)くらい よく (あめ)が ()ります(北海道(ほっかいどう)は あまり ()りません)。6月(ろくがつ)の (はじ)めからは、湿度(しつど)が とても (たか)く ジメジメした(湿気(しっけ)が (おお)いことを (あらわ)す 言葉(ことば)天気(てんき)です。気温(きおん)は 25()くらいで あまり (あつ)くないですが、とても 湿度(しつど)が (たか)いです。そのため 時々(ときどき) 気持( きも)ちが (わる)くなることも あります。

梅雨(つゆ)は 日本(にほん)の 農業(のうぎょう)(とく)に 稲作(いなさく)(こめ)を (つく)る)にとって とても 大切(たいせつ)な 季節(きせつ)です。梅雨(つゆ)は 日本(にほん)の (しょく)文化(ぶんか)のために 必要(ひつよう)なのです。

30f2acfd1bbb1efb537cdf2e8fc5d14a_l

梅雨(つゆ)は (あめ)が たくさん ()りますから、(きゅう)に (さむ)くなることが あります。カーディガンなどの 上着(うわぎ)を ()っていると ()いです。

梅雨(つゆ)が ()わると、(きゅう)に (あつ)くなります。

bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_m

梅雨(つゆ)は 7月(しちがつ)に ()わります。そうすると 日本(にほん)は (きゅう)に (あつ)くなって、湿度(しつど)も 毎日(まいにち) ずっと (たか)いです。梅雨(つゆ)が ()わることを「梅雨明(つゆあ)け」 と()います。日本人(にほんじん)は (うみ)や プールで 水遊(みずあそ)び((みず)の (ちか)くで (あそ)ぶこと)をして (たの)しんだり、(やま)の (すず)しい 場所(ばしょ)で リラックスしたりします。7〜8月(はちがつ)は とても (あつ)いので、ほとんどの (ひと)が 半袖(はんそで)の (ふく)を ()ます。

この季節(きせつ)は (きゅう)に (あつ)くなります。熱中症(ねっちゅうしょう)に ()をつけましょう。

熱中症(ねっちゅうしょう)とは?

711d17d31eb87431e9e9a22c575a9fb6_m

外国(がいこく)の (かた)は、「熱中症(ねっちゅうしょう)」をという言葉(ことば)を ()いたことが ないかもしれません。でも、日本(にほん)で (もっと)も (おお)い 季節(きせつ)の 病気(びょうき)です。

気温(きおん)が (たか)いことなどが 原因(げんいん)で 熱中症(ねっちゅうしょう)に なります。(あつ)さで、身体(からだ)の (なか)の 水分(すいぶん)や 塩分(えんぶん)(ナトリウムなど)の バランスが (わる)くなります。そして (からだ)が 正常(せいじょう)ではなくなって、熱中症(ねっちゅうしょう)に なります。
熱中症(ねっちゅうしょう)になると、めまい(dizziness)や ()()(a sickly feeling)・()ちくらみ((きゅう)に ()った(とき)、めまいが します)・頭痛(ずつう)などが おきます。ひどいときは、(たお)れたり、()ぬことも あります。日本(にほん)では、お年寄(としよ)りなど 1000(にん)以上(いじょう)の (ひと)が ()くなった (とし)も あります。

熱中症(ねっちゅうしょう)の 注意(ちゅうい)の ポイント

5aaec0013e80a9a95ed5114641a826b5_m

(なつ)の ()の 昼間(ひるま)(はげ)しい 運動(うんどう)などを する(とき)(とく)に 注意(ちゅうい)して ください。また、屋外(おくがい)建物(たてもの)の (そと))だけでなく、(あつ)くて 湿気(しっけ)の (おお)い 部屋(へや)の (なか)でも、熱中症(ねっちゅうしょう)に なることが あります。

(たと)えば、イベントや 観光(かんこう)()などは、たくさんの (ひと)が (あつ)まります。そういう場所(ばしょ)は、屋内(おくない)建物(たてもの)の (なか))も 屋外(おくがい)も あぶないです。(あつ)さが 苦手(にがて)な (ひと)は、身体(からだ)が (あつ)さに ()れていないですから、(とく)に あぶないです。

海外(かいがい)からの 旅行(りょこう)(しゃ)は、日本(にほん)の 独特(どくとく)な(特別(とくべつ)で (ほか)にはない)(なつ)の (あつ)さに ()れていません。ですから、「熱中症(ねっちゅうしょう)」には 本当(ほんとう)に ()をつけましょう。

熱中症(ねっちゅうしょう)に ならないためには どうしたらいいですか?

まず (あつ)くならないように ()をつけましょう

11224ea6dcb375cb7a5a5bfcffbcfb7b_m

(あつ)くて ちょっと (つか)れた・・・」(おも)ったら、すぐに ()の ()たらない (すず)しい 場所(ばしょ)に 移動(いどう)します。そして (すず)しくなるまで (すこ)し (やす)みます。

部屋(へや)の (なか)では、扇風機(せんぷうき)や エアコンで 部屋(へや)の 温度(おんど)を ちょうどよく しましょう。

(そと)に ()く (とき)は、帽子(ぼうし)を かぶります。また、できるだけ 日陰(ひかげ)()が 直接(ちょくせつ) 当( あ)たらない 場所(ばしょ))を (ある)いて、日光(にっこう)から (からだ)を (まも)りましょう。からだが (あつ)くならないように、通気(つうき)(せい)のよい(空気(くうき)が よく (とお)る)(ふく)を ()るのもいいです。

(みず)などを よく ()みましょう

8668809591_39b8c8bf4f_k

Photo by hauptillusionator

たくさん (あせ)を かいた、でも (みず)を あまり ()まなかった。そう()(とき)に 脱水(だっすい)症状(しょうじょう)(みず)が ()りなくて 具合(ぐあい)が (わる)くなる)に なります。そして 頭痛(ずつう)気持(きも)(わる)くなる、からだが つらくて (うご)けない、ということが ()こります。そうならないように、部屋(へや)の (なか)でも、(そと)に いる(とき)も、(みず)などを よく ()みましょう。のどが あまり かわいていないですか?それでも、ときどき (みず)などを ()むことが 大切(たいせつ)です。

しかし、一度(いちど)に たくさん (みず)を ()むと、(からだ)の バランスが (わる)くなります。そして もっと 具合(ぐあい)が (わる)くなることが あります。塩分(えんぶん)(ナトリウム)は (あせ)で なくなって しまいますから、スポーツドリンクなどを ()んで、体調(たいちょう)が (わる)くならないよう ()をつけます。

日本(にほん)の (なつ)の ()ごすために

この記事(きじ)では「熱中症(ねっちゅうしょう)」を 紹介(しょうかい)しました。でも、日本(にほん)の 気候(きこう)を 旅行(りょこう)の (まえ)に 理解(りかい)して、自己(じこ)管理(かんり)自分(じぶん)自身(じしん)の 生活(せいかつ)を 自分(じぶん)で きちんと すること)を すれば、(おお)きな 問題(もんだい)は ありません。しかし 異国(いこく)自分(じぶん)の (くに)じゃない(くに))を旅行(りょこう)(ちゅう)は、(みじか)い 時間(じかん)で ()(もの)や 観光(かんこう)をしますから、体調(たいちょう)が (わる)くなることが あります。

もし 体調(たいちょう)が (わる)くなったら、(ちか)くの (ひと)に (たす)けてもらって ください。旅行(りょこう)の スケジュールではなく 自分(じぶん)の 体調(たいちょう)を 大事(だいじ)にして ください。
それでは (たの)しい 旅行(りょこう)を!

映像えいぞう熱中症ねっちゅうしょうに 注意ちゅういしよう

関連トピック

Google Pocket