<ruby>浅草<rt>あさくさ</rt></ruby>の <ruby>夏<rt>なつ</rt></ruby>の まつり かっぱ<ruby>橋本通<rt>ばしほんどお</rt></ruby>り「<ruby>下町七夕<rt>したまちたなばた</rt></ruby>まつり」

浅草あさくさの なつの まつり かっぱ橋本通ばしほんどおり「下町七夕したまちたなばたまつり」

東京 2018.07.03

かっぱ橋(ばし)本通(ほんどお)りで 1年(ねん)に 1回(かい)、いろいろな 場所(ばしょ)から たくさんの 人(ひと)が 来(き)て とても にぎやかに なる ときが あります。それは「下町(したまち)七夕(たなばた)まつり」が ある 7月(がつ)です。

Translated by rei sugimoto

Written by Mako Hayashi

Google Pocket
asakusa shitamachi tanabata

浅草(あさくさ)かっぱ(ばし)本通(ほんどお)りは、1.2kmの 商店(しょうてん)(がい)((みせ)が たくさん ある (とお)り:shopping street)です。それは 浅草(あさくさ)の 国際(こくさい)(どお)りから 上野(うえの)(えき)の (ちか)くに ある 昭和通(しょうわどお)りまで あります。名前(なまえ)に、「河童かっぱ」という 言葉(ことば)が ありますね。河童(かっぱ)は 伝説(でんせつ)(legendary)の 動物(どうぶつ)です。そして 浅草(あさくさ)かっぱ(ばし)本通(ほんどお)りの シンボルsymbolは 河童かっぱです。そこには ほかの 場所ばしょに ない おもしろい みせが おおいですから 有名ゆうめいです。

参考さんこう記事きじ浅草(あさくさ)料理(りょうり)(じん)(まち)「かっぱ(ばし)道具(どうぐ)(がい)®」でしょくアイテムさが

商店(しょうてん)(がい)が 1(ねん)で 一番(いちばん) にぎやかに なる「下町(したまち)七夕(たなばた)まつり」

かっぱ橋にいた河童さん

このかっぱ(ばし)本通(ほんどお)りは 1(ねん)に 1()、とても にぎやかに なります。それは「下町(したまち)七夕(たなばた)まつり」が ある 7月(しちがつ)です。そのとき 色々(いろいろ)な 場所(ばしょ)から 大勢(おおぜい)の (ひと)が かっぱ(ばし)本通(ほんどお)りへ ()ます。

asakusa shitamachitanabata

七夕たなばた」は 日本にほんの 伝統行事でんとうぎょうじ(traditional festivals)の ひとつです。日本人にほんじんは このささ(bamboo grass)を かざったり、ねがいごとを したり して まつりを たのしみます。

asakusa shitamachitanabata

日本(にほん)の 色々(いろいろ)な 場所(ばしょ)で、七夕(たなばた)(まつ)りを やります。そして そのまつりは だいたい 7がつ7日なのかごろに します。(七夕たなばたが 7がつ7日なのかですから)かっぱ橋本通ばしほんどお商店街しょうてんがいの「下町したまち七夕たなばたまつり」も その ひとつです。(まつ)りは、毎年(まいとし) 7月(しちがつ)前半(ぜんはん)(1(にち)~15(にち))の(あいだ)の 1週間(しゅうかん)ぐらい やります。2015(ねん)は 7月(しちがつ)3日みっかから 7月(しちがつ)8日ようかまで やりました。商店(しょうてん)(がい)に (ささ)や (かざ)りが たくさん (なら)び、いつもと (ちが)う きれいな 景色(けしき)に なります。

短冊1

こちらの ほそくて ながい かみを「短冊たんざく」と ()びます。短冊(たんざく)に (ねが)いを ()いて、(ささ)に つけます。これは (むかし)から 七夕(たなばた)の ()に しています。「下町(したまち)七夕(たなばた)まつり」の (あいだ)は、(だれ)でも (ねが)いを ()いて (ささ)に (かざ)ることが できます。

短冊2

日本人(にほんじん)も、外国(がいこく)から ()た (ひと)も 短冊(たんざく)を (ささ)に (かざ)っていました。

河童デザインの七夕飾り

こちらも 七夕(たなばた)の (かざ)りの ひとつです。商店(しょうてん)(がい)の シンボルの「河童(かっぱ)」と (すこ)し ()ていますね。こんな かわいい (かざ)りを ()ることも、「下町(したまち)七夕(たなばた)まつり」の (たの)しみの ひとつです。

イベントeventsが たくさん あります。すごい パレードparadeを ぜひ て ください!

七夕祭り4

Photo by nAok0

たな(ばた)まつりを やっている(あいだ)の 土曜日(どようび)と 日曜日(にちようび)に、大通(おおどお)りの ()(なか)で パレードを します。一番(いちばん) ()てほしい ものは、「越中えっちゅうおわらぶし」の パレードです。胡弓こきゅう三味線しゃみせん太鼓たいこなど 和楽器わがっき(traditional Japanese classical instruments)の (おと)が とても にぎやかです。特別とくべつな ふくを ひとたちが (とお)りを (おど)りながら (ある)きます。

日本(にほん)の にぎやかで 元気(げんき)な (まつ)りを ぜひ (たの)しんでください。

七夕祭り6

Photo by TAKA@P.P.R.S

パレードを ()に 大勢(おおぜい)の (ひと)が ()て、商店(しょうてん)(がい)は とても にぎやかに なります。パレードが ない(とき)も 楽器(がっき)(musical instrument)の 演奏(えんそう)(performance)や (おど)りを ()ることが できますから ずっと (たの)しいです。

ほかに 日本(にほん)(じゅう)の 特産(とくさん)(ひん)(そこだけで (つく)っている 特別(とくべつ)な もの)を ()っている「うまいもん(いち)(market)」や、たくさんの 屋台(やたい)((そと)で ()(もの)や (もの)を ()っている (みせ))が (なら)ぶ 縁日えんにちなど、てほしい ものが たくさん あります。

日本(にほん)の (まつ)り すばらしいものを ()ることが できる「下町(したまち)七夕(たなばた)まつり」

asakusa shitamachitanabata
七夕祭り8

Photo by TAKA@P.P.R.S

夕方(ゆうがた)ごろに なると、商店(しょうてん)(がい)は (ひる)と 全然(ぜんぜん) (ちが)う 景色(けしき)に なります。(ひる)と (ちが)う (まつ)りの 景色(けしき)を (たの)しんで ください。

きれいな (かざ)りと すばらしい パレード、そして ()(もの)も おいしい「下町(したまち)七夕(たなばた)まつり」。7月(しちがつ)の はじめに 浅草(あさくさ)へ ()ったら、ぜひ (まつ)りへ ()ってみてください。

Information

かっぱ(ばし)本通(ほんどお)

住所(じゅうしょ) :東京(とうきょう)() 台東(たいとう)() かっぱ(ばし)本通(ほんどお)
website:下町七夕したまちたなばたまつり

関連トピック

Google Pocket