<ruby>夏<rt>なつ</rt></ruby>の <ruby>素敵<rt>すてき</rt></ruby>な <ruby>夕方<rt>ゆうがた</rt></ruby>。<ruby>貴船神社<rt>きふねじんじゃ</rt></ruby> <ruby>七夕飾<rt>たなばたかざ</rt></ruby>り <ruby>ライトアップ<rt>lighting-up</rt></ruby>

なつの 素敵すてきな 夕方ゆうがた貴船神社きふねじんじゃ 七夕飾たなばたかざり ライトアップlighting-up

京都 2018.07.07

日本(にほん)では 7月7日(しちがつなのか)の 夜(よる)に 神様(かみさま)に お願(ねが)いをするという 習慣(しゅうかん)があります。京都(きょうと)には 七夕(たなばた)の お話(はなし)と 関係(かんけい)のある 神社(じんじゃ)「貴船神社(きふねじんじゃ)」が あります。

Translated by T.Ikeda

Written by SakamotoAyako

Google Pocket
DSC_1622

日本(にほん)には、(むかし)から 人々(ひとびと)が (つた)えてきた「七夕(たなばた)伝説(でんせつ)」という お(はなし)が あります。

織姫(おりひめ)と 彦星(ひこぼし)は、お(たが)いを (あい)しすぎて、 やらなければならない 仕事(しごと)を しなくなりました。 それを ()て、 神様(かみさま)は (おこ)りました。 そして、二人(ふたり)を (はな)しましたが、 (いち)(ねん)に 一回(いっかい)だけ、二人(ふたり)が うことができるを つくりました。 それが 七夕たなばたです。 それから 織姫おりひめと 彦星ひこぼしは、七夕たなばたの よるを たのしみに、一生懸命 いっしょうけんめい  仕事しごとを するようになったという はなしです。

そんな 七夕(たなばた)の お(はなし)から、日本(にほん)では、7月(しちがつ)7(のか)の (よる)に、 お(ねが)いを ()いた (ちい)さい (かみ)を (ささ)()(bamboo leaf)に かざって、神様(かみさま)に お(ねが)いを するように なりました。

一緒(いっしょ)()みましょう

(なつ)七夕(たなばた)醍醐味(だいごみ)(なつ)夜長(よなが)には短冊(たんざく)(ねが)いを()いてみよう

(じつ)は 京都(きょうと)に 七夕(たなばた)伝説(でんせつ)と 関係(かんけい)のある 神社(じんじゃ)が あるのを ()っていますか?

七夕伝説たなばたでんせつと 関係かんけいがある 貴船神社きふねじんじゃに あそびに こう

DSC07280-001

その神社(じんじゃ)は、京都(きょうと)()の 一番 (いちばん  )(きた)にある 貴船(きふね)神社(じんじゃ)です。

(みず)神様(かみさま)だけではなく、縁結(えんむす)びの 神様(かみさま)(God of Marriage)も いるという この神社(じんじゃ)。そのため、一年中(いちねんじゅう)、たくさんの 人々(ひとびと)が この神社(じんじゃ)に 行(  い)きます。

また、(なつ)になると、(ちか)くに (なが)れている 貴船川(きふねがわ)の (おと)も ()こえて、京都(きょうと)らしい 気分(きぶん)を (かん)じることができます。

一緒(いっしょ)()みましょう

(なつ)(きょう)避暑(ひしょ)()のパワースポット「鞍馬(くらま)」「貴船(きふね)」で(りょう)をとる

(なつ)(よる)七夕(たなばた)の お(ねが)いを ライトアップ

この貴船(きふね)神社(じんじゃ)は、毎年 (まいとし  )7月(しちがつ)から 8月(はちがつ)中旬(ちゅうじゅん)まで、1か(げつ)(はん)ぐらいの(あいだ)、ライトアップ(lighting-up)しています。

神社(じんじゃ)だけを ライトアップするのではなく、七夕(たなばた)の (ささ)(かざ)りも ライトアップします。

DSC_1699

(よる)に 貴船(きふね)神社(じんじゃ)に ()くと、いつもと (ちが)う 雰囲気(ふんいき)の 鳥居(とりい)に (おどろ)くでしょう。

DSC_1607

ドキドキしながら (いし)の 階段(かいだん)を (のぼ)ると、

DSC_1659

ライトアップした 神社(じんじゃ)の ()神殿(しんでん)(main shrine building)と (うつく)しい 七夕(たなばた)の (ささ)(かざ)りが (わたし)たちを (むか)えてくれます。

DSC_1615

オレンジ(いろ)の (あたた)かい (ひかり)に、七夕(たなばた)の (ささ)(かざ)りが ゆらりゆらりと (かぜ)に ()れていました。

この写真(しゃしん)を ()った()は、まだ 七夕(たなばた)の イベントが (はじ)まったばかりでしたが、たくさんの (ひと)が (かみ)に お(ねが)いを ()いて、(ささ)に ()けていったのが わかります。

DSC_1646

この短冊(たんざく)((ちい)さい(かみ))は、(いち)(まい)100(えん)

(なに)(いろ)の 短冊(たんざく)に、どんな お(ねが)いを ()くか、 (たの)しそうに (かんが)えている (ひと)が たくさんいました。

DSC_1648

日本語(にほんご)だけではなく、英語(えいご)や 中国語(ちゅうごくご)韓国(かんこく)()など、いろいろな 言葉(ことば)で お(ねが)いが ()いてありますね。

DSC_1652

神社じんじゃには 縁結(えんむす)びの 神様(かみさま)が いるので、カップルも たくさん いました。

DSC_1693

自分(じぶん)の お(ねが)いを ()いたあとには、(ほか)の (ひと)が どんな お(ねが)いを ()いているか ()るのも (たの)しいですね。

そして、この 貴船(きふね)神社(じんじゃ)に ()たら、ぜひ やってみてほしい「おみくじ」が あります。

DSC_1633

1(かい) 200(えん)で できる (みず)(うらない)みくじ(Water Fortune slip)!

DSC_1635

まず、たくさんある (かみ)の (なか)から ()きな (かみ)を (いち)(まい) 選(  えら)びます。そして (みず)の (うえ)に ()きます。

DSC_1638

そうすると、()(しろ)だったところに 文字(もじ)が ()えてきました!(みず)に ぬれたら 文字(もじ)が ()てくる (すこ)し ()わった おみくじ。あなたも (かなら)ず (たの)しむことが できるでしょう。

この おみくじは ライトアップと (ちが)って、どの季節(きせつ)に ()ても やっているので、()(とき)は ぜひ 自分(じぶん)の (うん)(fortune)を 貴船(きふね)の (みず)神様(かみさま)に ()いてみてください。

特別(とくべつ)な 夕方(ゆうがた)の (すず)しい 時間(じかん)が ここにある

DSC_1661

(よる)の 貴船(きふね)神社(じんじゃ)に ()くと、(おも)っているより (すず)しくて、昼間(ひるま)の (あつ)さを (わす)れてしまいます。また、(かわ)が (なが)れる (おと)や、(ささ)と 短冊(たんざく)が (かぜ)に ()れる (おと)は ()(ひと)を (やさ)しく (むか)えてくれます。

こんな 特別(とくべつ)な 夕方(ゆうがた)は どこに()っても めったに 体験(たいけん)できないと (おも)います。

時間(じかん)を (わす)れて (たの)しんでいると、貴船(きふね)神社(じんじゃ)から 比叡(ひえい)電車(でんしゃ)貴船口(きふねぐち)(えき)までの 最後(さいご)の バス((つき)(かね)は20:20、(やす)みの()は21:20)の 時間(じかん)を (わす)れてしまうことも。 最後(さいご)の バスに ()れない(とき)は、2キロ(Km)ぐらいある (くら)い 山道(やまみち)を (ある)いて (かえ)らなければなりません。

バスの 時間(じかん)にだけは 注意(ちゅうい)して、この 素敵(すてき)な 夕方(ゆうがた)を 十分(じゅうぶん)に (たの)しんでくださいね。

Information

貴船神社きふねじんじゃ

住所(じゅうしょ)京都(きょうと)()京都(きょうと)()左京(さきょう)()鞍馬貴船(くらまきふね)(まち)180
時間(じかん)5月(ごがつ)1つい(たち)11月(じゅういちがつ)30(にち)6:00~20:00、12月(じゅうにがつ)1(にち)4月(しがつ)30(にち)6:00〜18:00 ※1月(いちがつ)1つい(たち)3みっ()は 20:00に (もん)が ()まります。
(ちか)(えき)叡山(えいざん)電車(でんしゃ)貴船口(きふねぐち)(えき)
アクセス:「貴船口(きふねぐち)(えき)から(ある)いて30(ふん)、「貴船口(きふねぐち)(えき)から京都(きょうと)バスで5(ふん)電話番号でんわばんごう:075-741-2016
Website:http://kifunejinja.jp/index.html

関連トピック

Google Pocket