佐賀県特集(さがけんとくしゅう)

佐賀観光
日本人(にほんじん)は 「(わたし)は すばらしいです」「(わたし)は すごいです」と ()いません。「(わたし)は ダメです」「(わたし)は つまらないです」と ()います。しかし、それは 本当(ほんとう)ではありません。日本人(にほんじん)は 「(わたし)は すごいです」と ()うことを (わる)いことだと (おも)っています。だから、佐賀(さが)(けん)も 「佐賀(さが)(けん)は すごいです」と ()いません。でも、それも 本当(ほんとう)ではありません。佐賀(さが)(けん)は 本当(ほんとう)は すごいです。17世紀せいきには ヨーロッパの 王様おうさまたちに 磁器じきとくべつの いしの こなから つくった さらや 茶碗ちゃわん)を りました。ふるい 温泉(おんせん)も あります。佐賀(さが)へ (らい)たら、みなさんが ()らなかった (あたら)しい すごいことが あります。佐賀(さが)へ ()て それを ()つけて ください。

佐賀(さが)

「九州佐賀国際空港(きゅうしゅうさがこくさいくうこう)」を 紹介(しょうかい)します

「九州佐賀国際空港(きゅうしゅうさがこくさいくうこう)」を 紹介(しょうかい)します

日本(にほん)は 4(よっ)つの 大(おお)きい 島(しま)と たくさんの 小(ちい)さい 島(しま)で できています。大(おお)きい 島(しま)の 中(なか)で 一番(いちばん) 西(にし)に ある 島(しま)の 名前(なまえ)は 「九州(きゅうしゅう)」です。九州(きゅうしゅう)には 7(なな)つ 「県(けん)」が あります。7(なな)つの 「県(けん)」の 中(なか)で 一番(いちばん) 小(ちい)さい 県(けん)は 「佐賀(さが)県(けん)」です。北(きた)の 方(ほう)に あります。

佐賀(さが)県(けん)の 折(お)り紙(がみ) 「鍋島(なべしま)小紋柄(こもんがら)折(お)り紙(がみ)」

佐賀(さが)県(けん)の 折(お)り紙(がみ) 「鍋島(なべしま)小紋柄(こもんがら)折(お)り紙(がみ)」

日本(にほん)の 「折(お)り紙(がみ)」を 知(し)っていますか。紙(かみ)で 動物(どうぶつ)や 物(もの)の 形(かたち)を 作(つく)る 子(こ)どもの 遊(あそ)びです。 佐賀(さが)県(けん)には 折(お)り紙(がみ)のための きれいな 紙(かみ)が あります。名前(なまえ)は 「鍋島(なべしま)小紋柄(こもんがら)折(お)り紙(がみ)」です。

佐賀(さが)県(けん)の 「シシリアンライス(rice)」を 食(た)べませんか

佐賀(さが)県(けん)の 「シシリアンライス(rice)」を 食(た)べませんか

「シシリアンライス(rice)」は 佐賀(さが)県(けん)の 料理(りょうり)です。1970年(ねん)ごろに 佐賀(さが)県(けん)の 喫茶店(きっさてん)が 作(つく)りました。 ご飯(はん)の 上(うえ)に 野菜(やさい)と 肉(にく)が あって、そこに マヨネーズ(mayonnaise)を つけた 料理(りょうり)です。

肥前浜宿

嬉野(うれしの)

佐賀(さが)県(けん)、嬉野(うれしの)の おいしい 豆腐(とうふ)を 「佐嘉(さが)平川屋(ひらかわや)」で 食(た)べましょう

佐賀(さが)県(けん)、嬉野(うれしの)の おいしい 豆腐(とうふ)を 「佐嘉(さが)平川屋(ひらかわや)」で 食(た)べましょう

佐賀(さが)県(けん)の 米(こめ)は おいしいです。牛(うし)も おいしいです。そして、豆(まめ)も おいしいです。豆(まめ)から 作(つく)る 豆腐(とうふ)も すばらしいです。佐賀(さが)県(けん)の 嬉野(うれしの)は 温泉(おんせん)の 町(まち)ですが、嬉野(うれしの)には 温泉(おんせん)を 使(つか)って 作(つく)った 豆腐(とうふ)の 特別(とくべつ)な 料理(りょうり)が あります。「嬉野(うれしの)温泉(おんせん)湯豆腐(ゆどうふ)」です。

有田

佐賀(さが)県(けん)の 有田(ありた)では 日本(にほん)の 磁器(じき)、「有田焼(ありたやき)」を 作(つく)っています

佐賀(さが)県(けん)の 有田(ありた)では 日本(にほん)の 磁器(じき)、「有田焼(ありたやき)」を 作(つく)っています

有田(ありた)では 昔(むかし)から 磁器(じき)(特(とく)別(べつ)の 石(いし)の 粉(こな)から 作(つく)った 皿(さら)や 茶碗(ちゃわん)など)を 作(つく)って います。ここの 磁器(じき)を 「有田焼(ありたやき)」と 呼(よ)びます。日本(にほん)だけではなく、世界(せかい)でも 有名(ゆうめい)です。私(わたし)(この 文章(ぶんしょう)を 書(か)いた 人(ひと)=Sebastiao Pimenta)は ブラジル(brazil)から 有田焼(ありたやき)を 勉強(べんきょう)に 来

400年(ねん) 続(つづ)いている 有田焼(ありたやき)

400年(ねん) 続(つづ)いている 有田焼(ありたやき)

写真(しゃしん)の 壁(かべ)は 「トンバイ塀(べい)」と 言(い)います。佐賀(さが)県(けん)の 有田(ありた)に たくさん あります。この 壁(かべ)は 磁器(じき)を 作(つく)る時(とき)の 建物(たてもの)や 道具(どうぐ)の 古(ふる)くなった 物(もの)で 作(つく)りました。 有田(ありた)では 磁器(じき)を 400年(ねん) ずっと 作(つく)って います。この 磁器(じき)を 「有田焼(ありたやき)」と 言(い)います。だから、有田(ありた)には この 写真(しゃしん)のよう

佐賀(さが)県(けん)の 唐津城(からつじょう)から 唐津(からつ)の 町(まち)を 見(み)ましょう

佐賀(さが)県(けん)の 唐津城(からつじょう)から 唐津(からつ)の 町(まち)を 見(み)ましょう

佐賀(さが)県(けん) 唐津(からつ)市(し)に 「唐津(からつ)城(じょう)」が あります。 この 城(しろ)は 海(うみ)の 近(ちか)くに あります。海(うみ)の 風(かぜ)が 吹(ふ)いて 気持(きも)ちがいい 場所(ばしょ)です。 唐津(からつ)城(じょう)は 最初(さいしょ) 1608年(ねん)に できましたが、一度(いちど)、なくなりました。そして、1966年(ねん)に 今(いま)の 建物(たてもの)を もう 一(いち)度(ど)、作(つく)りまし

佐賀(さが)県(けん) 唐津(からつ)市(し)の お祭(まつ)り 「唐津(からつ)くんち」

佐賀(さが)県(けん) 唐津(からつ)市(し)の お祭(まつ)り 「唐津(からつ)くんち」

佐賀(さが)県(けん)の 唐津(からつ)市(し)では 毎年(まいとし) 11月(  がつ)2(ふつ)日(か)から 4(よっ)日(か)まで お祭(まつ)りが あります。名前(なまえ)は 「唐津(からつ)くんち」です。有名(ゆうめい)な お祭(まつ)りで、世界中(せかいじゅう)から 人(ひと)が 見(み)に 来(き)ます。50万(  まん)人(にん)も お客(きゃく)が 来(き)ます。

武雄(たけお)

1300年(ねん)前(まえ)から あります 「武雄温泉(たけおおんせん)」

1300年(ねん)前(まえ)から あります 「武雄温泉(たけおおんせん)」

この 温泉(おんせん)は 1300年(ねん)前(まえ)から あります。歴史(れきし)の 中(なか)の 有名(ゆうめい)な 人(ひと)たちも ここへ 来(き)ました。 1300年(ねん)前(まえ)の 古(ふる)い 本(ほん)に 武雄(たけお)温泉(おんせん)の 話(はなし)が 書(か)いて あります。だから、人々(ひとびと)は 1300年(ねん)前(まえ)から この 温泉(おんせん)を 知(し)って いたと わかります。

武雄(たけお)市(し)に コーヒー(coffee)を 飲(の)むことが できる 図書館(としょかん)が あります

武雄(たけお)市(し)に コーヒー(coffee)を 飲(の)むことが できる 図書館(としょかん)が あります

武雄(たけお)市(し)は 佐賀(さが)県(けん)に あります。温泉(おんせん)の 町(まち)です。古(ふる)い 町(まち)で、1300年(ねん)前(まえ)から あります。歴史(れきし)や 文化(ぶんか)が あって、楽(たの)しむものが たくさん あります。

有明海(ありあけ)

佐賀(さが)県(けん)の 有明海(ありあけかい)の 魚(さかな)を 紹介(しょうかい)します

佐賀(さが)県(けん)の 有明海(ありあけかい)の 魚(さかな)を 紹介(しょうかい)します

ここは 佐賀(さが)県(けん)の 南(みなみ)の 海(うみ)です。名前(なまえ)は 「有明海(ありあけかい)」です。昼(ひる)、海(うみ)の 水(みず)が なくなると、この 写真(しゃしん)のように なります。ここに 珍(めずら)しい 魚(さかな)が います。今日(きょう)は この 海(うみ)の 魚(さかな)を 紹介(しょうかい)します。

伊万里(いまり)

吉野ヶ里(よしのがり)

鹿島(かしま)