成田空港トランジットツアー オススメコース3選【成田山・芝山町・多古町】

成田空港トランジットツアー オススメコース3選【成田山・芝山町・多古町】

この記事は、成田空港のトランジットツアーを紹介している記事です。成田山・芝山町・多古町を周り、成田山新勝寺などを見て回ることができます。

前回の記事で、成田空港でのトランジットをより楽しめる「Narita Transit Program」についてご説明しました。

そこで今回は、5つのツアーコースの中から3つをピックアップ。実際のツアーの様子を交えて、オススメのツアースポットをご紹介します。

参考記事:トランジット中に日本を堪能できる「Narita Transit Program」って?

1.成田山コース

最初にご紹介するのは、日本の有名寺院である「成田山新勝寺」を訪れるツアーです。厳かな寺院のほか、ウナギやお団子などの日本グルメを楽しむことができます。

成田山新勝寺の門前町散歩

Lightroom-2914
Photo by yumi .s

ツアー風景2
Photo by Nobuyo TAKAYANAGI

新勝寺へと向かう道のりもツアーの一部です。お寺の近くにできる町のことを、日本では門前町(もんぜんまち)と呼ぶのですが、新勝寺の門前町には日本的なお店がたくさん。おいしい鰻丼(うなどん)を食べたり、おみやげ屋さんで買い物することもできます。

成田山新勝寺

IMG_6970
Photo by 谷ぽぽ

新勝寺は日本でも有数の大寺院で、正月には毎年約300万人の参拝者が訪れます。

こちらは新勝寺の入り口である「総門」です。厳かな雰囲気の総門は高さが15mもあり、全てヒノキで造られています。蟇股(かえるまた)という上部の荷重を支えるための、かえるの股のように下向きに開いた建築部材の部分には、十二支の木彫刻が施されています。

総門は成田山の表玄関として、多くの参詣者を魅了しています。

タイミングが良ければ写真のように、儀式に向かう僧侶さんの姿を見ることもできます。

新勝寺ツアーで注目していただきたいのが、お寺の建築美術。写真は三重塔の彫刻です。極彩色のパノラマが目の前に広がり息を飲むような美しさを体験できます。

記録によると約10.6センチメートル四方の金箔が、1階にあたる部分だけで19,000枚も使われています。基調となる色は、朱色です。水銀を混ぜた水銀朱と鉛を混ぜた丹朱を顔料として使用しており、場所によって色の微妙な違いを見ることができます。

1984年に建てられた「平和の大塔」です。高さは58mもあります。一階は大塔の入口、成田山の歴史が分かる展示、写経が体験できる受付があります。一般の方は5階まで上がることができ、それぞれの階に仏像が祀られています。本堂から少し歩きますが、その迫力を感じに行ってみはいかがでしょうか。

2.芝山町コース


Photo by Brian Kemper

芝山町は、飛行機の航路の真下に位置する、成田空港にとても近い町です。低い高度を飛ぶ航空機の姿を眺められる、絶好の飛行機撮影スポットと言えます。

航空科学博物館

2015-05-31-11-19-10
Photo by Brian Kemper

IMGP0256-1
Photo by Katsuya Tanaka

芝山ツアーでのまず最初の見所は、航空科学博物館。航空科学博物館は、日本で初めての航空専門の博物館として、1989年に開館しました。一番の目玉は、「体験」。コックピットの中に入って、操縦室の様子を間近で観察できるんです。

IMGP0240-1
Photo by Katsuya Tanaka

ただ単に見学するだけでなく、一部の装置を実際に触って体験することもできます。


Photo by Katsuya Tanaka

2015-05-31-11-08-58
Photo by Brian Kemper

また、屋外には様々な飛行機が展示されています。飛行機好きにはたまらないツアーコースですね。

2015-05-31-12-31-04
Photo by Brian Kemper

2015-05-31-12-40-10
Photo by Brian Kemper

航空科学博物館以外の魅力としては、自然豊かなハイキングコースがあること。お花見の名所である四所神社では、春になると美しい桜並木を散策することができます。

長旅に疲れて自然に触れたい人にオススメです。

3.多古町コース


Photo by Takafumi Ooshio

最後に紹介するのが多古町です。紫陽花(あじさい)と多古米というモチモチの食感のお米が有名。多古米は高い品質とその味わいが認められ、天皇陛下へ献上する「献上米」に選ばれたこともあります。

こちらのコースでは多古町を通じて、日本の昔ながらの田舎町の雰囲気、豊かな自然を体験することができます。

紫陽花の時期は6月。ちょうどこの撮影時は、紫陽花のベストシーズンでした。日本風のボートに乗って紫陽花を観ることもできます。


Photo by N Koizumi

千葉県で一番最初にできた郵便局。参加者が思わず中を覗きこんでしまう、不思議で心奪われる建物です。


Photo by Takafumi Ooshio

トランジットツアーには、専門のボランティアスタッフが同行してくれます。街の歴史や見どころを案内してもらえるので、知識がなくても楽しむことができますよ。


Photo by 谷ぽぽ


Photo by Yu Aoki

和菓子屋さんがあり、そこでお団子を食べることもできます。ツアー中に小腹が空いたら、地元の日本グルメに挑戦してみてください。


Photo by Takafumi Ooshio


Photo by Yu Aoki

また日本寺は別名「あじさい寺」とも呼ばれ、6月には満開の紫陽花にあふれていて、とても見応えがあります。

日本寺そのものも、700年以上の歴史を持つ由緒あるお寺であり、古寺の雰囲気を味わうにはうってつけのスポット。山門(入り口の門)に掲げられている「正東山」という額は、本阿弥光悦(ほんあみ こうえつ)という江戸時代の芸術家による作品と言われています。お越しの際はチェックしてみてください。


Photo by N Koizumi

日本寺を奥に進んでいくと幾重にも連なる鳥居を見つけられます。別世界への入り口のような、神秘的な空間です。

以上、成田空港のトランジトッツアー、成田山、芝山、多古町の紹介をしました。どのコースもそれぞれ異なる日本の姿を感じられる魅力的なプランとなっています。

「Narita Transit Program」に参加したいという方は、公式HPからお申込みができますので、ぜひアクセスしてください。

公式HP:NARITA TRANSIT PROGRAM

執筆者&翻訳者

Hello, I'm Keisuke. living Asakusa Tokyo Japan. Love triathlon(Ironman), traveling, reading, eating and my job. I really really like Japan but I think Japan should be more kindly to traveler. https://www.facebook.com/keisukeyamada84
MATCHA

訪日外国人観光客向けwebマガジン
‘MATCHA’ をいいね!して日本の情報をチェックしよう。

関連記事

特集

ランキング

Loading...