【女の子と神社に行ってみよう!】おみくじを楽しむ!-後編-結びどころで、おみくじ結ぶ

【女の子と神社に行ってみよう!】おみくじを楽しむ!-後編-結びどころで、おみくじ結ぶ

前回の【女の子と神社に行ってみよう!】おみくじを楽しむ!-前編-彼女の笑顔を見たら幸せになれたにて、おみくじを引いた彼女。今回は神社の境内ににある「結びどころ」でおみくじを結んで帰ります。

DSC_2834-MOTION

というのも、おみくじが示す運勢が自分にとって都合のよくないものであれば、神様へ助言をくれた感謝の気持ちを込めて、日本ではおみくじを「結びどころ」に結ぶ文化があるのです。

ではでは彼女をじっと眺めながら、その作法を学んでいきましょう! 彼女との距離は2m未満です。

th_DSC_2830 結びどころ

th_DSC_2831

おみくじを結びやすくするために、4つ折りくらい、縦長に紙を折っています。
おみくじが丁寧に優しく扱われている雰囲気が伝わりますでしょうか?

おみくじになりたい……。

th_DSC_2836

おみくじは神様からの助言が書かれていますよね。

まちがっても破くことのないように、注意しながら結びましょう。結び方は、簡単な固結びをしている参拝客が多いですが、決まりはありません。結んだおみくじがほどけてしまわないこと。そして破れなければ、どんな結び方でもだいじょうぶ。助言をくれた神様へのお礼を心にこめながら、おみくじを結んでみることが大切です。

戒め・お土産としても

「神様からのアドバイス、めっちゃ厳しい……。ハートに刺さってとれない」

こういう状況、ありえるかもしれませんね。とは言うものの、必ず結びどころにおみくじを結ぶ必要性はありません。

おみくじは持って帰ってもだいじょうぶなのです。

自分の戒めとして、あるいはお土産として。いつでも手元においておくことで、神様からの助言を思い出すことができますよ!

thumb_81d0d55f2148626387bc7a944ef87229.png

執筆者&翻訳者

茨城在住。『MATCHA』の編集をしています。
MATCHA

訪日外国人観光客向けwebマガジン
‘MATCHA’ をいいね!して日本の情報をチェックしよう。

関連記事

特集

ランキング

Loading...