1カ所で2度おいしい。東北6県 紅葉×温泉スポットまとめ

1カ所で2度おいしい。東北6県 紅葉×温泉スポットまとめ

東北6県で紅葉を楽しみながら温泉に浸かることができるスポットの紹介記事です。青森県(酸ヶ湯温泉)・秋田県(乳頭温泉)・岩手県(鶯宿温泉)・山形県(あつみ温泉)・宮城県(鳴子温泉)・福島県(土湯温泉)の温泉施設や旅館、周辺の自然について説明しています。

温泉に浸かりながら、東北の紅葉を楽しもう!

日本は国土面積の3分の2が森林という自然豊かな国。秋になると紅葉が全国で見頃を迎えます。また、夏が終わり少しずつ涼しくなると、温泉の入浴もより気持ちよく感じられるようになります。

本日は日本の中でも特に自然豊かな地域である東北地方から、紅葉を楽しみながら、温泉にも入れるスポットを紹介します。

1.青森県「酸ヶ湯温泉」

画像提供:酸ヶ湯温泉

酸ヶ湯温泉」はその卓越した効能と豊富な温泉の湧出量から、1954年に国民保養温泉地第1号として指定を受けました。「ヒバ千人風呂」は今では珍しい男女混浴の大浴場です。ここだけの特別な空間を堪能してください。

女性限定の時間の設定があったり常時男女別の小浴場があるので、不安のある方でも安心です。

画像提供:酸ヶ湯温泉旅館

周囲を八甲田山に囲まれているため、温泉はもちろん登山に紅葉、冬はスキーも楽しむことができます。

酸ヶ湯温泉
住所:青森県青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50
電話番号:017-738-6400
公式HP:http://www.sukayu.jp/Tops/

2.秋田県「乳頭温泉郷」

写真提供:©Akita Prefecture/©JNTO

写真提供:©Akita Prefecture/©JNTO

秋田県の十和田市にある八幡平国立公園の中に立つ名峰・乳頭山。その麓には、「乳頭温泉郷」と総称される7つの温泉施設があります。7施設がそれぞれ独自の源泉を持つため、温泉を巡り歩いてそれぞれの違いを楽しむのもよいでしょう。温泉郷は全域にブナの原生林が生い茂っており、自然の美しさと温泉の双方に癒されます。

乳頭温泉組合
住所:秋田県仙北市田沢湖乳頭温泉郷
公式HP:http://www.nyuto-onsenkyo.com

3.岩手県「鶯宿温泉」

画像提供:©Iwate Prefecture/©JNTO

岩手県の盛岡からバスで50分ほどに位置する「鶯宿(おうしゅく)温泉」。450年の歴史を持つ温泉街で、涼やかに流れる小川の周辺に旅館やホテル・民宿旅館が20軒近く並び、商店や飲食店なども賑わいをみせています。山の中にある温泉郷のため自然も豊か。川沿いの道を散歩しながら、紅葉を楽しむことができます。

鴬宿温泉観光協会
住所:岩手県岩手郡雫石町鴬宿6-25-20
電話:019-695-2209
公式HP:http://www.ousyukuonsen.com

4.山形県「あつみ温泉」

画像提供:©Yamagata Prefecture/©JNTO

海と山に囲まれた「あつみ温泉」。ここには10軒ほどの温泉旅館があり、200円で利用可能な共同温泉や足湯・飲泉所なども点在しています。海ではクルージングや釣りを、山では登山をしながら滝を観ることもできます。秋だけでなく夏に訪れるのもオススメです。

あつみ温泉
住所:山形県鶴岡市湯温海甲306
電話:0235-43-3547
公式HP:http://www.atsumi-spa.or.jp

5.宮城県「鳴子温泉」

画像提供:鳴子温泉郷観光協会

画像提供:鳴子温泉観光協会

カラフルに染まった山々の間を流れる大谷川と、そこにかかる大谷橋。宮城県大崎市にある鳴子峡谷は、橋の上から一面の紅葉を眺められる絶景のスポットです。

周辺には温泉施設が60近くも存在します。温泉宿ごとに特徴や効能・宿・料金などが異なるので自分好みの宿を探すのもよいでしょう。湯めぐりはもちろん、日本こけし館や間欠泉などその他の観光スポットも多く、季節ごとに登山やにスキーなどのレジャーを体験できます。

詳しくは『タイ人留学生と行く初めての温泉町、宮城県「鳴子温泉」』の記事をご覧ください。

鳴子温泉郷観光協会
住所:宮城県大崎市鳴子温泉字湯元2-1
電話:0229-82-2102
公式HP:http://www.naruko.gr.jp

6.福島県「土湯温泉」

画像提供:土湯温泉協会

画像提供:土湯温泉協会

福島県の西部に位置する「土湯温泉」。ここには20軒近くの温泉旅館が集まっています。周辺には足湯や神社などの観光スポットがあり、少し足を伸ばすとサファリパークやイチゴ農園など家族で楽しめる施設が充実しています。

紅葉を楽しみながら、温泉に浸かり、名物料理の「キジ料理」や「こんにゃく」を味わってみてはいかがでしょう。

土湯温泉
住所:福島県福島市土湯温泉町字上ノ町1
電話:024-595-2217
公式HP:http://www.tcy.jp

東北地方の豊かな自然の中にある、紅葉と温泉

温泉を肌で感じ、紅葉の美しさを体全体で堪能できるスポットが東北にはたくさんあります。日本の秋を見て、触れて、感じる贅沢を味わってみませんか?

執筆者&翻訳者

 好奇心旺盛!  I am very curious.   
MATCHA

訪日外国人観光客向けwebマガジン
‘MATCHA’ をいいね!して日本の情報をチェックしよう。

関連記事

特集

ランキング

Loading...