どら焼きと言えばここ! 浅草の名店「亀十」

どら焼きと言えばここ! 浅草の名店「亀十」

生地とあんこの絶妙な組み合わせが美味しい和菓子の定番、どら焼き。名店「亀十」で並んででも食べたいどら焼きを食べてきました。

dora3

あのキャラクターも大好物!「どら焼き」とは

「どら焼き」という和菓子を知ってますか? この名前を聞くと、日本が誇る世界的キャラクターのネコ型ロボット「ドラえもん」を連想する方も多いのではないでしょうか。

世界で愛される「ドラえもん」の名前の由来となり、更にドラえもんの大好物とされるのが「どら焼き」。2枚のホットケーキのような生地にあんこを挟んだ、和菓子の代表格です。

並んでも買いたい!「亀十」のどら焼き

dora2

そんな、どら焼きの名店として有名なのが、浅草にある「亀十」というお店。休日ともなると長蛇の列ができ、売り切れの日も珍しくありません。

国内で幾つもの雑誌やテレビに取り上げられていることもあり、不動の人気を誇る「亀十」のどら焼き。並んでも食べる価値は十分にあります。

ふわっふわの生地と、絶妙な甘さの餡が上品な味わい。いくらでも食べてしまいそう。

店内には、どら焼以外の和菓子も盛りだくさん。かわいらしい飴細工は日持ちするので、おみやげにもお勧めです。

dora4

dora5

ちなみに、私の母が東京へ遊びに来たときに「亀十」のどら焼きをお土産として紹介したところ「東京にはこんなに美味しいどら焼があるのか!」と驚愕していました。その上、当時私が思いを寄せていた人を浅草に案内した時に、隅田川沿いで一緒に出来立てのどら焼きを食べ「浅草にはまっちゃった!」と言わしめた一品なのです。

そんな甘酸っぱい過去もひっくるめて、思い出深い「亀十」のどら焼き。みなさんの旅にも、そっと彩りを添えてくれる和菓子です。

Information

亀十

住所  :東京都台東区雷門2-18-11
最寄駅 :東京メトロ銀座線「浅草駅」2番出口より徒歩1分
電話  :03-3841-2210
営業時間:10:00~20:30
定休日 :不定休
公式HP :http://www.asakusa-noren.ne.jp/kamejyu/sp.html

執筆者&翻訳者

下町が好きすぎて下町に居を移してから早五年。会社の同僚と東京の右側の飲み屋をこよなく愛するサークル「東会」を結成。それだけでは物足りず、高校、大学時代の友達を東側に引きずり込むため日々努力中。誰とでも呑みに行きたいが、酒は弱い。
MATCHA

訪日外国人観光客向けwebマガジン
‘MATCHA’ をいいね!して日本の情報をチェックしよう。

関連記事

特集

ランキング

Loading...