夢が実現! 『みならいディーバ』の生ライブが開催!

夢が実現! 『みならいディーバ』の生ライブが開催!

これまでにゲネプロや緊急記者会見に潜入し、MATCHAで応援しつづけてきた『みならいディーバ(※生アニメ)』。アニメをリアルタイムで放送するという空前の試みで話題となった当番組が、9月22日に最終回&生ライブをサイエンスホールにて開催しました。生アニメの生ライブという前代未聞の最終回は、まさに『みならいディーバ』の集大成ともいえる2時間でした。

これまでにゲネプロや緊急記者会見に潜入し、MATCHAで応援しつづけてきた『みならいディーバ(※生アニメ)』。アニメをリアルタイムで放送するという空前の試みで話題となった当番組が、9月22日に最終回&生ライブをサイエンスホールにて開催しました。生アニメの生ライブという前代未聞の最終回は、まさに『みならいディーバ』の集大成ともいえる2時間でした。

前説には『みならいディーバ』総製作指揮を務めるニッポン放送アナウンサー・吉田尚記さんが登場。まだライブは始まっていないのに会場からは早くも熱い歓声が沸きました。まるでファンに愛されているアイドルのように迎えられた吉田さんは、持ち前の軽快なトークで会場をさらに盛り上げていきました。

01

ルリちゃんとウイちゃんが放送順に「ぽんこつプリンセス」、「ゴマ団子三姉妹」、続いて「ホッタイモイジルナYo!」を、初公開となるフルーバージョンで熱唱。

ルリちゃん役の村川梨衣さんとウイちゃん役の山本希望さんは、オーバーオールに浮き輪とライブらしかぬ出で立ちにもかかわらず、そんなことを気にするそぶりも見せずに全力で歌い上げていました。

モーションキャプチャーを通して村川さんと山本さんの動きが、背後のスクリーンに映されているウイちゃん、ルリちゃんにそのまま反映されていくのを見て、「本当に生でやっているんだ!」という実感が湧いていきます。

『みならいディーバ』の全楽曲の歌詞は、Twitterでアイデアを募り生放送中に制作されたもの。制作サイドだけではなく、世界中のファンと一緒に作り上げた曲には、観客(みならいバー)も大興奮。

MCでウイちゃんは「私たちやっとこの日を迎えることが出来ました!」、ルリちゃんは「これも一重にみなさんが応援してくれているおかげです! みなさんありがとうございます!」とそれぞれファンに感謝の意を伝えていました。

02

続いて、「良い報告ができなくて…」、ウイちゃんの謎の筋肉推しによってできあがった「筋肉に願いを」。そして、うなぎと結婚する白いご飯の心情を描いた不思議な曲「土用のウェディング」を熱唱。6曲目の「土用のウェディング」では、うなぎの動きをイメージしたダンスで会場をうっとり(ねっとり?)させました。

ちなみに5曲目の「筋肉に願いを」について、ライブ後のトークにてウイちゃん役の山本さんが、インターネットでボディービルダーの画像を集めて、どうやったら筋肉が綺麗に見えるかポージングの研究をしていたと明かしました。一見自由奔放すぎるこの番組でも、影の努力を惜しまなかったことが伺えます。

003

MCでウイちゃんが、おなじみのセクシーポーズで会場を沸かせた後、「真面目に作ったはずの歌詞がただのラノベなんだが」、「放課後怪盗ディーバ」、そして「現実逃避ラプソディー」と続きます。

10曲目の「現実逃避ラプソディー」は、前の2曲とは打って変わり、心地よい曲調ながら、現代社会の過酷さを謳ったとても胸が痛む曲。みならいバーの「会社には~席がない~」のような悲しいコールが会場に響き渡り、なんとも切ない雰囲気を醸し出していました。

05

MCにて2人が漫才師顔負けのトークを披露した後に歌ったのが、『みならいディーバ』のオープニング曲「Run Diva Run」ここで会場の熱気も最高潮に。

史上初の生アニメの生ライブ。それはみならいバーにとっても史上初です。初めはまさに「てさぐり」状態で即席コールを打っていたみならいバーでしたが、ここまでくるとシンクロ率MAXに。バーチャルディーバの2人と会場の全員が渾然一体となって最後の曲を全力で駆け抜けていきす。

ED全9曲とOP曲をすべて歌い上げ、ここでライブも終了かと思われたのも束の間、掛け合いパートで「アンコールが聞こえてこない?」と2人が耳を澄ませるシーンが。これに呼応するようにみならいバーが、会場が割れんばかりの「アンコール!」の大喝采。

そして、2人はみならいディーバに関わったすべての人たちに感謝の気持ちを込めたアンコール曲「Encore」を。スクリーンには回想シーンが流れ、さまざまなエピソードが浮かびあがります。ウイちゃんを演じる山本希望さんが感極まって思わず涙を流すシーンがあり、これにはみならいバーも目頭を熱くさせました。

ライブ後には、みならいバーが見守る中で、山本さんと村川さんの記者会見が行われました。最初に『みならいディーバ』のお話を聞いたとき、どういう印象を受けたのかという質問には、村川さんの第一印象は「へ~楽しそう~!」で、ライブを終えて「楽かったな!」に変わったと語りました。

山本さんは最初にマネージャーさんから『みならいディーバ』の企画内容を聞いたとき、どういうものなのか一切分からなかったそうです。でも「やった! 新しい仕事だ! フフーン♪」とポジティブに受け止めたと明かしました。

続いて、「何が一番大変でしたか?」というファンからの質問には、脱着と尺を考えることとが挙がりました。山本さんは、生放送かつ50分という長い放送で、間延びしないように気を付けていたそうです。

見事大成功のうちに幕を閉じた今回のライブ。ついにライブが終わり、これで『みならいディーバ』ともお別れか……と思われたみなさん! なんと12月21日(日)六本木ブルーシアターにて2ndライブが開催されることが決定しました!

04

このライブに参加したみならいバーも参加できなかった方ももう一度ウイちゃん、ルリちゃんに会えるチャンスです。更なる進化を遂げた『みならいディーバ』に期待しましょう!

みならいディーバ公式サイト:
http://minaraidiva.jp/
みならいディーバTwitter:
https://twitter.com/Minarai_Diva
みならいディーバBD・DVD第一巻:
http://canime.jp/cgi/page/detail/display/201400000797/001/?rltskhbng=10000501&page=1#tab01
オープニングテーマ「Run Diva Run」 iTunes:
https://itunes.apple.com/jp/album/sheng-fang-songanime-minaraidiba/id897849356

執筆者&翻訳者

1995年生まれ。宮城県出身。オタク国際交流をテーマに色々と活動中。
MATCHA

訪日外国人観光客向けwebマガジン
‘MATCHA’ をいいね!して日本の情報をチェックしよう。

関連記事

特集

ランキング

Loading...