Stay Safe in Japan Update: 21/09/2018, 19:14


More Information

江戸時代から続く”日本の心”!美しき江戸切子の世界

江戸時代から続く”日本の心”!美しき江戸切子の世界

東京 2014.11.26 お気に入り

江戸切子(えどきりこ)とは、江戸時代の後期に生まれた、ガラスに繊細な文様を入れる伝統工芸品のこと。 江戸大伝馬町のビイドロ屋、加賀屋久兵衛(かがや きゅうべえ)が透明なガラスに砂を付け、ヤスリで研磨する独特の方法でガラスを彫刻したのが始まりと言われています。

ライター MATCHA-PR

Pocket LINE
本記事の情報は取材・執筆当時のものです。記事公開後に商品やサービスの内容・料金が変更となる可能性があります。ご利用の際は改めてご確認ください。

関連トピック

Pocket LINE