30秒でできる! 手作り「箸置き」でスマートな食事を

30秒でできる! 手作り「箸置き」でスマートな食事を

居酒屋などでその場で簡単に作ることができる「箸袋」の折り方をご紹介します。簡単なのに上品にみえる箸袋、ぜひ試してください。

箸袋で作る箸置きの作り方1

日本では食事をする際に、箸(はし)を立てかける「箸置き」を使用する文化があります。これは、箸が直接テーブルに触れて不潔になるのを防ぐのと同時に、箸先についた食べかすがテーブルの表面につくのを防ぐ目的があります。

箸袋で作る箸置きの作り方2

このように、箸の先(細くなったほう)を箸置きの上に置いて使用します。日本では皿やテーブルの上ではなく、箸置きに箸を置くほうが、マナーがよいと考えられています。

自宅で食事する時や、高級な料亭などに行けば箸置きがたいてい用意されています。けれども居酒屋やレストランでは箸置き用意されていないこともしばしば。

そこで今回は、そんな時に便利な、自分でできる「箸置きの作り方」を紹介します!

箸袋で作る箸置きの作り方3

使うのは、箸が入っているこの箸袋。日本のたいていの飲食店では、このような袋に入った状態で、箸が配られます。

基本的に紙でできていて、加工も簡単。これを折り紙のように折って箸をつくります。

さっそく始めてみましょう!

①縦半分に折る

まず、箸袋を縦半分に折ります。

箸袋で作る箸置きの作り方4

次に折り目が下になるように持ってください。

箸袋で作る箸置きの作り方5

②斜め45度に折る

次に、箸袋の右側が上になるように、箸袋の真ん中を斜め45度に折ります。

箸袋で作る箸置きの作り方6

このように、重なっている部分で直角ができればOKです。

③端と端を合わせる

箸袋で作る箸置きの作り方7

そして、箸袋の先と先を合わせるようにくるっと曲げます。このときに、左側の端の間に、右側の端を直角になるように入れ込みます。

箸袋で作る箸置きの作り方8

このような形になります。

④三角に折る

箸袋で作る箸置きの作り方9

そうしたら、この直角の部分を内側に三角形に折ります。

重なっている部分が正方形になっているので、それをきれいに半分になるように折るのがポイントです。

⑤できあがり

箸袋で作る箸置きの作り方11

完成!

口のようになっている部分に箸の先を置いて使います。

箸袋で作る箸置きの作り方12

さりげなくササッと箸置きを作ってしまえば、飲み会の場で注目が集まること間違いなし!

執筆者&翻訳者

A Japanese girl who loves Japanese Rock music especially L'Arc-en-Ciel and VAMPS! L'Arc-en-Ciel、VAMPSをこよなく愛する20代です。全国どこでもライブを見に飛び回ってます。出身は山口県下関市です。 日本のロックミュージックと山口の知られていない魅力を中心に、様々な魅力を世界に発信していきたいと思います!
MATCHA

訪日外国人観光客向けwebマガジン
‘MATCHA’ をいいね!して日本の情報をチェックしよう。

関連記事

特集

ランキング

Loading...