一点物の商品にときめく時間を。京都・下鴨神社「森の手づくり市」

一点物の商品にときめく時間を。京都・下鴨神社「森の手づくり市」

世界遺産にも登録されている京都市左京区「下鴨神社」。京都市民の憩いの場としても知られています。そんな下鴨神社の敷地内に広がる「糺(ただす)の森」では、数ヶ月に一度「森の手作り市」というイベントが開催されます。

世界遺産にも登録されている京都市左京区「下鴨神社」。京都市民の憩いの場としても知られています。

そんな下鴨神社の敷地内に広がる「糺(ただす)の森」では、数ヶ月に一度「森の手づくり市」というイベントが開催されます。

tedukuriichi

一点物の商品が集まる市場、森の手づくり市

森の手づくり市は、出展者がそれぞれ「手づくりの品」を持ち寄り販売する、マーケットイベントです。

参加者の中に本業としてものづくりをしている職人さんは少数で、多くは趣味で品物を作っている関西の主婦や学生の方だそうです。

しかしいくら趣味とはいえども、その商品のクオリティーをあなどってはいけません! どれもデザイン性の高い物や品質がいい商品ばかりで、開催されると毎回大勢の人でいっぱいとなります。

しかもどのお店の商品も手づくりなので、同じ商品はこの世に2つとしてない一点物です。

そんな森の手づくり市の店舗数は開催2日間で400店舗以上! 一体、どのようなお店が出店されているのでしょうか。

作り手の想いが詰まった小物たち

森の手づくり市は、特に小物を扱う店舗がバリエーション豊富です。

tedukuriichi

例えば、こちらのインテリア小物のお店。

このお店の奥さんは、小学生の娘さんと一緒にサボテンの植え付けをしておられるのだとか。買ってくれた人がお部屋に飾ってくれたらいいなーと笑顔で話しながら、娘さんもお店の接客を手伝っていました。

tedukuriichi

こちらは手づくりカバンのお店。

「長く使ってもらえるように」という願いを込めて、丈夫な生地を使用し、型崩れのないよう中敷きも敷かれています。

商品のよさはもちろんのこと、店主である奥さんとの楽しい会話もこの店の魅力のひとつ。ときには人生相談にも乗ってくれるので、いつ来てもお客さんでいっぱいです。

この日も「うちの息子は食べ物の好き嫌いが多くて困っちゃう」なんて世間話に花が咲きました。

このような人と人とのふれ合いも、「森の手づくり市」が愛される理由です。

tedukuriichi

最後に皮小物を扱うこちらのお店を紹介します。

「お客さんにいいもので作られた小物を使って欲しい」というご主人の思いから、わざわざ他県から取り寄せた貴重な牛の皮を使って品物を作っています。

小物とは、日常で使う小さいアイテムやアクセサリーのことを総称した言葉です。この「小物」という単語、実は日本特有の言葉であるということを知っていましたか?

なくても生きてはいけるけれど、あったほうが毎日がより豊かになる。そんな生活の脇役である小物を、日本人は昔からこだわりを持って作り続けてきました。

デザインや品質、作り方にまでこだわる日本人の小物への愛情を「森の手づくり市」では感じることができます。

全てのお店のメニューを制覇したくなる!
森のグルメを堪能しよう

ショッピングでちょうどお腹がすいてきたところに漂う、オムライス、丼物、ピザなどの香り。森の手づくり市は、小物だけでなく食べ物のメニューも充実しているんです。

tedukuriichi

この店はソースやトッピングの組み合わせが楽しめる、ワゴン販売のパンケーキ屋さんです。

tedukuriichi

レモンの果実がごろっと入ったレモネード。普段よく飲むドリンクなのに、糺(ただす)の森の緑の下だったからでしょうか、いつもと違った新鮮さを感じました。世界遺産に登録されている神社の森で、飲食が許されるなんて滅多にないことですよね。

また食べ物販売はワゴン車のお店だけではなく、テントのお店でも展開されています。

tedukuriichi

tedukuriichi

tedukuriichi

クッキーやジンジャーシロップ、ジャムなどを販売するお店。素朴だけれどどこか懐かしい、そんな食べ物を取り揃えています。

お店のご主人が、この商品を使った料理レシピをお客さんに教えることも多いのだとか。料理食べたさに商品を買ってくれるお客さんも多い、とご主人は嬉しそうに話しておられました。

魅力的なお店が多い森の手づくり市では、訪れたお客さんがどれを買おうかお店の前で長時間迷ってしまう、なんて姿もよく見かけられます。

見て・買って・食べて楽しい市場

tedukuriichi

世界遺産に登録された神社の森の雰囲気を楽しむもよし、お気に入りの小物を見つけるのもよし、美味しそうな食べ物を食べるもよし。

この市場にはたくさんの楽しみ方があります。

多様な楽しみ方があり「手づくり」というコンセプトがあるからこそ、この市場には沢山のファンがいるのだと、取材を通じて感じました。老舗のハイブランドではカバーしきれない、手づくりの「ほっこりとした温かさ」が、人を引き寄せるのでしょう。

そんな森の手づくり市は不定期開催です。次回開催情報は公式HPで公開されるので、気になった方はチェックしてみてくださいね。

Information

森の手づくり市

住所:〒606-0807 京都市左京区下鴨泉川町59
最寄り駅:京阪「出町柳駅」
アクセス:京阪「出町柳駅」から徒歩12分
公式HP:森の手づくり市

執筆者&翻訳者

島根と京都が大好きな18歳。
MATCHA

訪日外国人観光客向けwebマガジン
‘MATCHA’ をいいね!して日本の情報をチェックしよう。

関連記事

特集

ランキング

Loading...