創業400年!バージョンアップが止まらない有田焼の魅力

創業400年!バージョンアップが止まらない有田焼の魅力

「トンバイ塀」と呼ばれる解体した登り窯(のぼりがま:陶磁器等を大量に焼成するために、斜面等の地形を利用して作られた窯)のレンガや窯道具などの廃材を利用した塀は、佐賀県の有田という地域で至る所で見ることができます。 それもそのはず、白く透きとおるような地肌に、華やかで繊細な絵付けが施されている「有田焼」というやきものが約400年前から作られ続けている地域だからです。

IMG_6075

IMG_6082

このレンガでできた塀は「トンバイ塀」と呼ばれるもの。解体した登り窯(のぼりがま:陶磁器等を大量に焼成するために、斜面等の地形を利用して作られた窯)のレンガや窯道具などの廃材を塀に利用したものです。ここ佐賀県の有田という地域では、この塀を至る所で見ることができます。

それもそのはず、白く透きとおるような地肌に、華やかで繊細な絵付けが施されている「有田焼」というやきものが約400年前から作られ続けている地域だからです。

「有田焼」と聞いて何を思い浮かべますか?

「有田焼ってやきもの?聞いたことはある。でも高級で古い感じの茶碗でしょ」そう思ってる方いませんか? そんなあなたに有田焼の知られざる魅力をご紹介します。

IMG_5175

IMG_5163

こちら、伝統文化の交流プラザ「有田館」で見ることのできる、有田焼で作られたカラクリ人形劇です。着物のひだまでやきもので表現された人形の動き、仕掛けに驚かずにはいられません。他にも……

IMG_0726
写真撮影場所:佐賀県立九州陶磁文化館

佐賀県立九州陶磁文化館にあるトイレや地元の陶山神社の鳥居や狛犬など、「有田焼」でできているものは茶碗だけではないのです!

<参考>
歴史と伝統と未来が見える焼き物の里「有田」へようこそ

次のページでは、有田焼の魅力について説明していきます。
1 23

執筆者&翻訳者

海に潜ったり、仏像を見たり、世界中を旅するのが大好きな日本人です。特にお気に入りの仏像は奈良県中宮寺の弥勒菩薩です。今年はさらに50体以上の仏像を拝観したいです!
MATCHA

訪日外国人観光客向けwebマガジン
‘MATCHA’ をいいね!して日本の情報をチェックしよう。

関連記事

特集

ランキング

Loading...