記事

日本で!アジアで!人気の天然とんこつラーメン専門店「一蘭」

エリア
福岡
date

天然とんこつラーメン(※1)の専門店「一蘭」は、国内だけでなく海外にまで店舗が拡大している、人気店です。

ichiran_ikebukuro_20151113j

その中でも今回は駅から徒歩5分の池袋店を紹介します。池袋といえば、秋葉原に負けないくらいオタク文化が進化しており、訪日観光客がよく集まる街の一つでもあります。そのためか最近では買い物帰りに一蘭に足を運ぶ人も増えて、訪日観光客もますます増えているのだそうです。

※1:とんこつラーメン……豚の骨を、長時間もしくは高圧高熱で煮込み、骨髄から出る旨味成分をスープの出汁として使用するラーメンのこと。

多言語対応の食券機

ichiran_ikebukuro_20151113j

店に入ると、店内の混雑状況を確認することができる空席案内板があります。その両脇には暖簾(のれん:商店の軒や店先に、主に日よけのために張る布)がかかっていて、そこをくぐると席があります。

ichiran_ikebukuro_20151113b

席に着く前にまずは食券を買いましょう。券売機は店に入って右側にあり、日本語、英語、中国語(繁体字)、韓国語の4ヶ国語で表記されていて写真も載っています。メインのメニューはとんこつスープの「天然とんこつラーメン(創業以来)」(890円)のみで、とんこつラーメンに特化した店であることがよくわかります。

ichiran_ikebukuro_20151113d

また食券機の上には使い方のガイドがあり、食券機の絵とともに使用順序の番号が振ってあるので便利です。

味集中カウンター

ichiran_ikebukuro_20151113c

食券を買ったあとは空席案内板を見て空いている席に座ります。池袋店では「味集中カウンター」と呼ばれる、一人ずつ仕切られたカウンターのみになっています。このカウンターは、ラーメンを味わうことに集中するために編み出された特注のカウンターです。

ichiran_ikebukuro_20151113e

席に着いたら味の濃さや麺の固さなど7項目を選択するオーダー用紙があるので記入してスタッフに渡しましょう。初めての方には基本をオススメします。次に来るときに好みの味に調節してみてください。

トランス脂肪酸ゼロ!天然とんこつラーメン

ichiran_ramen_01

それでは実際にラーメンを食べてみましょう。この白濁したスープには、天然のコラーゲンがたっぷり入っているのが特徴です。濃厚でまろやかなとんこつスープですが、とんこつ独特の臭みもなくあっさりしている上に、なんと世界初のトランス脂肪酸ゼロのラーメンとのこと。身体に安心して食べられるからか、スープを最後まで飲み干している人も多いようです。

麺が細いストレート麺であるのも特徴的で、ツルツルと喉を通っていき食べやすいです。細麺でもしっかりとしたコシを感じることができ、スープとも相性が非常に良いので何度口に運んでも飽きません。

上に乗っている赤い「秘伝のたれ」は、唐辛子を基本に30種類以上の材料を調合した特製のもの。溶かしていくごとに辛味だけでなく、スープの甘みも引き立ててくれます。これもオーダー用紙で量を選択できるので、辛いものが苦手な人は入れない、得意な人は2倍にする、と好みで調整できます。

替玉について

ichiran_ikebukuro_20151113m

食べ終わった後さらに麺を食べたいという方のために「替玉」(190円)というものがあります。替玉とは追加の麺のことです(スープや具の追加はありません)。注文の方法は食券機であらかじめ買っておくこともできますが、席で追加することもできます。その場合には先ほどのオーダー用紙の2枚目に替玉について記されているので、替玉のところに好みの固さを選んで注文しましょう。

あともう少しだけ食べたい方のために半分の量の「半替玉」(130円)というものもあります。もちろんその他のメニューも追加で注文できます。席では現金でも注文できるので、お金の準備を忘れないようにしてください。

ichiran_ikebukuro_20151113h

注文する際はカウンターの左隅にあるボタンを押すとスタッフが来るので現金をオーダー用紙の2枚目とともに渡してください。また箸で食べにくい場合はラーメン用のフォークもあるので、使いたい方はスタッフに伝えると良いでしょう。

終わりに

一蘭池袋店は多言語表記以外にも、スタッフのなかに常駐はしていませんが英語や中国語を話せるスタッフがいるので困った際には声をかけてみてもよいでしょう。

ichiran_ikebukuro_20151113k

おみやげの商品も販売されているので、一蘭の味を母国でも楽しみたい方は購入してみてはいかがですか。

Information

一蘭 池袋

住所:東京都豊島区東池袋1-39-11 
営業時間:24時間
定休日:なし
言語対応レベル:英語、中国語(常駐はしていない)
他言語メニューの有無:有 英語、中国語(繁体字)、韓国語
最寄り駅:池袋駅(JR山手線、JR埼京線、JR湘南新宿ライン、東京メトロ丸ノ内線、東京メトロ有楽町線、東京メトロ副都心線、東武東上線、西武池袋線)
アクセス:池袋駅東口から徒歩5分
価格帯:〜1,000円
電話番号:03-3989-0871
公式HP:一蘭 池袋店

本記事の情報は取材・執筆当時のものです。記事公開後に商品やサービスの内容・料金が変更となる可能性があります。ご利用の際は改めてご確認ください。