記事

今さら聞けないラーメン、つけ麺、油そば(まぜそば)の違い

date

今や日本を代表する食品として認知されるようになったラーメン。もともと中国から伝わってきた食品ですが、日本でも長い間愛され、独自の進化を遂げました。

現在ではラーメンから派生して、つけ麺や油そばなどさまざまなメニューが生まれました。

今回は、違いが分かりにくいと感じられがちなラーメンつけ麺油そば(まぜそば)の、今さら聞けない違いとそれぞれの特徴について解説します。

ラーメンとは?

howto_men_20160111b

ラーメンは、麺がスープに浸かっているのが特徴です。

もともとは細めの縮れた麺が多かったのですが、最近では太めでもっちりとした食感、小麦の味を楽しめるような麺が流行しているようです。スープも醤油、塩、味噌、豚骨、ピリ辛のものなど何種類もの異なるベースがあり、それに合わせて麺の種類も変わることが多いです。

うどんやそば、タンメンやちゃんぽん麺など、ラーメンによく似た食品はいくつもありますが、海外の方が見た目でその違いを判断するのは、やや難しいかもしれません。看板やメニューでチェックするのが確実です。

スープの味がしっかりと浸み込んだ麺の味わいを楽しめますし、スープと麺を同時に楽しむことができるため、根強いファンの多いメニューです。

参考記事:日本のことば事典「ラーメン」より

Next Page 次は、つけ麺とまぜそばについて説明します。
disable 1 / 2 2
本記事の情報は取材・執筆当時のものです。記事公開後に商品やサービスの内容・料金が変更となる可能性があります。ご利用の際は改めてご確認ください。