記事

日本伝統の調味料×人気沸騰中の日本食、池袋の味噌ラーメン店3選

エリア
東京
date

日本の伝統的調味料"味噌"(※1)。

「味噌は医者いらず」といわれているほど様々な効果を持つ健康食品でもあり、一説には1300年もの歴史を持っているとも言われています。そんな日本の味噌は、訪日旅行客に大人気の「ラーメン」とも相性抜群。

今回は"ラーメンの聖地"池袋で人気の味噌ラーメンの名店を紹介します。オーソドックスな味噌ラーメンから少し変わった味噌ラーメンまで、好みに合わせて選べる3点をピックアップしました。

味噌(みそ):日本古来の大豆を発酵させた調味料

1. 超濃厚味噌!「味噌屋せいべえ」

seibe_ikebukuro_20151215b

まず最初に紹介する店はこちら「味噌屋せいべえ」。池袋西口から徒歩3分のところにあり、派手な看板が目印になっています。

seibe_ikebukuro_20151215e

英語と中国語対応のメニューがあり、写真も載っています。

seibe_ikebukuro_20151215a

せいべえの看板メニューである「濃厚味噌ラーメン」(750円)。こんもりと綺麗に盛られたもやしやキャベツは、味噌ラーメンの定番トッピングです。生野菜の甘みと味噌の風味が相性ぴったり! またスープは豚骨の旨味を活かした超濃厚味噌味で、豚骨の臭みを味噌が適度に抑えてくれています、。注文の際に味の濃さを調節することができ、海外の方には薄めをオススメしているそうです。

お店の方によると、味噌ラーメンは最初にトッピングとスープを混ぜてからいただくのがオススメとのこと。そうすることで味噌スープに野菜の甘みが加わり、さらに野菜のシャキシャキとした食感がマッチしてより一層美味しくいただくことができるのだとか。味噌ラーメンをいただく際には試してみてください。

さらにせいべえではご飯を無料で提供してくれます。味噌スープは麺だけでなくご飯にもよく合います。

参考記事:池袋で美味しい味噌ラーメンといえばここ!「味噌屋せいべえ」

2. 刺激が欲しければここ!「蒙古タンメン中本」

nakamoto_higasiikebukuro20151109a

次に紹介する味噌ラーメン店はこちらの「蒙古タンメン中本」。蒙古タンメン中本といえば、街なかでも目を引くその真っ赤な看板と、人気の激辛ラーメンが非常に有名です。普通のラーメンに飽きた人や辛いものが好きな人にオススメしたいラーメン店です。

nakamoto_higasiikebukuro_20151109c

こちらでは味噌風味の「タンメン」をメインに、メニューによって1〜10まで10段階の辛さ設定されています。今回取り上げるのは看板メニューの「蒙古タンメン」(800円)、辛さ5のメニューです。特製の辛い麻婆豆腐が上掛けされており、唐辛子の効いたスープに溶けこませると、一層強烈な辛さを楽しめます。

麻婆豆腐の辛さがクセになり、日本国内にも熱烈なファンを抱えています。スープが辛い分、豚肉や野菜の甘みを感じられる点も魅力。

辛いものが好きな人はぜひチャレンジしてみてください。

参考記事:辛いもの好きは必見!激辛だけど美味い!「蒙古タンメン中本」

3. 辛さとシビれで病みつきに?!「カラシビ味噌らー麺 鬼金棒」

kikanbo_ikebukuro_20151129c

「辛さ」だけでなく、心地良い舌の「シビれ」も感じられるラーメン店「カラシビ味噌らー麺 鬼金棒」。先ほど紹介した「蒙古タンメン中本」の近くに位置し、店頭の大きな金棒が特徴的です。

kikanbo_ikebukuro_20151129e

kikanbo_ikebukuro_20151129g

鬼金棒では唐辛子の辛さを示す「カラ」と山椒のシビれを示す「シビ」をそれぞれ5段階で選択することができ、5×5=25種類の中から自分好みにカスタマイズできます。お店の方は、初めて訪れる人に「少なめ」をオススメしているそうです。

kikanbo_ikebukuro_20151129b

こちらで紹介するのは「カラシビ味噌らー麺」(800円)です。山椒のシビれは非常に独特で舌がピリピリして麻痺しているような感じがします。しかしこれが病みつきになってリピーターが多いのだとか。

山椒だけではありません。「3種混合麺」と呼ばれる太さが異なる麺や、非常に甘くそして柔らかに煮込まれた肉厚のチャーシューなども特徴です。

またここではパクチーがたっぷり入ったラーメンもあるので、パクチーが好きな方は試してみてください。

参考記事:美味い!辛い!シビれる!アジアで人気の味噌ラーメン「鬼金棒」

まとめ

味噌ラーメンといっても様々な味噌ラーメンがありましたね。気になったラーメン店があったらぜひ足を運んでみてください。

参考記事:日本で話題沸騰中の池袋ラーメン店3選
     並んででも食べたい池袋の超人気ラーメン店3選

Information

味噌屋せいべえ 池袋西口店

住所:東京都豊島区西池袋1-34-4
営業時間:11:00〜翌朝07:00(L.O.06:30)
定休日:無
Wi-Fi環境:-
クレジットカードの有無と種類:-
言語対応レベル:常駐はしていないが中国語を話せるスタッフがいます
他言語メニューの有無:あり 英語,中国語
最寄り駅:池袋駅(JR山手線、JR埼京線、JR成田エクスプレス、JR湘南新宿ライン、東京メトロ丸ノ内線、
東京メトロ有楽町線、東京メトロ副都心線、東武鉄道東上本線、西武鉄道池袋線)
アクセス:池袋駅北口から徒歩約3分
価格帯:〜999円
宗教情報:-
電話番号:03-6907-0095
公式HP:味噌屋せいべえ 池袋西口店

蒙古タンメン中本 東池袋

住所:東京都豊島区東池袋1-12-15 近代グループ第二ビル 1F
営業時間:10:00~翌2:00
定休日:なし
Wi-Fi環境:-
クレジットカードの有無と種類:不可
言語対応レベル:-
他言語メニューの有無:-
最寄り駅:池袋(JR、東京メトロ、東武東上線、西武池袋線)
アクセス:「池袋駅」東口から徒歩5分
価格帯:~1,000円
宗教情報:-
電話番号:03-5954-1123
公式HP:蒙古タンメン中本 東池袋

カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 池袋店

住所:東京都豊島区東池袋1-13-14
営業時間:11:00〜22:00
定休日:無
Wi-Fi環境:-
クレジットカードの有無と種類:-
言語対応レベル:英語,中国語 (常駐はしていない)
他言語メニューの有無:有 (英語,中国語)
最寄り駅:池袋駅 (JR線,東京メトロ丸の内線,副都心線,東武東上線,西武池袋線)
アクセス:「池袋駅」東口から徒歩約6分
価格帯:〜1,250円
宗教情報:-
電話番号:03-5396-4202
公式HP:カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 池袋店

本記事の情報は取材・執筆当時のものです。記事公開後に商品やサービスの内容・料金が変更となる可能性があります。ご利用の際は改めてご確認ください。