記事

ラーメン屋で使える!便利な日本語フレーズ9選

date

ラーメン・つけ麺をおいしく食べよう

日本旅行の際、ラーメンを食べたいと考えている人は多いのではないでしょうか。最近ではラーメンのほかにも、つけ麺の人気も高まっています。

今回は、ラーメン屋で使える、便利な日本語フレーズを紹介します。本記事のフレーズを練習して、おいしいラーメンとつけ麺を食べてみましょう!

※このページで使われている [ ] の中の発音の読み方については、日本語の基本情報・日本の英語事情・日本語の発音についてをご覧ください。

まずは注文!

店に入ったらまずは注文。券売機でチケットを買う場合と、席でメニュー票を見ながら注文する場合の2パターンにわかれます。

基本的に券売機は入り口付近にあるので、見当たらない場合は店員の方に聞いてみましょう。

ラーメン屋によって注文方法が異なる、ということを頭に入れておくと安心です。

1.オススメは何ですか?

[osusumewa nandeska]

初めてラーメン屋に行く時、どのラーメンを食べたらいいか、迷ってしまう方はいませんか? そんなときはこのフレーズを使って、店員の方にオススメのラーメンを聞いてみましょう

2.これは、どんな味ですか?

[korewa donna ajideska]

ラーメンには醤油や塩、豚骨(とんこつ)など、さまざまな味があります。

どんな味のラーメンなのかわからないときは、このフレーズを使って聞くことができます。

3.「硬さはどうしますか?」-かため/ふつう/やわらかめ

ラーメン屋によっては、麺の硬さを聞かれることがあります。聞かれたときには、自分の好みの硬さを答えてみましょう。

麺の硬さ

かため[katame]

ふつう[futsu:]

やわらかめ[yawarakame]


硬さはどうしますか?

[katasawa do:shimaska]

ーふつうでお願いします。

[futsu:de onegaishimas]

4.「濃さはどうしますか?」ー濃いめ/ふつう/薄め

麺の硬さ同様、ラーメン屋によってはスープの濃さを聞かれることがあります。

濃いめ[koime]

ふつう[futsu:]

薄め[usume]


濃さはどうしますか?

[kosawa do:shimaska]

ー濃いめでお願いします。

[koimede onegaishimas]

5.〇〇をトッピングしてください。

[〇〇o toppingu shitekudasai]

〇〇に追加したい具材を入れて、トッピングを増やすことができます。多くのラーメン屋では追加料金を払うことでトッピングしてもらえます。

以下によくあるトッピングをまとめました。

チャーシュー [cha:shu:]
:豚肉のかたまりにタレを塗って焼いたもの。

メンマ [menma]
:蒸したタケノコを塩漬けにし、発酵させて作るもの。

海苔(のり) [nori]
:海藻を干して乾燥させたもの。

ネギ [negi]
:独特の香りや辛味がある、薬味のこと。

味玉 [ajitama]
:タレにつけて味を染み込ませた茹で卵のこと。


ネギをトッピングしてください。

[negio toppingu shitekudasai]

チャーシューをトッピングしてください。

[cha:shu:o toppingu shitekudasai]

6.大盛りにできますか?

[o:morini dekimaska]

たくさん食べたいときに、麺の量を増やしたいことを伝えるフレーズです。

また、

少なめにできますか?

[sukunameni dekimaska]

と言うと、麺を減らしてくれる店もあります。

7.あつもりでお願いします。

[atsumoride onegaishimas]

こちらはつけ麺を頼んだときに使う日本語フレーズです。

つけ麺の麺は、茹で上がった麺をいったん冷水で締めるため、冷たいことが多いです。麺も温かい状態で食べたい場合は、このフレーズを使いましょう。冷水で締めた麺を、もう一度お湯に通して温めてくれます。

ラーメン・つけ麺をさらに楽しもう

8.替え玉お願いします。

[kaedama onegaishimas]

お店によっては、食べ終わったあとに麺を追加で注文できる「替え玉」というサービスがあります。「もっと食べたい!」と思ったときは、このフレーズを使って替え玉をお願いしてみましょう。

替え玉は無料の店と追加料金を払う店があるので、店員の方に確認してください。

9.スープ割りください。

[su:puwari kudasai]

こちらもつけ麺を頼んだときに使うフレーズです。

つけ麺のスープは、麺を絡めて食べるため、濃い味付けになってます。そのまま飲むと非常に濃いですが、麺を食べ終わったあとにスープ割をすると、スープも楽しむことができます。

店によって、スープ割りがポットに入った状態で置かれていたり、店員さんに声をかけて入れてもらう必要があるなど、やり方が異なります。わからない場合は店員さんに聞いてみてください。

復習

1.オススメは何ですか?
[osusumewa nandeska]

2.これは、どんな味ですか?
[korewa donna ajideska]

3.「硬さはどうしますか?」-かため/ふつう/やわらかめ
[katame/futsu:/yawarakame]

4.「濃さはどうしますか?」ー濃いめ/ふつう/薄め
[koime/futsu:/usume]

5.ネギをトッピングしてください。
[negio toppingu shitekudasai]

6.大盛りにできますか?
[o:morini dekimaska]

7.あつもりでお願いします。
[atsumoride onegaishimas]

8.替え玉お願いします。
[kaedama onegaishimas]

9.スープ割りください。
[su:puwari kudasai]

いかがでしたか? 日本を訪れたら、自分好みのラーメンやつけ麺を注文して楽しみましょう!

本記事の情報は取材・執筆当時のものです。記事公開後に商品やサービスの内容・料金が変更となる可能性があります。ご利用の際は改めてご確認ください。