佐賀観光

佐賀観光

日本人はよく「大したことないよ」と謙遜します。でも、それを真に受けて期待しないでいると、驚くべきものが出てくることがよくあります。「自慢しないのが美学」、そんな日本人気質のかたまりのようなところが、九州の北部に位置する「佐賀県」です。実は、ここ、「行ってみたら、すごかった」んです。17世紀にヨーロッパの王侯貴族を魅了した磁器があったり、温泉の変わった楽しみ方があったり…。きっと、さまざまな驚きと出会えるはず。あなたも「佐賀県」を旅してみませんか。

佐賀

鍋島小紋柄(なべしまこもんがら)折り紙から感じる、「草木を愛でる」和の心

鍋島小紋柄(なべしまこもんがら)折り紙から感じる、「草木を愛でる」和の心

紙を折ることで、さまざまなものを表現する「折り紙」。日本では、和紙の普及により庶民にも広がった伝統的な遊びのひとつです。 紙や柄にはさまざまな種類があります。 佐賀には佐賀の歴史にちなんだ折り紙の柄があります。鍋島小紋柄折り紙という、とても可愛い柄の折り紙です。

肥前浜宿

最高においしい日本酒が飲める場所 肥前浜宿

最高においしい日本酒が飲める場所 肥前浜宿

佐賀の酒造りの歴史的背景として、江戸時代に鍋島藩が酒造りを推奨していたことがあげられます。 県内のいたるところに酒蔵があり、面積に対する酒蔵の数は全国でもトップクラスです。鹿島市浜町(かしましはままち)は、江戸時代から酒造りが盛んです。今でもいくつかの酒蔵があり、「酒蔵通り」と呼ばれている通りもあります。

嬉野

日本三大美肌の湯「嬉野温泉」ってこんなとこ!

日本三大美肌の湯「嬉野温泉」ってこんなとこ!

嬉野温泉は古くから長崎街道の宿場町として栄え、「湯の泉は人の病を治す」と知られていました。 それもそのはず、泉質はナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉であり、水素イオン濃度は弱アルカリ泉(pH7.5-8.5)。この温泉成分が、リューマチ、神経痛、皮膚病、婦人病、貧血症、切り傷、呼吸疾患などに効くと言われています。 そして、ナトリウムを多く含む重曹泉による「ぬめりのあるお湯」は、角質化した皮膚をなめらかにし、みずみずしい肌をよみがえらせるそうです。これが「美肌の湯」と言われる所以です。

豆腐がとろとろに溶ける! 佐賀・嬉野の絶品温泉湯どうふ

豆腐がとろとろに溶ける! 佐賀・嬉野の絶品温泉湯どうふ

佐賀県に来たら欠かせないのが温泉湯豆腐。湯豆腐は出汁をとったお湯で豆腐を煮込むシンプルな和食。佐賀県は日本でも5本の指に入る大豆の生産地であり、豆腐は昔から多くの地元民に親しまれています。佐賀県嬉野市にある嬉野温泉は、弱アルカリ性の重曹泉で美肌の湯としても有名ですが、その温泉水を使った「温泉湯豆腐」が絶品なんです!

有田

歴史と伝統と未来が見えるやきものの里「有田」へようこそ

歴史と伝統と未来が見えるやきものの里「有田」へようこそ

陶山神社(すえやまじんじゃ/「とうざんじんじゃ」と呼ばれることも多い)は佐賀県有田町にある神社です。 ここ有田は「有田焼」という焼き物で、日本だけではなく、世界的にも有名な地域です。今回はブラジルからやきものを勉強しにきている私、Sebastiao Pimenta (ピメンタ)が有田の歴史について紹介させていただきます。

創業400年!バージョンアップが止まらない有田焼の魅力

創業400年!バージョンアップが止まらない有田焼の魅力

このレンガでできた塀は「トンバイ塀」と呼ばれるもの。解体した登り窯(のぼりがま:陶磁器等を大量に焼成するために、斜面等の地形を利用して作られた窯)のレンガや窯道具などの廃材を塀に利用したものです。ここ佐賀県の有田という地域では、この塀を至る所で見ることができます。 それもそのはず、白く透きとおるような地肌に、華やかで繊細な絵付けが施されている「有田焼」というやきものが約400年前から作られ続けている地域だからです。

唐津

唐津城天守閣から感じる唐津の風と歴史と風景

唐津城天守閣から感じる唐津の風と歴史と風景

唐津城。佐賀県唐津市にある城です。 派手な外観ではないけれど、凛とした美しさがあり、春になれば薄紫色の藤が咲き乱れ、唐津の海から運ばれてくる風が心地よい、そんな所です。 写真を撮るなら、城から少し東に位置する橋からがオススメ。木々の合間から天守閣が高くそびえる姿をおさめることができます。

巨大な鯛や龍が街を練り歩く!?「唐津(からつ)くんち」に大熱狂!!

巨大な鯛や龍が街を練り歩く!?「唐津(からつ)くんち」に大熱狂!!

「一体これは何なんだ・・・」毎年11月2日から4日の3日間にかけて佐賀県の唐津という場所が熱気に包まれるお祭りがあります。それが「唐津くんち」です。唐津くんちは一度見ると、「また来年も見に来たい!」という方が多く、現在では世界中から約50万人の観光客が訪れるお祭りとなっています。

武雄

1300年の歴史ある武雄温泉で、不思議発見!

1300年の歴史ある武雄温泉で、不思議発見!

武雄温泉の歴史は古く、約1300年前に書かれた「肥前風土記」の中に「郡の西の方に温泉の出る巌(いわや)あり、……」と記されていることが分かっています。 朱色と白のコントラストが美しい「楼門(ろうもん)」と「新館」は、2015年に建築100周年の節目を迎えます。楼門は釘を一本も使わない日本建築。2005年には楼門、新館ともに国の重要文化財に指定されました。

カフェ? え、図書館!? 注目の武雄市図書館へ行こう!

カフェ? え、図書館!? 注目の武雄市図書館へ行こう!

佐賀県西部に位置する武雄市は、1300年の歴史を持つ良質の温泉、約90軒の窯元、樹齢3000年以上と伝えられる大楠などがある、滞在する者を飽きさせない歴史、文化、自然豊かな土地です。そんな地方都市にある公立の図書館が、市民だけでなく観光客をも惹き付けています。その秘密を探ってみましょう!

有明海

伊万里

吉野ヶ里

鹿島

SAGA APP