大分観光

日本一のおんせん県おおいた。

九州地方の北部に位置する大分県は、温泉で有名な日本の中でも、源泉数、湧出量が日本一であり、多くの温泉地に恵まれています。

別府や由布院など、海外にも知られる温泉地以外にも県内各地に温泉地が点在し、違った特徴を持っています。美容の湯や健康の湯といわれる温泉、見て楽しむ温泉、温泉を活用した料理などなど、何度行っても新たな魅力を発見できます。

温泉だけではありません。

大分県は「食」にも恵まれています。柔らかな食感と脂のほのかな甘みが特徴の豊後牛、関あじ、関さばなどの近海で取れた新鮮な魚介類、しいたけやかぼすなど、豊かな土地の恵みが詰まった食材が、旅行者のお腹を満足させてくれることでしょう。

さらに、個性豊かな「まち」が多く存在します。江戸時代の街並みが広がる日田市、着物が似合う城下町杵築市、雄大なくじゅう高原が広がる竹田市や、大部分が国立公園に指定されている九重町など、ここでしかできない体験が待っています。

MATCHAではそんな大分県の魅力を訪日旅行者に知ってもらうため、今回「大分特集」をお届けします。

Articles