過去の特集

「夏」特集

「夏」特集

5月下旬から9月上旬はジメジメと蒸し暑い日が続く「日本の夏」。とても暑いですが、楽しいイベントや、おいしい食べ物など魅力がたくさんあります。海や山でのレジャーや、花火、お祭り、音楽フェス、……とにかくイベントが目白押しなんです。そして、火照った身体は冷たいスイーツやビールでリフレッシュ! MATCHAでは、日本の夏の風物詩の花火大会や夏祭りの情報をはじめ、日本の独特な夏の暑さに慣れていない旅行者が気をつけなければならない「熱中症」、暑い夏にぴったりのひんやり冷たいスイーツ、女性に大人気の日本の夏伝統の服装「浴衣」も紹介しています。

「夏」特集はこちら

青森特集

青森

青森県は本州最北端の県です。海に囲まれた青森県は豊富な海産物に恵まれ、美味しい名物料理がたくさんあります。また、冬は雪が積もるため、冬の青森県ならではの体験もできます。県の各地には名湯・秘湯と呼ばれる温泉もあり、旅行者に人気の県です。

青森特集

タイ人留学生と行く日本旅行

海外の方の視線を通して見る日本は、きっと日本人が考えているものとは違うはず。近年日本への旅行者が急増しているタイの留学生と共に、日本の定番観光地を巡ります。

タイ人留学生と行く日本旅行

TOKYO GUIDE

浅草や上野のような日本的情緒のあふれる街、秋葉原や池袋のようにオタク文化が根付いた街、渋谷や原宿のような若者が集まるファッション都市などなど。 東京は限られたエリアの中にいくつもの街を内含する、世界でも珍しい多面的な魅力を持つ都市です。 MATCHAではバラエティに富んだ東京の魅力をわかりやすく知ってもらうため、街ごとの特集記事を組んでいます。 この「TOKYO GUIDE」は、そんな特集記事をさらにひとつにまとめた、東京観光の教科書です。 「浅草ってどんな街?」「秋葉原に行きたいんだけど、オススメのスポットを知りたい」「成田から上野に行くにはどうすればいい?」そんな疑問や希望は「TOKYO GUIDE」におまかせあれ!

TOKYO GUIDE

PARCO特集

PARCO

PARCOは東京や地方大都市にお店を構える、日本の最先端ファッショントレンドが詰まった商業施設です。 PARCOにはメンズファッションブランドとレディースファッションブランドはもちろん、雑貨やコスメを扱う店もあります。また、最上階には和食を食べられるお店や日本で人気のレストランもあり、食事を楽しむこともできます。 記事で紹介している、池袋PARCOは池袋駅に隣接していて、多くの人で連日にぎわっています。北海道の札幌市にあるPARCOは、訪日旅行者に人気のブランドが多くあり、買い物をするには最適の場所です。記事を読んで、PARCOの魅力が伝わったら、実際のPARCOに足を運んでみてください。

PARCO

【KAMAKURA】特集

東京のポップカルチャーや京都の歴史的景観、沖縄の綺麗な海……。この辺りの定番どころは、訪れた人たちが100点満点をあげたくなる街です。一方、都心から少し離れて南へ向かうとたどり着く「鎌倉」という街は、東京や京都と競い合っているわけでも、真似しようとガツガツ開発を進めるわけでもなく、自分たちの時間を保っています。 そして洗練されているわけでもないのに、不思議と「鎌倉ってなんかいいんだよなあ」と思わずにはいられない、そんな街の特集です。

【KAMAKURA】特集

【OKAYAMA】特集

上野記事特集

「東京は行った。京都も行った。次は日本のどこへ行こう?」 そんなあなた、「岡山県」へ行ってみませんか。 岡山県」は東京から西へ遠く離れた場所に位置します。「京都の辺り?」いいえ、もっと西の方です。 岡山はあなたにとって忘れることのできない土地になるかもしれません。 岡山には歴史を感じることのできる建造物・町並みや職人魂を感じることのできるクラフトが数多くあります。また海と山の両方を持つ岡山には陸海問わず新鮮な食材が豊富にあります。 MATCHAではこれから、魅力溢れる岡山を継続して取り上げていきます。岡山の魅力をMATCHAと一緒に堪能しにいきませんか。

【OKAYAMA】特集

戸越銀座商店街特集

戸越銀座

そこには日本人の日常があり、生活があります。日本を創ってきた人達がいて、創っていく人達がいます。近代日本の歴史があり、社会があります。 ただ、観光客を迎えるために「作られたもの」はほとんどありません。僕ら日本人から見たらなんてことのない商店街の風景の中に、異国から来た人にとって特別なもの、面白いものが眠っています。 日本を一段深く知ってもらうために、ぜひ外国人の方と一緒に商店街を歩いてみてください。彼らにとってはもちろん、あなたにとっても新鮮な発見があるはずです。 商店街が「SUSHI」や「KARAOKE」のように、「SHOUTENGAI」として知られる日が来るかもしれない。ここにはそんな可能性があると、僕らは本気で考えています。 日本の商店街を、世界の「SHOTENGAI」へ。その始まりを、戸越銀座商店街から。

戸越銀座商店街特集