vol.04 アラヒャクニッポン

vol.04
2021.11.25

100年愛されてきたグルメ、アート、建物、ファッション

今から100年前、日本は「大正」という時代でした。

2020年に大ヒットしたアニメ『鬼滅の刃』の舞台としても注目されるこの時代は、西洋の要素を取り入れつつも日本らしい、ユニークな文化が生まれた時代です。

そして、大正に誕生したものは、その後の時代の影響を受けつつも生き残り、今も多くの人を魅了しています。

グルメ、建築、アート、ファッション……「アラヒャクニッポン」では、100年の時を超えて愛されてきたものたちを紹介します。レトロ好きも、そうでない人も、しばしのタイムトリップに出かけてみませんか?

MATCHA編集者が紹介したい、
日本のアラヒャク

01

  • 100年前の東京の休日を体験。庶民、文豪、大スターが愛した名店3選

    東京

    日本人が西洋文化に触れ始めた100年前。人々が休日に珍しいグルメやおしゃべりを楽しんでいたのはどんな店でしょうか? 人気メニューは? 本記事では世代を超えて愛される「新宿高野」「新宿中村屋」「銀座カフェーパウリスタ」の三大名店を紹介。かつての東京のモダンな暮らしを探りに行きましょう!

Editor in Chief - Traditional Chinese
Miho Wang

02

Editor - Traditional Chinese
Chen Jung

03

04

Editor in Chief - English
Ramona Taranu