Stay Safe in Japan Update: 21/09/2018, 19:14


More Information

<ruby>抹茶<rt>まっちゃ</rt></ruby>と <ruby>日本茶<rt>にほんちゃ</rt></ruby>(Japanese green tea)を <ruby>楽<rt>たの</rt></ruby>しみながら ゆっくり できる カフェ「<ruby>茶茶<rt>ちゃちゃ</rt></ruby>の<ruby>間<rt>ま</rt></ruby>」

抹茶まっちゃと 日本茶にほんちゃ(Japanese green tea)を たのしみながら ゆっくり できる カフェ「茶茶ちゃちゃ

東京 2019.11.11 お気に入り

日本茶(にほんちゃ)の 専門(せんもん)の 店(みせ)が 東京(とうきょう)に できました。そして 抹茶(まっちゃ)の デザート(dessert)を 食(た)べることが できます。こちらの 日本茶を 飲(の)むと、「デザートと 一緒(いっしょ)に 飲むものは コーヒー」という 考(かんが)えが 変(か)わるかもしれませんよ。

Translated by rei sugimoto

Written by miho

ウーロン(ちゃ)(Oolong Tea)、紅茶(こうちゃ)(tea)、コーヒーなどの ()(もの)は、どこでも 簡単(かんたん)に ()むことが できます。

しかし、日本(にほん)(ちゃ)は どうでしょうか?

おいしい 日本(にほん)(ちゃ)を ()むことが できる (みせ)は、日本(にほん)でも (すく)ないかもしれません。 


東京(とうきょう)の 表参道(おもてさんどう)に、日本(にほん)(ちゃ)の 専門(せんもん)の (みせ)茶茶(ちゃちゃ)()」が あります。
こちらでは お(ちゃ)を (たの)しむだけでなく、抹茶(まっちゃ)の デザートも ()べることが できます。


こちらで お(ちゃ)を ()むと、「デザートと 一緒(いっしょ)に ()むものは コーヒー」という (かんが)えが ()わるかもしれませんよ。

茶茶(ちゃちゃ)()」の 店主(てんしゅ)(owner)と お(ちゃ)の 関係(かんけい)

在表參道品茶享甜慢聊的空間:茶茶の間

店主(てんしゅ)の 和多田(わただ)さんは (いえ)で お(ちゃ)を よく ()んでいました。
しかし、紅茶(こうちゃ)や 中国(ちゅうごく)(ちゃ)のほうが ()きでした。 大学生(だいがくせい)のときに おいしい 日本(にほん)(ちゃ)を ()むことが (なん)(かい)か ありました。


そのときに、自分(じぶん)は 日本人(にほんじん)だけど、自分(じぶん)の (くに)の お(ちゃ)について 全然(ぜんぜん) ()りませんでした。
そして それを ()ずかしい と(おも)いました。


そこで、和多田(わただ)さんは 日本(にほん)(ちゃ)の インストラクターinstructorの 資格(しかく)(certification)を ()りました。
(いま)は (おお)くの(ひと)に 日本(にほん)(ちゃ)の 文化(ぶんか)を (おし)えています。

茶茶ちゃちゃで たのしむことが できる おちゃは どんな おちゃ

日本(にほん)で (いま) (おお)くの(ひと)が ()んでいる 日本(にほん)(ちゃ)は、いろいろな 場所(ばしょ)の いろいろな 種類(しゅるい)の お(ちゃ)を ブレンドした(()わせた)ものが (おお)いです。


しかし「茶茶(ちゃちゃ)()」では 単一(たんいつ)農園(のうえん)(ひとつの 農園(のうえん)(farm))・単一(たんいつ)品種(ひんしゅ)(ひとつの 種類(しゅるい))に こだわっているそうです。

()ぜないで ひとつの 農園(のうえん)の (ちゃ)()だけで お(ちゃ)を (つく)ると、そのお(ちゃ)の 本当(ほんとう)の (かお)り((にお)い)や (あじ)を (たの)しむことが できます。そして 自然(しぜん)(nature)の (あじ)を (かん)じることも できます。

在表參道品茶享甜慢聊的空間:茶茶の間

(みせ)の (なか)には 静岡(しずおか)(けん)の お(ちゃ)など (やく)30種類(しゅるい)の お(ちゃ)が ()いて あります。
そこだけで ()うことが できる (ちゃ)()を ()ることも あります。


(みせ)では ひとつ ひとつの お(ちゃ)の イメージimage に()わせて 名前(なまえ)をつけています。
ですから、日本(にほん)(ちゃ)が ()からない (ひと)も その名前(なまえ)から  お(ちゃ)の (あじ)イメージするimageことが できますよ。

在表參道品茶享甜慢聊的空間:茶茶の間

(たの)んだのは「(さくら)(かおり)」です。

()のみ(お(ちゃ)を ()む コップ)を もって、 (はな)の (ちか)くに ()ってくると、 (すこ)し (さくら)の (かお)りが します。

和菓子わがし(日本にほんに むかしから ある お菓子かし)と 一緒いっしょに んだら おいしい とおもいます。
(にが)い (あじ)は ほとんど しませんでした。()んだあとも、 濃厚のうこうな(rich) かおりを たのしむことが できます。

在表參道品茶享甜慢聊的空間:茶茶の間

(ちゃ)を (たの)む カウンターcounterで、一杯(いっぱい)ずつ ていねいに お(ちゃ)を ()れて くれます。
その()(かた)から、(たか)い 技術(ぎじゅつ)と 日本(にほん)(ちゃ)の 優雅(ゆうが)な(elegant) 姿(すがた)が わかるでしょう。

ても (たの)しい 抹茶(まっちゃ)デザートdessert

在表參道品茶享甜慢聊的空間:茶茶の間

(みせ)では ランチセットlunch setと デザートを (たの)しむことが できます。

とくに 抹茶(まっちゃ)の 手作(てづく)りスイーツは とても 人気(にんき)が あるそうです。


こちらの 「茶茶(ちゃちゃ)パフェ」には わらび(もち)小豆(あずき)(red beans)、白玉(しらたま)(ほう)(ちゃ)(roasted green tea)の 寒天(かんてん)が (はい)っています。

そして そのうえに、抹茶まっちゃの アイスクリームicecreamが たくさん のっています。アイスクリームの うえには ちゃが のっていました。

在表參道品茶享甜慢聊的空間:茶茶の間

アイスクリームを (くち)に (はこ)ぶと、濃厚(のうこう)な 抹茶(まっちゃ)の (あじ)に (おどろ)きます。

アイスと 一緒(いっしょ)に 白玉(しらたま)や 寒天(かんてん)を ()べると、(やわ)らかい 白玉(しらたま)や (すこ)し かたい 寒天(かんてん)など いろいろな (しょく)(かん)(food texture)を (たの)しむことが できます。

茶茶(ちゃちゃ)パフェと 本日(ほんじつ)(今日(きょう))の お(ちゃ) セット1,500(えん)(税別(ぜいべつ):tax not included)  ※取材しゅざいした(interview)ときの 値段ねだん)。

在表參道品茶享甜慢聊的空間:茶茶の間
在表參道品茶享甜慢聊的空間:茶茶の間

こちらの  抹茶(まっちゃ)ティラミスは(ふゆ)だけの 商品(しょうひん)で、イチゴstrawberryの (しゅん)(一番(いちばん) おいしい とき)に ()わせて 3月(さんがつ)(まつ)まで ()っています。(2017(ねん)のとき)

いい (かお)りの 愛知(あいち)(けん)西尾(にしお)の 高級(こうきゅう)抹茶(まっちゃ)を 使(つか)った スポンジケーキsponge cakeの (うえ)に、 (みせ)の 特別(とくべつ)な ティラミスtiramisuの クリームcreamが のっています。

抹茶(まっちゃ)ティラミスと 本日(ほんじつ)の お(ちゃ) セット 1,400(えん)(税別(ぜいべつ))。 ※取材しゅざいした(interview)ときの 値段ねだん)。

(いえ)で お(ちゃ)を ()もう! オススメrecommendの おみやげ

在表參道品茶享甜慢聊的空間:茶茶の間

(めずら)しい (かたち)の 急須(きゅうす)は 店主(てんしゅ)が 自分(じぶん)で (かんが)えて、 職人(しょくにん)((もの)を (つく)る 専門(せんもん)(ひと))に (つく)ってもらった ものです。ですから、このお(みせ)だけで ()うことが できます。

急須(きゅうす)の (そこ)(一番(いちばん) (した))が (あさ)くて(shallow) (ひろ)いです。それは (ねつ)を (おな)じように ()けるためです。 それは 日本(にほん)(ちゃ)を より おいしく してくれる そうです。

在表參道品茶享甜慢聊的空間:茶茶の間

(みせ)には 会社(かいしゃ)でも ()むことが できる 便利(べんり)な ティーバッグtea bagも たくさん あります。自分(じぶん)のために ()ってもいいし、友達(ともだち)の おみやげに ()ってもいいですね。

在表參道品茶享甜慢聊的空間:茶茶の間

(うえ)で 説明(せつめい)した 30種類(しゅるい)の (ちゃ)()も お(みせ)で 丁寧(ていねい)に (つつ)んで くれたものを ()うことが できます。

(ちゃ)の (まえ)に ()いてある カードには、それぞれの (ちゃ)()の 特徴(とくちょう)(どんな お(ちゃ)か)、産地(さんち)(その(ちゃ)()が できた 場所(ばしょ))、製法(せいほう)(その(ちゃ)()の (つく)(かた))と、風味(ふうみ)((あじ))について ()いて あります。

まとめ

在表參道品茶享甜慢聊的空間:茶茶の間

日本(にほん)では (いま)は、コンビニconvenience storeや 自動(じどう)販売(はんばい)()(vending machine)で ()った (かん)や ペットボトルの お(ちゃ)を 簡単(かんたん)に ()むことが できます。

しかし、それらを むときは お(ちゃ)の (しつ)(quality)や その歴史(れきし)などを (かんが)えることが (すく)なくなったかもしれません。


一杯(いっぱい)の お(ちゃ)を (たの)しむ 時間(じかん)の (なか)で、日本(にほん)(ちゃ)の ()さを より (おお)くの(ひと)に ()ってもらうことが できたら (うれ)しい と店主(てんしゅ)の 和多田(わただ)さんは (かんが)えています。

東京(とうきょう)を (おとず)れたら、表参道(おもてさんどう)へ ()って、「茶茶(ちゃちゃ)()」で 日本(にほん)(ちゃ)の おいしさを 体験(たいけん)(experience)しましょう!


この記事(きじ)は 繁体字(はんたいじ)から 翻訳(ほんやく)編集(へんしゅう)しました。

表参道 茶茶の間

インフォメーションを見る

この記事きじいてあることは記事きじを いたときの 情報じょうほう(information)です。あなたが この記事きじを 読んでいるときには 商品しょうひん(っている もの)や サービスserviceが わっているかもしれません。まえに もう一度いちど 確認かくにんして ください。

関連トピック