旅行りょこうの 写真しゃしんを 使つかって おうち時間じかんを たのしもう! 「Digital Häagen Cup」

日本にほんの 料理りょうりを より おいしくする「薬味やくみ」とは?

福島

Translated by rei sugimoto

Written by ニコ

寿司(すし)には わさび、豆腐(とうふ)には ネギなど、日本料理(にほんりょうり)では 料理を より おいしくする 「薬味(やくみ)」を よく 使(つか)います。薬味について 紹介(しょうかい)します。

薬味やくみとは

薬味やくみとは、料理(りょうり)と 一緒(いっしょ)に ()べる 果物(くだもの)や 野菜(やさい)乾燥(かんそう)させた 海産物(かいさんぶつ)などのことです。料理(りょうり)を より おいしくして、(かお)りや (あじ)を ()すために 使(つか)います。
また 日本(にほん)では、()べるためではなく、料理(りょうり)を ()べる(ひと)が それを ()たときに「きれいだ」と (おも)うように 薬味(やくみ)を 使(つか)うことも あります。

薬味やくみの 種類しゅるい(variation)

薬味やくみの 種類しゅるいは、たくさん あります。
どの料理(りょうり)に どの薬味(やくみ)を つけるかは ()まっていません。なので 料理(りょうり)によって ()きなものを ()すことが できます。
日本(にほん)で よく 使(つか)う 薬味(やくみ)を 紹介(しょうかい)します。

日本(にほん)では ネギonion()葉)()(Japanese parsley)、生姜(しょうが)(ginger)、ミョウガJapanese ginger、わさび、ニンニクgarlic、シソ、大根(だいこん)(大根(だいこん)おろし:grated Japanese radish)、セリなどを いろいろな 料理(りょうり)に 使(つか)います。

日本(にほん)で (むかし)から 使(つか)っていた ものでは ありませんが、バジル、コリアンダー(パクチー、香菜(こうな))、ルッコラ、ミント、パセリなどを 薬味(やくみ)と ()ぶときも あります。
果物(くだもの)や ()()では、ゆず、カボス、レモン、スダチなどの 柑橘類(かんきつるい)(citrus fruit)を よく 使(つか)います。(うめ)()や ゴマ、クコの()などを 使(つか)うことも あります。

(うみ)の ()(もの)を 薬味(やくみ)に 使(つか)うとき、そのほとんどが ()した(dried) (もの)です。
(たと)えば かつお(ぶし)海苔(のり)、じゃこ、(さくら)エビなどです。

香辛料(こうしんりょう)(spice)も 薬味(やくみ)の ひとつです。トウガラシ、コショウ、山椒(さんしょう)、マスタードなどです。
香辛料(こうしんりょう)は 調味(ちょうみ)(りょう)に 使(つか)うことも ありますが、薬味(やくみ)は 調味(ちょうみ)(りょう)ではありませんから (こう)から 料理(りょうり)に ()して 使(つか)います。薬味(やくみ)を 使(つか)うと、()(もの)や 調味(ちょうみ)(りょう)の (あじ)が より おいしくなるんです。

薬味(やくみ)を 使(つか)った ()(かた)

薬味(やくみ)は 料理(りょうり)に ()したり、調味(ちょうみ)(りょう)や つけダレ(sauce)に ()して 使(つか)ったり します。

薬味(やくみ)を ()して ()べる 料理(りょうり)で 一番(いちばん) 有名(ゆうめい)なものは、冷奴(ひややっこ)です。
冷奴(ひややっこ)は、(つめ)たい 豆腐(とうふ)に 醤油(しょうゆ)を かけて ()べる とても 簡単(かんたん)な 料理(りょうり)です。
ここに ネギや すりおろしたgrated 生姜(しょうが)を ()せることで、ピリっとした (あじ)に ()わります。

そして、つけダレに 薬味(やくみ)を ()す 料理(りょうり)で 一番(いちばん) 有名(ゆうめい)なものは、寿司(すし)や (めん)(noodle)料理(りょうり)です。
そば、そうめん、うどん、ひやむぎなどの (つめ)たい (めん)料理(りょうり)は、(めん)つゆ(sauce)に つけて ()べるとき、ネギ、生姜(しょうが)、わさび、大根(だいこん)おろし、七味(しちみ)海苔(のり)など あなたが ()きなものを  ()して ()べます。

薬味やくみの 仕事しごと

薬味(やくみ)は、漢方(かんぽう)(traditional Chinese medicine)で 使(つか)っているものも あるので、いろいろな 効果(こうか)(effect)が あるそうです。

ニンニクは (つか)れを とって 元気(げんき)に なる、海苔(のり)は (ちょう)の (うご)きを よくする 効果(こうか)が あって、シソには ビタミンが たくさん (はい)っています。
生姜(しょうが)は ()の (うご)きを よくするので あまり たくさん ()べることが できない (なつ)に ぴったりです。

ミョウガの (かお)りに (はい)っている αピネンは、(あたま)を スッキリさせたり、ストレスを ()らしたりするそうです。

カプサイシンが たくさん (はい)っている 唐辛子(とうがらし)(red pepper)を ()べると 血行(けっこう)(circulation)が よくなるので、(あせ)が ()やすくなります。
また、薬味(やくみ)には (あじ)や (かお)りが (つよ)いものも (おお)いので、(すこ)し (くち)に ()れただけで、()べたい という 気持(きも)ちに してくれます。

その()、わさびや (あお)じそなどには、()(もの)の 殺菌(さっきん)効果(こうか)(bactericidal effect)も あるそうです。

脇役(わきやく)(supporting role)として メインの 料理(りょうり)の (あじ)を (まも)り、わたしたちの (からだ)にも いい 薬味(やくみ)
料理(りょうり)に (すこ)し ()すだけで、より おいしい 料理(りょうり)に してくれる 薬味(やくみ)は、(むかし)の (ひと)の 知恵(ちえ)(wisdom)が たくさん (はい)った ごちそうfeastですね。

この記事きじいてあることは記事きじを いたときの 情報じょうほう(information)です。あなたが この記事きじを 読んでいるときには 商品しょうひん(っている もの)や サービスserviceが わっているかもしれません。まえに もう一度いちど 確認かくにんして ください。