Stay Safe in Japan Update: 21/09/2018, 19:14


More Information

【<ruby>居酒屋<rt>いざかや</rt></ruby>】<ruby>日本<rt>にほん</rt></ruby>に <ruby>来<rt>き</rt></ruby>たら <ruby>定番<rt>ていばん</rt></ruby> おつまみ 4つを <ruby>食<rt>た</rt></ruby>べよう!
  • 居酒屋いざかや日本にほんに たら 定番ていばん おつまみ 4つを べよう!

居酒屋いざかや日本にほんに たら 定番ていばん おつまみ 4つを べよう!

2016.02.09

「おつまみ」は お酒(さけ)と 一緒(いっしょ)に 食(た)べるものです。居酒屋(いざかや:お酒を 飲(の)む 店(みせ))で よく お酒と 一緒(いっしょ)に 楽(たの)しむ おつまみを 紹介(しょうかい)します。

Translated by fujimoto

Written by Ai Yoneda

Google Pocket

おつまみは、 簡単(かんたん)な 料理(りょうり)で、 (さけ)と 一緒(いっしょ)に ()べます。

日本語(にほんご)の 「つまむ」は、 (ゆび)や (はし)で ()(もの)を ()ることです。 おつまみは、 ()(もの)を 気軽(きがる)に 「つまんで」 ()べる、 そんな イメージ(image)から この名前(なまえ)に なったようです。
おつまみは もちろん ()べて おいしいですが、 (さけ)と 一緒(いっしょ)に おつまみを ()べるとアルコール(alcohol)を たくさん ()んでも、 ひどく ()わないそうです。 居酒屋(いざかや)の メニュー(menu)の おつまみは、 とても たくさん 種類(しゅるい)が あります。 また、 お(みせ) オリジナル(original)の おつまみも たくさん あります。

日本(にほん)で (さけ)を ()むなら、 日本(にほん)の おつまみも (たの)しみましょう! そこで今日(きょう)は、定番(ていばん)の おつまみを 4種類(しゅるい) 紹介(しょうかい)します。ほとんどの 居酒屋(いざかや)に ありますよ。

1. 枝豆(えだまめ)

ビール(beer)と 枝豆えだまめ」は、 一緒(いっしょ)に ()べると いいと 日本人(にほんじん)は (おも)っています。 ですから、たくさんの お(きゃく)さんが 居酒屋(いざかや)で 注文(ちゅうもん)します。(やす)くて、そして すぐに ()てきます。 それも 魅力(みりょく)の ひとつです。

枝豆(えだまめ)は、 大豆(だいず)の ()が 完全(かんぜん)に 大豆(だいず)に なる(まえ)に (はたけ)から ()りました。 調理(ちょうり)方法(ほうほう)は とても 簡単(かんたん)です。 枝豆(えだまめ)を ゆでてから (しお)をかける。または、枝豆(えだまめ)を (しお)で ゆでる。これだけです。 さや((えだ))や (かわ)のまま ()てきます。 (なか)の (まめ)を ()して (まめ)だけを ()べます。

写真(しゃしん)を ()てください。枝豆(えだまめ)を 両手(りょうて)で ()って、両側(りょうがわ)から (ゆび)で (かる)く ()します。 そうすると (なか)の (まめ)が ()てきます。 枝豆(えだまめ)と 一緒(いっしょ)に (べつ)(さら)や ざるが ()てきます。 そこへ ()べ ()わった (かわ)などを ()れましょう。

2. ()(もの)

ものは、欧米(おうべい)の ピクルス(pickles)に よく ()ています。野菜(やさい)を (しお)、 ()、 酒粕(さけかす)(さけかす:日本酒(にほんしゅ)を (つく)(とき)に できる)などと一緒(いっしょ)に ()けます。 食材(しょくざい)が やわらかくなって、()べやすくなります。 そして、 食材(しょくざい)に (あじ)が つきます。
ものは 朝食(ちょうしょく)や 弁当(べんとう)でも ()べます。 この場合(ばあい)は ご(はん)と 一緒(いっしょ)に ()べることが (おお)いです。 居酒屋(いざかや)では ()(もの)は ご(はん)とは一緒(いっしょ)()べません。()(もの)だけで ()べます。 色々(いろいろ)な 野菜(やさい)が ()(もの)に なりますが、 居酒屋(いざかや)メニューの 定番(ていばん)、 きゅうり、  大根(おおね)、 ナスなどです。 食感しょっかんがよくて おいしいので、 (さけ)を おいしく ()むことが できます。

3.エイヒレ

エイヒレとは、 エイという(さかな)の ヒレを 乾燥(かんそう)して  (すこ)し ()で ()いたものです。醤油(しょうゆ)(すこ)しと 七味唐辛子(しちみとうがらし)(※1)、 マヨネーズ(mayonnaise)などを つけて ()べます。「エイを ()べるの?!」と、 海外(かいがい)(ほう)は (すこ)し 気持(きも)(わる)いかもしれません。でも、日本(にほん)の (めずら)しい 料理(りょうり)なので、 日本(にほん)に ()たら ぜひ ()べて みてください。

※1…七味唐辛子(しちみとうがらし)は、日本(にほん)スパイス(spices)唐辛子(とうがらし)やゴマなど7つのものをブレンド(blend)している。

4.軟骨(なんこつ)の 唐揚(からあ)

軟骨なんこつは、 (とり)の (やわ)らかい(ほね)で 手羽(てば)や (あし)部分(ぶぶん)に あります。 (やわ)らかいので、 簡単(かんたん)に ()んで ()べることが できます。これに (あじ)をつけてから、(うえ)に 小麦粉(こむぎこ)を かけて あげました。 これが、 軟骨(なんこつ)唐揚(からあ)です。 (しょく)(かん)が コリコリしていて、塩味(しおあじ)が ちょうどいいです。(すこ)し (かた)い ()(もの)を ()むと、 ()に ()(もの)が あたります。 その(かん)じが「コリコリする」です。(いち)() ()べると、 (なん)()も ()べたくなります。 イギリス(Britain)の 伝統(でんとう)料理(りょうり) 「フュッシュ&チップス(FISH AND CHIPS)」のように、レモン(lemon)が 一緒(いっしょ)に ()てくることが あります。 レモンが、(あじ)の アクセントに なります。

居酒屋(いざかや)には、それぞれの お(みせ)で、おいしい おつまみが たくさん あります。どれを (たの)むか (まよ)ってしまいます。 たくさん (たの)んで、 おつまみだけで お(なか)が いっぱいに ならないように ()をつけましょう。

関連トピック

Google Pocket