日本語にほんごを まなべる サイトsite「つながる ひろがる にほんごでの くらし」使つかっているひとに はなしを きました

日本(にほん)のことば事典(じてん)「平安(へいあん)時代(じだい)」

日本にほんには、昔むかしから 今いままで 時代じだいの 分わけ方かたが あります。 「平安時代(へいあんじだい)」は、日本にほんの 時代じだいの 一ひとつです。 794年年ねん に 桓武(かんむ) 天皇てんのうが 都みやこ(首都しゅとのような ところ)を 平安京(へいあんきょう:今いまの 京都きょうと市し)に 移動いどうしました。 その年としから  約やく400年間ねんかん を 平安へいあん時代じだいと 言いいます。 この間あいだ、 天皇てんのうではなく、 藤原ふじわら氏しという 貴族きぞくが 政治せいじを 行おこなっていました。 そのため、 多おおくの 日本人にほんじんは 「平安へいあん時代...

2016.03.01

日本(にほん)には、(むかし)から (いま)まで 時代(じだい)の ()(かた)が あります。 「平安時代(へいあんじだい)」は、日本(にほん)の 時代(じだい)の (ひと)つです。 794年(ねん)に 桓武(かんむ) 天皇(てんのう)が (みやこ)首都(しゅと)のような ところ)を 平安京(へいあんきょう:(いま)の 京都(きょうと)())に 移動(いどう)しました。 その(とし)から  (やく)400年間(ねんかん)を 平安(へいあん)時代(じだい)と ()います。 この(あいだ)、 天皇(てんのう)ではなく、 藤原(ふじわら)()という 貴族(きぞく)が 政治(せいじ)を (おこ)なっていました。 そのため、 (おお)くの 日本人(にほんじん)は 「平安(へいあん)時代(じだい)」と ()くと、  (はな)やかで (みやび)な(エレガント(elegant)な) 貴族(きぞく)の 姿(すがた)を イメージ(image)します。

(はな)やか:(すこ)派手(はで)だが、上品(じょうひん)(かん)じ。

世界(せかい)遺産(いさん)の「平等院(びょうどういん)」は 平安(へいあん)時代(じだい)の 象徴(しょうちょう)シンボル(symbol)

平安(へいあん)時代(じだい)の (はじ)めの (ころ)は、 (とう)((むかし)の 中国(ちゅうごく))と 交流(こうりゅう)していました。 しかし、 10世紀(せいき)に 交流(こうりゅう)を しなくなって、日本(にほん) 独自(どくじ)の 文化(ぶんか)が ()まれました。 代表(だいひょう)(てき)な ものが 「平等院(びょうどういん)」(京都(きょうと)()宇治(うじ)())という(てら)で、 世界(せかい)遺産(いさん)です。 「平等院(びょうどういん)」を ()ると 藤原(ふじわら)一族(いちぞく)が とても (つよ)い (ちから)を ()っていたことが わかります。

日本(にほん)のことば事典(じてん)「平安(へいあん)時代(じだい)」

(はつ)商店(しょうてん)(がい)連携(れんけい)(ちゃ)イベント開催(かいさい)!いざ、京都(きょうと)宇治(うじ)(ちゃ)(まち)(めぐ)りへより

平等院(びょうどういん)は (いけ)の (なか)に ()っています。 それが 平等(びょうどう)(いん)の 一番(いちばん)の 特徴(とくちょう)です。 (みず)(うえ)に (うつく)しい姿(すがた)を ()ることが できます。 「鳳凰堂(ほうおうどう)」は、 日本(にほん)の コイン(coin)(10(えん)(だま))の デザイン(design)に なっています。 (むかし)人々(ひとびと)は、 「鳳凰堂(ほうおうどう)」を 地上(ちじょう)の 極楽浄土(ごくらくじょうど) (the Land of Happiness)と (かんが)えていたそうです。 (なか)には、 国宝(こくほう)の 「阿弥陀如来像(あみだにょらいぞう)」が ()いてあります。 これは 定朝(じょうちょう)という 有名(ゆうめい)な 仏像(ぶつぞう)作家(さっか)が (つく)りました。

世界(せかい)で 一番(いちばん) (ふる)い ラブストーリー(Love story)は 平安(へいあん)時代(じだい)に ()まれました

平安(へいあん)時代(じだい)に、 「かな文字(もじ) (現在(げんざい)の ひらがなの (もと))」が できました。 かな文字(もじ)は、 女性(じょせい)が 使(つか)うことが できる 文字(もじ)でした。 『源氏物語』(げんじものがたり)は かな文字(もじ)の 文学(ぶんがく)作品(さくひん)で (もっと)も 有名(ゆうめい)な 作品(さくひん)です。 紫式部(むらさきしきぶ)という 女性(じょせい)の 作家(さっか)が ()きました。 (いま)も たくさんの 日本人(にほんじん)が ()んでいます。

源氏物語(げんじものがたり)』の 主人公(しゅじんこう)は、 光源氏(ひかるげんじ)です。 とても ハンサムな 貴族(きぞく)の 男性(だんせい)です。 子供(こども)(ころ)、 お(かあ)さんが ()にました。 そのため、お(かあ)さんに ()た 女性(じょせい)を ()きになります。 しかし、その女性(じょせい)は、父親(ちちおや)の 再婚(さいこん)相手(あいて)だったのです! 継母(けいぼ)(ちち)の 再婚(さいこん)の 相手(あいて))が ()きですが、 同時(どうじ)に (おお)くの 女性(じょせい)と 恋愛(れんあい)を して…。  世界(せかい)で 一番(いちばん) (ふる)くて (なが)い 恋愛(れんあい)小説(しょうせつ)で、最後(さいご)は 大変(たいへん)な 結果(けっか)に なります。

源氏物語(げんじものがたり)』の 女性(じょせい)たちは、(はな)やかな 衣装(いしょう)を ()ています。 その(ころ)の 服装(ふくそう)が 日本(にほん)の 「 着物(きもの)」の (もと)に なりました。たとえば「十二単(じゅうにひとえ)」は 平安(へいあん)時代(じだい)の 中頃(なかごろ)に 完成(かんせい)しました。 宮廷(きゅうてい)の 女性(じょせい)の 正装(せいそう)(一番(いちばん) きちんとした (ふく))です。 (おな)じ (かたち)の (ふく)を 12(まい) (かさ)ねて ()ます。 そのため、 (えり)や (そで)から 色々(いろいろ)(いろ)()えて、とても (うつく)しいです。

(いま)でも、 (あたら)しい 天皇(てんのう)に なる(とき)や、 皇族(こうぞく)の 女性(じょせい)の 結婚(けっこん)のときには 「十二単(じゅうにひとえ)」を ()ます。 京都(きょうと)の「西陣織(にしじんおり) 会館(かいかん)」や 「平安(へいあん)装束(しょうぞく)体験(たいけん)(しょ)」などへ ()くと、 だれでも 十二単(じゅうにひとえ)を ()ることが できます。 平安(へいあん)時代(じだい)の お姫様(ひめさま) 気分(きぶん)を (あじ)わうことが できますよ。

この記事きじいてあることは記事きじを いたときの 情報じょうほう(information)です。あなたが この記事きじを 読んでいるときには 商品しょうひん(っている もの)や サービスserviceが わっているかもしれません。まえに もう一度いちど 確認かくにんして ください。