<ruby>餃子<rt>ぎょうざ</rt></ruby>の おいしい <ruby>食<rt>た</rt></ruby>べ<ruby>方<rt>かた</rt></ruby>を <ruby>教<rt>おし</rt></ruby>えます!

餃子ぎょうざの おいしい かたを おしえます!

2018.07.14

ラーメン屋(や)に よくある「餃子(ぎょうざ)」。ビール(beer)と 一緒(いっしょ)に 食(た)べたら とても おいしい 料理(りょうり)です。しかし、餃子は どんな 料理で、どうやって 食べるのでしょうか。日本(にほん)へ 来(き)て「食べたい」と 思(おも)ったとき 役(やく)に立(た)つ 餃子の 食(た)べ方(かた)について 紹介(しょうかい)します。

Translated by rei sugimoto

Written by MATCHA

Google Pocket

餃子(ぎょうざ)」は、本当(ほんとう)は 中国(ちゅうごく)の 料理(りょうり)です。小麦粉(こむぎこ)(flour)に (みず)()れて (つく)った(かわ)(skin)で、(ちい)さく ()った 野菜(やさい)(白菜(はくさい)(Chinese cabbage)、キャベツcabbageニラgarlic chiveニンニクgarlicなど)や (ぶた)ひき(にく)(pork) などを (つつ)みます。それを、色々(いろいろ)な やり(かた)で 調理ちょうりします(cooking)。
ゆでる(boiled)、()く(grilled)、()す(steamed)、()げる(fried)などです。ゆでた餃子(ぎょうざ)は「ゆで餃子(ぎょうざ)」「(すい)餃子(ぎょうざ)(soup dumplings)」、()いた餃子(ぎょうざ)は「()餃子(ぎょうざ)」、()した餃子(ぎょうざ)は「()餃子(ぎょうざ)」、()げた餃子(ぎょうざ)は「()餃子(ぎょうざ)」と ()います。

水餃子

()きないおいしさ。本場(ほんば)上海(しゃんはい)家庭(かてい)料理(りょうり)(あじ)わえる、中野(なかの)蔡菜食堂さいさいしょくどうより

中国(ちゅうごく)では「(すい)餃子(ぎょうざ)((うえ)の 写真(しゃしん)の 餃子(ぎょうざ))」を よく ()べますが、日本(にほん)は (かわ)を ()いた「()餃子(ぎょうざ)」を よく()べます。

おふくろ(おかあさん)の あじ

gyoza_20151202-3

Photo By hiyoko.gang

日本(にほん)の ()餃子(ぎょうざ)は、()(つう)の (いえ)で (つく)る 料理(りょうり)です。スーパーで 「餃子(ぎょうざ)(かわ)」が ()っています。そして その(なか)に 野菜(やさい)や (にく)を ()れて、(つく)ります。(なか)に ()れる 野菜(やさい)や (にく)は (いえ)で (ちが)います。
(かあ)さんが ()どもに よく (つく)る 料理(りょうり)を「おふくろの (あじ)」と ()います。(わか)(ひと)たちに 「おふくろの(あじ)は なんですか」と ()いたら、カレーライスcurry riceや (とり)のから()げ(Japanese fried chicken)、そして「餃子(ぎょうざ)」と (こた)えるでしょう。

()餃子(ぎょうざ)の おいしい ()(かた)

餃子(ぎょうざ)を (そと)で ()べる(とき)は、どこで ()べるでしょうか。中国(ちゅうごく)の 料理(りょうり)(みせ)で ()べたり、ラーメン()で ラーメンと 一緒(いっしょ)に ()べたりします。

それでは、餃子(ぎょうざ)の おいしい ()(かた)を (おし)えますね。

gyoza_20151202-1

Photo By enebisu

餃子(ぎょうざ)を (みせ)で (たの)むとき 餃子(ぎょうざ)は「1いち人前(にんまえ)」「2人前(にんまえ)」と ()いてあります。餃子(ぎょうざ)は、1人ひとり 数個(すうこ)で ()っています。そして、2人前(にんまえ)以上(いじょう)(とき)は、(おお)きい (さら)に ()れて ()してくれます。(たと)えば 1人前(にんまえ)が 5()(とき)、2(にん)(まえ)を (たの)んだら、(おお)きい(さら)に 10() 餃子(ぎょうざ)が おいてあります。
そして 1()の (おお)きさや、1(にん)(まえ)で (なん)()あるか (みせ)で (ちが)います。それは (たの)むとき (みせ)(ひと)に ()きましょう。また、(いち)(さら)の 値段(ねだん)も (ちが)います。180(えん)〜700(えん)ぐらいです。全然(ぜんぜん) (ちが)いますね。

gyoza_20151202-2

Photo By enebisu

餃子(ぎょうざ)が (はい)った (おお)きい(さら)と 一緒(いっしょ)に、(ちい)さい (さら)も 一緒(いっしょ)に くれます。その (ちい)さい (さら)に、()(vinegar)・醤油(しょうゆ)(soy sauce)・ラー()(※1)など 調味(ちょうみ)(りょう)(seasoning)を ()れて タレ(sauce)を (つく)ります。そして、()いた餃子(ぎょうざ)に つけて ()べます。餃子(ぎょうざ)だけ ()べると あまり (あじ)が ありません。ですから、タレを (つく)って 自分(じぶん)が ()きな (あじ)に します。タレを (つく)(とき) ()醤油(しょうゆ)=1:1です。(あか)いラー()は (つら)いですから、()をつけて ()れて ください。はじめ 2〜3(てき) ぐらいが いいと(おも)います。()べる 準備(じゅんび)が できました。

※1……ラー()(から)い 調味(ちょうみ)(りょう)唐辛子(とうがらし)(hot chili peppers)など 香辛料(こうしんりょう)を 植物(しょくぶつ)()(vegetable oil)に ()れて あたためて (つく)ります。

gyoza_20151202-4

Photo By Y T

餃子(ぎょうざ)は 「()()(()いて 茶色(ちゃいろ)の 場所(ばしょ))」が おいしいです。ですから その ()()に タレを つけると、一番(いちばん) おいしい 場所(ばしょ)が (やわ)らかくなります。それは あまり おいしくないです。ではない 場所ばしょに タレを つけましょう。そして、餃子(ぎょうざ)を (はし)で 2つに すると、(なか)の おいしい 肉汁(にくじゅう)(delicious juices)が ()ます。ですから 2つに しないほうが いいですよ。(あつ)いですが、ひと(くち)で ()べると おいしいですよ。(あつ)いですから ()をつけてくださいね。

(おんな)(ひと)も ()きな 餃子(ぎょうざ)

餃子の食べ方

(すこ)(まえ)、ニンニクや ニラが たくさん (はい)った 餃子(ぎょうざ)は、(おとこ)(ひと)が よく ()べる 料理(りょうり)でした。ニンニクや ニラは ()べたあと においが しますから (おんな)(ひと)は (そと)で あまり ()べませんでした。しかし 最近(さいきん)は、ニンニクではない 野菜(やさい)を たくさん ()れた ヘルシーhealthyな 餃子(ぎょうざ)も ()っています。そして それは (ちい)さくて ()べやすくて、(やす)いです。ですから、友達(ともだち)と 一緒(いっしょ)に ()べる(ひと)が (おお)いです。

2つの「餃子ぎょうざの まち

栃木(とちぎ)(けん) 宇都宮(うつのみや)()と、静岡(しずおか)(けん) 浜松(はままつ)()は、「餃子(ぎょうざ)(まち)」で 有名(ゆうめい)です。どちらも、1つの 家族(かぞく)が 1年間(ねんかん)に 餃子(ぎょうざ)を ()う 値段(ねだん)が 4,000(えん)以上(いじょう)だそうです。ですから どちらも 餃子(ぎょうざ)の 専門(せんもん)の (みせ)が (おお)いです。

()餃子(ぎょうざ)も おいしいですが、(やわ)らかい (すい)餃子(ぎょうざ)や、(すこ)し かたい ()餃子(ぎょうざ)など、色々(いろいろ)な 餃子(ぎょうざ)が あります。もし、(みせ)に 色々(いろいろ)な 餃子(ぎょうざ)が あったら、色々(いろいろ)な 種類(しゅるい)の 餃子(ぎょうざ)を ()べてみてくださいね。

関連トピック

Google Pocket