Stay Safe in Japan Update: 21/09/2018, 19:14


More Information

<ruby>伝統的<rt>でんとうてき</rt></ruby>な(traditional) <ruby>日本<rt>にほん</rt></ruby>の <ruby>宿<rt>やど</rt></ruby>(inn)「<ruby>旅館<rt>りょかん</rt></ruby>」とは?

伝統的でんとうてきな(traditional) 日本にほんの 宿やど(inn)「旅館りょかん」とは?

2019.11.09 お気に入り

「旅館(りょかん)」は 日本(にほん)の 伝統的(でんとうてき)な(traditional) ホテル(hotel)です。畳(たたみ)の 部屋(へや)や 和食(わしょく)、浴衣(ゆかた)、温泉(おんせん)など、日本の 生活(せいかつ)を 体験(たいけん:experience)できる 場所(ばしょ)です。この記事(きじ)では、旅館の、宿泊料金(しゅくはくりょうきん:accommodation fee)や マナー(manners)について 紹介(しょうかい)します。

Translated by rei sugimoto

Written by MATCHA

Pocket LINE

日本にほんの 伝統(でんとう)(てき)な(traditional) 生活(せいかつ)を 体験(たいけん)(experience)できる「旅館(りょかん)

御所坊

有馬(ありま)温泉(おんせん)絶対(ぜったい)()きたい!日帰(ひがえ)りで()れる温泉(おんせん)施設(しせつ)3(せん)」より

旅館りょかんは、日本(にほん)の 伝統(でんとう)(てき)な ホテルです。
旅館(りょかん)は (むかし)から ある 日本(にほん)の 建物(たてもの)を 使(つか)っていることが (おお)いです。そして、温泉おんせんが ある 観光(かんこう)()(見物(けんぶつ)するところ:tourist spot)に たくさん あります。

建物(たてもの)の (なか)も ()(ほん)らしいものが (おお)いですから、日本(にほん)文化(ぶんか)(culture)を 体験(たいけん)するのに とても いいです。


この記事(きじ)は 「旅館(りょかん)に ()まってみたいですが、どんな ところですか。」という (ひと)に、旅館(りょかん)に ()まるときの お(かね)や マナーについて 紹介(しょうかい)します。

平均へいきん(average) 宿泊料しゅくはくりょう(accommodation fee)

旅館(りょかん)に 宿泊(しゅくはく)(りょう)()まる お(かね))は、1人(ひとり) だいたい 15,000(えん)ぐらいです。

明治(めいじ)時代(じだい)(1868~1912(ねん))から (つづ)く 歴史(れきし)が ある 旅館(りょかん)や (たか)い 旅館(りょかん)などでは、1(はく) 50,000(えん)ぐらいの ところも あります。

しかし、やすい 宿泊しゅくはくりょうで まることが できる 旅館りょかんも あるので、旅行りょこうで 使つかう おかねに わせて 旅館りょかんを えらびましょう。

ビジネスホテルと (くら)べると (たか)い と(おも)うかもしれません。

しかし、旅館(りょかん)では、豪華(ごうか)な(luxurious) 食事(しょくじ)や 丁寧(ていねい)な サービス(おもてなし:hospitality)が あります。

旅館りょかんは どんな ところ?

(むかし)の 日本(にほん)の 部屋(へや)を 体験(たいけん)できる

銀山荘

Picture courtesy of 銀山荘

()(つう)の ホテルと (ちが)うところは、客室(きゃくしつ)(()まる 部屋(へや))です。

そこには たたみや 障子しょうじとこなどが あります。

(たたみ)や 障子(しょうじ)(とこ)()は (むかし) 日本人(にほんじん)が 使(つか)っていた 部屋(へや)に よく ありました。ですから、そのような 部屋(へや)に ()まることが できます。


部屋(へや)には (あし)の (みじか)い テーブル、()もたれ(seat backrest)だけが ついた「()椅子(いす)」も あります。

()椅子(いす)には 座布団ざぶとんが ()いてあるので、部屋(へや)で ゆっくりしたいときは 座布団(ざぶとん)に (すわ)りましょう。


(まど)の (ちか)くに 椅子(いす)が おいてある 部屋(へや)も あります。そこから 景色(けしき)を ()ると、きれいですよ。

布団

寝具(しんぐ)(()るときの 道具(どうぐ))も 日本(にほん)(しき)(Japanese style)です。

旅館(りょかん)では だいたい (たたみ)の (うえ)に 布団(ふとん)を ()いて ()ます。

ベッドが ある 旅館(りょかん)も あるので、ベッドが ある 部屋(へや)が いい(ひと)は 予約(よやく)する(とき)に 確認(かくにん)してみて ください。

テレビや コンセントoutlet湯沸(ゆわ)かしポット(electric kettle)など、()まるときに 必要(ひつよう)なものが おいてあります。


しかし (やま)の 旅館(りょかん)では Wi-Fiが ないときも あります。

()まる (まえ)に 公式(こうしき)HP(official website)で 確認(かくにん)しておきましょう。

日本にほんの おもてなしを 体験たいけんできる

仲居さん

Photo by Pixta

旅館りょかんでは スタッフstaff(仲居なかい)が お(きゃく)さんと よく (はな)して、お(きゃく)さんの したいことを 手伝(てつだ)って くれます。

そのため、(いた)れり(つく)せり(Most gracious)の サービスを 体験(たいけん)したい という(ひと)に オススメrecommendです。

部屋(へや)()の 浴衣(ゆかた)が 体験(たいけん)できる

浴衣

Photo by Pixta

部屋(へや)で ()る (ふく)は、たいてい 浴衣ゆかたです。()まる(ひと)の (かず)だけ おいて あります。

ホテルの ルームウェアloungewearと (ちが)って、浴衣(ゆかた)を ()て 旅館(りょかん)の (まわ)りを 散歩(さんぽ)したり、夕食(ゆうしょく)を ()べても 大丈夫(だいじょうぶ)

しかし できない 旅館(りょかん)も あるので、心配(しんぱい)なときは 仲居(なかい)さんに ()きましょう。

温泉街

長野(ながの)(けん)】スノーモンキーに()える! レトロな(しぶ)温泉(おんせん)〜アクセスと日帰(ひがえ)温泉(おんせん)旅館(りょかん)情報(じょうほう)など〜」より(Picture courtesy of 長野県観光機構ながのけんかんこうきこう)

日本(にほん)で 温泉(おんせん)が たくさん ある 場所(ばしょ)に ()くと、温泉(おんせん)や レストラン、おみやげの (みせ)などが (なら)んでいる 温泉(おんせん)(がい)が ある ところも あります。

旅館(りょかん)に ()いたら 浴衣(ゆかた)を ()て、温泉(おんせん)(がい)を 散歩(さんぽ)してみて くださいね。

その場所(ばしょ)だけの 和食(わしょく)を ()べることが できる

旅館(りょかん)で ()まるときは 普通(ふつう) 1(はく) 2(しょく)(朝食(ちょうしょく)と 夕食(ゆうしょく))です。


豪華(ごうか)な 食事(しょくじ)は 旅館(りょかん)の (たの)しみの 1つ。

夕食(ゆうしょく)は 御膳(ごぜん)(※1)という、その場所(ばしょ)の 野菜(やさい)や (さかな)(にく)を 使(つか)った 料理(りょうり)を 5〜10種類(しゅるい)ぐらい (たの)しむことが できます。

料理(りょうり)はそれぞれ上品(じょうひん)(うつわ)()られて()てくるので、(あじ)はもちろん()でも(たの)しめるようになっています。

※1:御膳ごぜん……食事(しょくじ)の 丁寧(ていねい)な ()(いかた)。レストランなどで、料理(りょうり)を 5〜10種類(しゅるい)ぐらい ()べることが できる 豪華(ごうか)な 和食(わしょく)のこと。

旅館の夕食

Photo by Pixta

()まるときの プラン(Accommodation plan)によっては 仲居(なかい)さんが 夕食(ゆうしょく)を 部屋(へや)に (はこ)んで、ご(はん)や お(ちゃ)を ()してくれることも あります。

旅館(りょかん)の 朝食(ちょうしょく)は、だいたい 伝統(でんとう)(てき)な 日本(にほん)の (あさ)ごはんを ()べることが できます。

(はん)味噌汁みそしる漬物つけもの()(ざかな)卵焼(たまごや)きなどが ()ます。


スタッフが ひとり ひとりに 食事(しょくじ)を (はこ)んでくれるため、ゆっくりと 食事(しょくじ)の 時間(じかん)を (たの)しむことが できます。

旅館りょかんの ルールrule・マナー

旅館

photo by Pixta

旅館(りょかん)に ()まるとき、()をつけたい ルール・マナーが あります。

1.旅館(りょかん)に ()くのが (おく)れるときは (かなら)ず 連絡(れんらく)する

旅館(りょかん)によっては あなたが ()る 時間(じかん)に 旅館(りょかん)(ひと)が ()(ぐち)で (むか)えてくれたり、時間(じかん)に ()わせて 夕食(ゆうしょく)の 準備(じゅんび)してくれます。

チェックインの 時間(じかん)に (おく)れるときは 連絡(れんらく)を しましょう。

2.(くつ)は ()(くち)で ()

旅館(りょかん)の 玄関(げんかん)では (くつ)を ()ぎます。

()まる(ひと)のための スリッパslippersが ()いてあるので、(くつ)を ()いだら スリッパを ()きましょう。

(くつ)は そのままで 大丈夫(だいじょうぶ)です。

3.スーツケースを くところに 注意ちゅうい

キャスターcaster wheelが いている スーツケースsuitcaseで 旅行(りょこう)する(ひと)は 注意(ちゅうい)しましょう。

(たたみ)(うえ)で キャスターを (ころ)がすと、(たたみ)に (きず)(scratch)が ついてしまうので やめましょう。


また、(とこ)()は 日本(にほん)で 神聖(しんせい)な(sanctuary) 場所(ばしょ)です。そのため (とこ)()に 荷物(にもつ)を ()くのも やめましょう。

荷物(にもつ)は (とこ)()から (はな)れた 場所(ばしょ)か、()(ぐち)の (ちか)くに ()きましょう。


わからないときは 仲居なかいさんに いてみて ください。

4.トイレは 和式わしきのことも ある

最近(さいきん)は 洋式(ようしき)の トイレが ()えていますが、和式(わしき)(Japanese style)の トイレも あります。

和式(わしき)トイレの 使(つか)(かた)を ()っておきましょう。

5.チェックアウトcheckoutのときに 部屋へやを 確認かくにん

部屋(へや)を ()るとき、()いだ 浴衣(ゆかた)は 簡単(かんたん)に たたんで おきましょう。

タオルは たたみうえに そのまま かないで、タオルを かける ところか 洗面所せんめんじょなど れても 大丈夫だいじょうぶな 場所ばしょへ きます。
布団(ふとん)は 仲居(なかい)さんが (かた)づけてくれるので、そのままで 大丈夫(だいじょうぶ)です。


日本(にほん)へ 旅行(りょこう)に ()たら ぜひ、旅館(りょかん)に ()まって、日本(にほん)の 生活(せいかつ)を (たの)しんで くださいね。

(もと)記事(きじ)執筆(しっぴつ)Mayu
※この記事(きじ)は 2016(ねん)8月(はちがつ)15(にち)の 記事(きじ)を リライトrewriteしました。

この記事きじいてあることは記事きじを いたときの 情報じょうほう(information)です。あなたが この記事きじを 読んでいるときには 商品しょうひん(っている もの)や サービスserviceが わっているかもしれません。まえに もう一度いちど 確認かくにんして ください。

関連トピック

Pocket LINE