【<ruby>埼玉県<rt>さいたまけん</rt></ruby><ruby>川越市<rt>かわごえし</rt></ruby>】<ruby>縁結<rt>えんむす</rt></ruby>びの<ruby>神社<rt>じんじゃ</rt></ruby>「<ruby>川越氷川神社<rt>かわごえひかわじんじゃ</rt></ruby>」ですべき8つのこと

埼玉県さいたまけん川越市かわごえし縁結えんむすびの神社じんじゃ川越氷川神社かわごえひかわじんじゃ」ですべき8つのこと

埼玉県川越市(さいたまけんかわごえし)に すてきな人(ひと)と 会(あ)えることに ついて お願(ねが)いすることが できる「川越氷川神社(かわごえひかわじんじゃ)」が あります。 絵馬(えま)の トンネルや 夫婦(ふうふ)のような ご神木(しんぼく) など、 川越氷川神社(かわごえひかわじんじゃ)だけの すてきな ところを 紹介(しょうかい)します。

(こい)について 埼玉(さいたま)(けん) 川越(  かわごえ)()で 神様(かみさま)に お(ねが)いしましょう

(こころ)も (からだ)も きれいに して、 すてきな (ひと)に ()いたい と(おも)ったことが ありますか。 (おも)ったことが ある (ひと)は、 ぜひ 埼玉(さいたま)(けん) 川越( かわごえ)()に ある「川越(かわごえ)氷川神社(ひかわじんじゃ)」へ ()きましょう!

この記事(きじ)では、 神社(じんじゃ)の (なか)に ある (ちい)さい (かわ)で する 「人形(ひとがた)(なが)し」や ほかの 神社じんじゃには ない「(たい)の おみくじ」などを 紹介(しょうかい)します。 それらは、 川越(かわごえ)氷川神社(ひかわじんじゃ)だけで できますよ。

1500(ねん)の 歴史(れきし)が ある 縁結(えんむす)び ( すてきな(ひと)に ()うこと )の 神社(じんじゃ) 「川越(かわごえ)氷川神社(ひかわじんじゃ)」は、 どんな神社(じんじゃ)

Kawagoehikawa photo02

1500ねんくらい むかしに 川越(かわごえ)氷川神社(ひかわじんじゃ)は できた そうです。 そこに、 (あし)(なづ)(ちの)(みこと)、 ()(なづ)(ちの)(みこと)、 (くし)稲田(いなだ)(ひめの)(みこと)、 素( す)(さの)(おの)(みこと) 、(おおな)(むちの)貴命(みこと)5柱(いつはしら)(※)の 神様(かみさま)が (まつ)られて います。

(あし)(なづ)(ちの)(みこと)と ()(なづ)(ちの)(みこと)は 結婚けっこんして います。 そして、 その どもは (くし)稲田(いなだ)(ひめの)(みことです。 くし稲田いなだひめのみことと 素 すさのおのみことは 結婚けっこんして います。 そして、 おおなむちの貴命みことは その どもです。

ですから、 この 5にんの なかで 4にんが 結婚けっこんして いますね。 結婚けっこんしている 神様かみさまが たくさんいて、 家族かぞくの 神様かみさまですから、 結婚けっこんや 家族かぞくに ついて おねがいする ひとが、 たくさん います。

夫婦(ふうふ)円満(えんまん)」 ( 結婚(けっこん)している 2人(ふたり)が いい 関係(かんけい)で ある)

家族(かぞく)円満(えんまん)」 ( 家族(かぞく)が みんな いい 関係(かんけい)で ある )

縁結(えんむす)びの神様(かみさま)」 ( すてきな (ひと)と ()うことが できる )の 3つに ついて、 (むかし)から、 神様(かみさま)に お(ねが)いを して いました。

(はしら): 神様(かみさま)を (かぞ)える とき、 1人ひとり 2人(ふたり)では ありません。 1(はしら)、 2(はしら)…と (かぞ)えます。 1(たい)、 2(たい)… も 使(つか)います。

1.まず、 神様(かみさま)に 挨拶(あいさつ)を しましょう ( 参拝 (さんぱい )

Kawagoehikawa photo14

オレンジの (おお)きな 鳥居 (とりい )( 神社(じんじゃ)の 神様(かみさま)が いる 場所(ばしょ)の 出入(でい)(ぐち) ) を (とお)って、 神社(じんじゃ)(なか) ( 境内 (けいだい )) へ (はい)ります。 この 鳥居(とりい)は、 15mです。 とても (おお)きい ですね。 ()で できた 鳥居(とりい)の (なか)で、 日本(にほん)で 一番 (いちばん )( おお)きいです。

Kawagoehikawa photo09

神社(じんじゃ)へ ()ったら、 まず 手水(ちょうず)(しゃ)で (からだ)を きれいに します。 参拝(さんぱい)の 順番(じゅんばん)や マナーは 「いまさらけない 神社じんじゃただしい参拝方法さんぱいほうほう」を ()んで、確認(かくにん)して くださいね。

2.人形流ひとがたながしを する

Kawagoehikawa photo08

Kawagoehikawa photo12

まず、 境内(けいだい) ( 神社じんじゃの なか ) に (なが)れて いる (ちい)さい (かわ)で 「人形(ひとがた)(なが)し」を して みましょう。 やり(かた)は (した)の 説明(せつめい)の (とお)りに します。


1. 人形(ひとがた)」と ()う 和紙(わし) ( 日本にほんの かみ ) に 3(かい)いきbreathを ()きます。

2. 人形(ひとがた)で (からだ)を さわります。

3. (はら)え たまえ、 (きよ)め たまえ 」と ()いながら、 (みず)の (うえ)に おきます。 これで 自分(じぶん)が ()らない ときに (わる)いことを したら、 その (わる)いことを ()って もらうことが できます。 ( (わる)いことを したら、 (こころ)や (からだ)が きたなく なりますから )

3.神様(かみさま)が いる ところへ ()って、 挨拶(あいさつ)を する

Kawagoehikawa photo06

本殿(ほんでん)へ ()って 神様(かみさま)に 挨拶(あいさつ)を したら、 神社(じんじゃ)の (なか)に いる (ほか)の 神様(かみさま)にも 挨拶(あいさつ)を しましょう。 神様(かみさま)が いる ()(ご神木(しんぼく))も ありますよ。

Kawagoehikawa photo07

社務(しゃむ)(しょ)で (かみ)を もらって、 神社(じんじゃ)の (なか)に ある 朱印(しゅいん)(スタンプ)を ()しながら、 (ほか)の 神様(かみさま)が いる ところへ 挨拶(あいさつ)を しに ()きましょう。 御朱印(ごしゅいん)に ついては、 「たび記念きねん参拝さんぱい記録きろくに、日本にほん寺社じしゃ御朱印ごしゅいんあつめてみよう」を ()んで くださいね。

4.ご神木しんぼくの まわりを ある

Kawagoehikawa photo03

Kawagoehikawa photo15

本殿(ほんでん)の (うら)に、 樹齢(じゅれい) ( ()の とし ) 600(ねん) 以上( いじょう)の ケヤキJapanese zelkovaが 2本 (ほん )()って います。 一緒(いっしょ)に ()って いて、 夫婦ふうふhusband and wifeみたい ですね。 この 2(ほん)の ご神木(しんぼく)の (まわ)りに (いし)の (みち)が あります。 8の (かたち)に (みち)を (ある)くと、 神様(かみさま)から パワーsacred powerを もらうことが できる そうです。

5.絵馬えまの トンネルを とお

Kawagoehikawa photo04

あなたは、絵馬えまを って いますか。 絵馬(えま)は、 神社(じんじゃ)に お(かね)を (わた)して ( おさめて )、それから もらうことが できます。 そこに、 お(ねが)い する ことを ()きます。 それから、 神社(じんじゃ)に 絵馬(えま)を かける ところが ありますから、 そこに かけます。 ( このように 神社(じんじゃ)に (なに)か (わた)すことを 「奉納(ほうのう)する」と ()います。 ) 川越(かわごえ)氷川神社(ひかわじんじゃ)に、 たくさん 絵馬(えま)が かけて あります。 そして、 それが トンネルtunnelの (かたち)に なって います。 絵馬(えま)の (あいだ)から (ひかり)が (はい)って、 とても きれいです。 その 大勢(おおぜい)の (ひと)の お(ねが)いが ()いて ある 絵馬(えま)の (なか)を、 (とお)りましょう。

6.たいred snapperの おみくじを 

Kawagoehikawa photo05

人形(ひとがた)(なが)しを して (からだ)を きれいに して、 神様(かみさま)に 挨拶(あいさつ)を して、 神様(かみさま)の パワーを もらいました。 それから、 おみくじを ()いて みましょう。 もちろん 普通(ふつう)の おみくじも あります。 ですが、 人気(にんき)の おみくじが あります。 それは、 (たい)を ()る 「(いち)(ねん) 安( あん)(たい)みくじ」と 「あい(たい)みくじ」 ( どちらも 1つ 300(えん) ) です。 (たい)の 人形(にんぎょう)の (なか)に おみくじが (はい)って います。 ですから、 おみくじを ()した あとも、 その 人形(にんぎょう)を ()って いる ことが できます。

7.縁結えんむすびの おまもりを もらう ( う )

Kawagoehikawa photo17

Kawagoehikawa photo10

最後(さいご)に、 社務(しゃむ)(しょ)で 縁結(えんむす)びの お(まも)りを もらいましょう。 ( お(まも)りは 神様(かみさま)と (おな)じ ですから、 「()う」を 使(つか)いません。 「もらいます」や 「いただきます」を 使(つか)います。 )

Kawagoehikawa photo11

この「(あか)(えん)(ひつ)」は 川越(かわごえ)氷川神社(ひかわじんじゃ)だけに ある お(まも)りです。 川越(かわごえ)氷川神社(ひかわじんじゃ)では、 ()まれた(とき)から、すてきな (ひと)と 「 運命(うんめい)の (あか)い (いと) 」で (つな)がって いると (かんが)えて います。 この えんぴつは、 たくさん 使(つか)うと 「 運命(うんめい)の (あか)い (いと) 」が (みじか)く なって、 すてきな (ひと)と (ちか)づく ことが できる という デザインdesignです。 かわいいですね。

8.20たいだけの 「縁結えんむすだま」を もらう

Kawagoehikawa photo13

もし あなたが (あさ)から 参拝(さんぱい)できたら、 「縁結(えんむす)(だま)」を もらいましょう。 ( これは お(かね)が 必要(ひつよう)ありません。 無料(むりょう)です。 ) 川越(かわごえ)氷川神社(ひかわじんじゃ)では、 (むかし)から 「 境内(けいだい)の 玉砂利 (たまじゃり )( (ちい)さい (いし) ) を ()って (かえ)って、 たいせつに すると、 すてきな (ひと)に ()うことが できる 」 と (かんが)えて います。 本殿(ほんでん)(まえ)の (しろ)い 玉砂利(たまじゃり)を 巫女(みこ)が (あさ)の (あみ)に (つつ)みます。 それから、 神職(しんしょく)が (わる)いものを ()ります。 ( お(はら)いします。 ) そして、「縁結(えんむす)(だま)」を、 (あさ) 8()から 20(たい)だけ、 (わた)しています。 とても (ちから)の (つよ)い お(まも)りで、 (あさ) 早( はや)く ですが 沢山(たくさん)の (ひと)が 神社(じんじゃ)へ ()きます。

「 ずっと この (ひと)と 一緒(いっしょ)に ()きたい 」と (おも)う (ひと)に ()った とき 、2(にん)で 一緒(いっしょ)に 神社(じんじゃ)に お(まい)りを します。 そして、 縁結(えんむす)(だま)を 神社(じんじゃ)に (かえ)します。 そのとき、 「 ()(ひも)の もと 」 という 特別(とくべつ)な (あか)(いと)の お(まも)りを (わた)してくれます。

おわりに

Kawagoehikawa photo01

ほかにも、 ()神水(しんすい)を もらうことが できたり、 安産(あんざん) ( おかあさんが 元気げんきに どもを むことが できること )や  ()(さづ)け ( どもが できること ) お(ねが)いする 「(いぬ)(いわ)」が あります。 (からだ)や (こころ)の きたないものや (わる)いものを とって、 きれいに して、 それから 神様(かみさま)に お(ねが)いしたら、 (かなら)ず すてきな (ひと)に ()うことが できますよ。

神社(じんじゃ)の (となり)に 氷川(ひかわ)会館(かいかん)が あります。 そこに むすびcaféも あります。 ぜひ ()って みて ください。


執筆者&翻訳者

旅と3度の食事とランニングが元気の源。知らない土地でのわくわくも、お気に入りの喫茶店でまったりする時間も好きです。

翻訳者 rei sugimoto

関連記事

特集

ランキング

Loading...