Stay Safe in Japan Update: 21/09/2018, 19:14


More Information

<ruby>今日<rt>きょう</rt></ruby>は たのしい ひな<ruby>祭<rt>まつ</rt></ruby>り

今日きょうは たのしい ひなまつ

2019.03.01 お気に入り

3月(がつ)3日(みっか)は ひな祭(まつ)りです。それは 女(おんな)の子(こ)が 元気(げんき)で 大(おお)きくなってほしい という 願(ねが)いの 行事(ぎょうじ:events)です。何(なに)をするか どんなものを 食(た)べるか 紹介(しょうかい)します。

Translated by rei sugimoto

Written by Ayako Motokimida

Pocket LINE

3がつ3日みっかは、「ひなまつり」です。

ひなまつりって?

ひなまつは、(おんな)()が 元気(げんき)に (おお)きくなってほしいと (ねが)うための 行事(ぎょうじ)(evets)です。

ちょうど ももはなが く 季節きせつなので、「もも節句せっく」とも います。

なにを するの?

3がつ3日みっかは (やす)みの()では ありません。ひな(まつ)りは 「(おんな)()」の ための 行事(ぎょうじ)です。なので、(おんな)の ()どもが いなかったり、()どもが (おお)きくなったりしたら、(なに)もしない、(いえ)も (おお)いです。
しかし、ひな(まつ)りに (むかし)から していることも あります。それは 場所(ばしょ)によって (ちが)います。ここでは だいたいの (いえ)が 「ひな(まつ)りにすること」を 紹介(しょうかい)します。

  • ひな人形にんぎょうを かざ
  • ひな人形(にんぎょう)は、()どもの 身代(みが)わりと なって 事故(じこ)や 病気(びょうき)から (まも)ってくれる 人形(にんぎょう)です。 そして、()どもが 元気(げんき)に (おお)きくなってくれたことを (いわ)う(celebrate)ために (かざ)ります。(むかし)から 日本(にほん)では、人形(にんぎょう)に (けが)れ((わる)いことを ()こすもの)や (やく)((わる)いこと)を (うつ)すという 風習(ふうしゅう)(Customs)が あります。それと、(おんな)()が 元気(げんき)に (おお)きくなることを (ねが)う 行事(ぎょうじ)と 一緒(いっしょ)に なって、ひな人形(にんぎょう)は、江戸(えど)時代(じだい)ぐらいに (かざ)るようになった そうです。

    ひな人形(にんぎょう)は、(むかし)の 皇室(こうしつ)(the Imperial Household)を 真似(まね)した ものです。一番(いちばん)(うえ)の (おとこ)(ひと)と (おんな)(ひと)は いつも 一緒(いっしょ)で、天皇(てんのう)(emperor)と 皇后(こうごう)(empress)だそうです。(ほか)に、皇后(こうごう)の 世話(せわ)をする (さん)(にん)官女(かんじょ)、お囃子(はやし)(日本(にほん)の (まつ)りのときの 音楽(おんがく))を 演奏(えんそう)する(play) 五人囃子(ごにんばやし)政治(せいじ)を (たす)けた 右大臣(うだいじん)左大臣(さだいじん)が います。牛車(ぎゅうしゃ)や 茶棚(ちゃだな)などの (かざ)(もの)や、「ぼんぼり」と ()う (あか)り((むかし)の 電気(でんき))、(もも)と (たちばな)も あります。
    人形(にんぎょう)の (かお)や (ふく)も、一人(ひとり)ひとり、(ちが)います。

    (いえ)が あまり (おお)きくなくて 段飾(だんかざ)り((うえ)の 写真(しゃしん)のような ひな人形(にんぎょう))を (かざ)ることが できない (いえ)では、(だん)の 一番(いちばん)(うえ)の (おとこ)(ひと)と (おんな)(ひと)だけの 簡単(かんたん)な ひな人形(にんぎょう)内裏(だいり)びな と()います)を ()いたり、()に ()ってしまうような (ちい)さいものを (かざ)ったりします。((した)の 写真(しゃしん)

  • ひな(まつ)りの ()(もの)
  • ひな(まつ)りの ()の ()(もの)や ()(もの)は、甘酒(あまざけ)、ちらし寿司(ずし)、ひなあられなどが あります。

    甘酒あまざけ

    甘酒(あまざけ)は、(もち)(ごめ)(glutinous rice)と (こめ)(こうじ)(rice-malt)などで (つく)る、どろりとした (あま)い ()(もの)です。名前(なまえ)に「(さけ)」が ()いていますが、アルコールalcohol度数(どすう)は 1% より (ちい)さいです。()どもが ()んでも 安心(あんしん)です。

    はじめは (からだ)の (なか)の (わる)いものを 白酒(しろざけ)という お(さけ)を ()んで ()す という 風習(ふうしゅう) でした。しかし、()どもも ()むことが できるように 甘酒(あまざけ)に かわったそうです。

    ひなあられ

    いろいろな (いろ)が あって かわいい「あられ」((ちい)さい せんべい)は、それぞれの (いろ)に 意味(いみ)が あるそうです。(しろ)は (ふゆ)の 大地(だいち)、ピンクや (あか)は (いのち)(みどり)は (はる)の 芽吹(めぶ)き(はるに はなが いたり、ものが たくさん てくること)。ひなあられから (なが)く (さむ)い (ふゆ)が ()わり、(はな)が ()く (はる)を (たの)しみに ()っている 気持(きも)ちが わかります。それぞれの (いろ)の あられを ()べることで、1(ねん) 健康(けんこう)に ()ごせるそうですよ。

    ちらし寿司ずし

    れんこんや 海老(えび)錦糸(きんし)(たまご)など いろいろな (いろ)の ()(もの)を 使(つか)っている ちらし寿司(すし)は、はじめ おめでたいことや お(まつ)りの(とき)に ()べる 料理(りょうり)でした。
    (あな)の (ひら)いた れんこんは、(さき)を ()ることが できりょうに、海老(えび)は (こし)が ()がるまで (なが)く ()きることが できるように……など、それぞれの ()(もの)に 意味(いみ)が あります。

    ひなまつりを たのしもう

    ひな(まつ)りの (ちか)くに なると、スーパーマーケットsupermarketでも ひなあられや 甘酒(あまざけ)を ()(はじ)めます。
    3月(さんがつ)3日みっかは ひな(まつ)りのための (かざ)りが ついた ちらし寿司(ずし)を (みせ)で ()うことが できます。

    また、場所(ばしょ)によっては「(なが)(びな)」((かみ)などで (つく)った 簡単(かんたん)な 人形(にんぎょう)に、(やく)を (うつ)して (かわ)に (なが)す)などの 行事(ぎょうじ)を やっているところも あります。そして、ピラミッドpyramidのように (たか)い ひな(だん)を (かざ)る お(まつ)りを する ところも あります。

    あなたが 旅行(りょこう)する 場所(ばしょ)では、どんな ひな(まつ)りの 風習(ふうしゅう)が あるでしょうか。

    関連トピック

    Pocket LINE