Stay Safe in Japan Update: 21/09/2018, 19:14


More Information

<ruby>他<rt>ほか</rt></ruby>より <ruby>早<rt>はや</rt></ruby>く <ruby>色<rt>いろ</rt></ruby>が <ruby>変<rt>か</rt></ruby>わる‼<ruby>東北地方<rt>とうほくちほう</rt></ruby>の <ruby>紅葉<rt>こうよう</rt></ruby>スポット 7つ(<ruby>奥入瀬<rt>おいらせ</rt></ruby>、<ruby>角館<rt>かくのだて</rt></ruby>ほか)
  • ほかより はやく いろが わる‼東北地方とうほくちほうの 紅葉こうようスポット 7つ(奥入瀬おいらせ角館かくのだてほか)

ほかより はやく いろが わる‼東北地方とうほくちほうの 紅葉こうようスポット 7つ(奥入瀬おいらせ角館かくのだてほか)

山形 2017.09.01

東京(とうきょう)や 大阪(おおさか)よりも 少(すこ)し 早(はや)く 赤(あか)くなる 東北(とうほく)の 紅葉(こうよう)スポット、青森県(あおもり)の 奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)、秋田県(あきたけん)の 角館(かくのだて)と 抱返渓谷(だきがえりけいこく)、岩手県(いわてけん)の 平泉(ひらいずみ)、山形県(やまがたけん)の 山寺(やまでら)、宮城県(みやぎけん)の 鳴子峡(なるこきょう)、福島県(ふくしまけん)の 五色沼(ごしきぬま)を 紹介(しょうかい)します。

Translated by T.Ikeda

Written by Eri Okubo

Google Pocket

(はや)く 紅葉(こうよう)を ()()きたいなら 東北(とうほく)地方(ちほう)へ!!

東北地方とうほくちほうは、日本(にほん)の (きた)にある 地域(ちいき)の 名前(なまえ)です。 京都(きょうと)や 東京(とうきょう)などの 有名(ゆうめい)な 観光(かんこう)()よりも (きた)にあるので、 (あき)や (ふゆ)が はやく ます。 ですから、ほかの 場所ばしょよりも はやく きれいな 紅葉こうようを たのしむことが できます。

東京(とうきょう)や 箱根(はこね)の 紅葉(こうよう)を ()()たのに、まだ シーズンseason(まえ)だった……」

そんなときは 東北(とうほく)地方(ちほう)へ ()ってみるのも いいでしょう。

この記事(きじ)では、 東北(とうほく)の 紅葉(こうよう)スポットspotを 7つ ピックアップpick upしました。 青森県あおもりけんの 奧入瀨おいらせ溪流けいりゅう、 秋田県あきたけんの 角館かくのだてと 抱返だきがえ溪谷けいこく、 岩手県いわてけんの 平泉ひらいずみ、 山形県やまがたけんの 山寺やまでら、 宮城県みやぎけんの 鳴子峽なるこきょう、 福島県ふくしまけんの 五色沼ごしきぬまなど、 全部(ぜんぶ) 自然(  しぜん)の (なか)で 紅葉(こうよう)を (たの)しめる 最高(さいこう)の スポットです。

紅葉(こうよう)を ()るための 情報(じょうほう)を ()りたい(ひと)は、「日本(にほん)(あき)のレジャー「紅葉狩(もみじが)り」の(たの)しみ(かた)と、紅葉(こうよう)のベストシーズン」の 記事きじを ()てください。 その(ほか)、 色々(いろいろ)な 紅葉(こうよう)が きれいな 場所(ばしょ)を ()りたい(ひと)は、「(あき)絶景(ぜっけい)東京(とうきょう)()られる紅葉(こうよう)スポット4(せん)」や「京都(きょうと)(じん)(おし)える「京都(きょうと)にきたらまず()るべき7つの紅葉(こうよう)エリア」」を ()てください。

1.青森県あおもりけん奥入瀬おいらせ渓流けいりゅう()()()

Tohoku koyo photo02


画像提供: HIDE & JELLY

奥入瀬おいらせ渓流けいりゅう」は、青森(あおもり)(けん)の 十和田湖(とわだこ)から (なが)れている (かわ)です。 14kmぐらい (かわ)が (つづ)いています。 (かわ)の 両側(りょうがわ)に 自然(しぜん)の (はやし)が あるので、 (そら)が (かく)れるぐらい きれいな 紅葉(こうよう)の (なか)を 散歩(さんぽ)することが できます。

Tohoku koyo photo03


画像提供: HIDE & JELLY

(みず)の (なが)れや、 面白(おもしろ)い (かたち)の (いわ)、 コケなどの 植物(しょくぶつ)など、 ()るところは たくさんあります。 (かわ)の (よこ)を 散歩(さんぽ)する (みち)が (つく)ってありますから、 とても (ある)きやすいです。 「阿修羅(あしゅら)(なが)」や「雲井(くもい)(たき)」など、 紅葉(こうよう)以外(いがい)の スポットも チェックcheckしてみてください。

2.秋田(あきた)(けん)角館(かくのだて)

Tohoku koyo photo04


画像提供: HIDE & JELLY

秋田県あきたけんの 仙北市せんぼくしにある「角館かくのだて」は、 (いま)でも (むかし)の (まち)が (のこ)っている 観光(かんこう)()です。 伝統(でんとう)(てき)な 武家(ぶけ)屋敷(やしき)(むかし)(さむらい)()んでいた(いえ))と (くろ)い (かべ)、 ()()な 紅葉(こうよう)の コントラストcontrastを (たの)しむことが できます。

(むかし)(ひと)の 生活(せいかつ)を (おも)いながら、 ゆっくり 時間(じかん)を (たの)しんでください。

3.秋田(あきた)(けん)抱返だきがえ渓谷けいこく

Tohoku koyo photo01


画像提供: HIDE & JELLY

抱返り渓谷(だきがえりけいこく)」も 仙北(せんぼく)()に あります。 (なが)さが 10kmぐらい あります。 自然(しぜん)の (はやし)と、 きれいな (かわ)の (なが)れが とても (うつく)しいので、 紅葉(こうよう)の スポットとして 人気(にんき)があります。 (むかし)は 山道(やまみち)が (せま)くて、 (まえ)から (ひと)が (ある)いて()たときに、 (いだ)きかかえるようにして (とお)っていたので、「抱返だきがえ渓谷(けいこく)」という 名前(なまえ)が ついたそうです。

(いま)は (ある)きやすい (みち)が (つく)ってあるので、 安全(あんぜん)に 景色(けしき)を (たの)しみながら 散歩(さんぽ)できます。

4.岩手(いわて)(けん)平泉(ひらいずみ)

Tohoku Koyo photo10


画像提供: HIDE & JELLY

平泉ひらいずみ」は 岩手(いわて)(けん)の 西(にし)(ほう)にある 地域(ちいき)です。 お(てら)や (にわ)が (のこ)っている 歴史(れきし)がある (まち)で、 世界(せかい)遺産(いさん)(world heritage)に なっている「中尊寺ちゅうそんじ」や「毛越寺もうつうじ」などが (いま)も (のこ)っています。 モミジなどの (あか)()が、 お(てら)や (にわ)を もっと (うつく)しくしています。

5.山形(やまがた)(けん)山寺(やまでら)

Tohoku koyo photo05

Tohoku koyo photo06


画像提供:山寺観光協会やまでらかんこうきょうかい

山形県やまがたけんにある「宝珠山(ほうしゅさん)立石寺(りっしゃくじ)」は、 有名(ゆうめい)な お(てら)で、 人々(ひとびと)は「山寺やまでら」と ()んでいます。。

860(ねん)の (なが)い 歴史(れきし)があって、 松尾(まつお)芭蕉(ばしょう)日本(にほん)俳句(はいく)())が ここで()んだ 「しずかさや (いわ)にしみ()る (せみ)(こえ)」という 俳句(はいく)は とても 有名(ゆうめい)です。

()(ぐち)から (つづ)いている (やく)800(だん)の 階段(かいだん)を (のぼ)ると、 (とお)くまで ()える 最高(さいこう)の 景色(けしき)が あります。 山寺(やまでら) 全部(  ぜんぶ)が カエデの ()で ()()に なるのを ()()きませんか?

6.宮城(みやぎ)(けん)鳴子峡(なるこきょう)

Tohoku koyo photo07


画像提供: HIDE & JELLY

宮城(みやぎ)(けん)にある「鳴子峡(なるこきょう)」は、 (ふか)さが 100mもある (たに)です。 (たに)が (かく)れるぐらいの (あか)い 紅葉(こうよう)と、 (つよ)い (かわ)の (なが)れを いっしょに (たの)しむことができます。 (ちか)くには 2.2kmぐらいの 大滝沢(おおだきざわ)遊歩道(ゆうほどう)(ある)(ひと)のための(みち))が あるので、 (いろ)が ()わった ()を ()ながら、 散歩(さんぽ)するのも いいでしょう。

鳴子(なるこ)温泉郷(おんせんきょう)は、 日本(にほん)に 11種類(しゅるい)ある お()の 種類(しゅるい)の (なか)で、 9種類(しゅるい)の 温泉(おんせん)が ()る (めずら)しい 温泉(おんせん)スポットです。 紅葉(こうよう)を ()た (あと)は、 鳴子(なるこ)温泉郷(おんせんきょう)で いろんな お()に (はい)るのも いいですね。

7.福島(ふくしま)(けん)五色沼(ごしきぬま)

Tohoku koyo photo08

五色沼ごしきぬま」は 福島(ふくしま)(けん)の うら磐梯ばんだいにある (ぬま)で、 毘沙門びしゃもんぬま赤沼(あかぬま)、みどろ(ぬま)弁天沼(べんてんぬま)瑠璃(るり)(ぬま)青沼(あおぬま)など、 いくつかの (ぬま)が (あつ)まっています。 エメラルドemeraldグリーンgreenや コバルトcobaltブルーblueなど、 いろいろな 青色(あおいろ)に (ひか)る (みず)と、 (あか)くなった 紅葉(こうよう)の コントラストcontrastは 素晴(すば)らしい 景色(けしき)です。 五色沼(ごしきぬま)で 一番(いちばん) 大(  おお)きい 毘沙門(びしゃもん)(ぬま)では ボートboatに ()ることができて、 (みず)に (うつ)る 磐梯山(ばんだいさん)を ()ることができます。

京都(きょうと)や 日光(にっこう)など、 世界中(せかいじゅう)の (ひと)が ()っている 紅葉(こうよう)スポットspotと (ちが)って、 東北(とうほく)地方(ちほう)の 紅葉(こうよう)スポットは まだまだ 日本人(にほんじん)も ()らない 場所(ばしょ)が たくさんあります。

(ほか)の 場所(ばしょ)とは (ちが)う 紅葉(こうよう)を ()たい(ひと)には、 東北(とうほく)地方(ちほう)が オススメです。

関連トピック

Google Pocket