Stay Safe in Japan Update: 21/09/2018, 19:14


More Information

鎌倉かまくら武士ぶしと バリアフリーbarrier-freeな 旅行りょこうが できる「ゲストハウスいろどり 鎌倉かまくら

【<ruby>鎌倉<rt>かまくら</rt></ruby>】<ruby>武士<rt>ぶし</rt></ruby>と <ruby>バリアフリー<rt>barrier-free</rt></ruby>な <ruby>旅行<rt>りょこう</rt></ruby>が できる「ゲストハウス<ruby>彩<rt>いろどり</rt></ruby> <ruby>鎌倉<rt>かまくら</rt></ruby>」

Translated by rei sugimoto

Written by chia

神奈川 2020.01.23 お気に入り

「ゲストハウス彩(いろどり)鎌倉(かまくら)」は 「武士(ぶし)」が オーナー(owner)の ちょっと 変(か)わった ゲストハウス(guesthouse)です。そして 体(からだ)に 障害(しょうがい:handicapped)を もっている 人(ひと)たちが 働(はたら)いているので、建物(たてもの)の 中(なか)は バリアフリー(barrier-free)に なっています。 

令和れいわ武士ぶし高野たかの朋也ともや

ゲストハウスを (ひら)く (ひと)は、どうして ゲストハウスを やりたい と(おも)ったのでしょう。

「たくさん 友達(ともだち)を (つく)りたい」から?
(いえ)で (はたら)きたい」から?
それが「(ゆめ)」だから?

いろいろな 理由(りゆう)が ありますね。
しかし 鎌倉(かまくら)で ゲストハウスを (ひら)いた 1ひと()の (おとこ)(ひと)の 理由(りゆう)は、(すこ)し (ちが)いました。

guesthouse 彩鎌倉

この(よろい)(traditional armor)を ()た 武士(ぶし)(さむらい)。
この武士(ぶし)は、今回(こんかい) あなたに 紹介(しょうかい)したい ゲストハウスの オーナー、高野(たかの)(とも)()さんです。

guesthouse 彩鎌倉

(れい)()(※1)武士(ぶし)」の (かれ)は 毎日(まいにち)(よろい)を ()て お(きゃく)さんを (むか)えます。
そして 鎌倉(かまくら)を 案内(あんない)して くれます。
時々(ときどき) (おお)きい (たけ)かご(bamboo basket)を 背負(せお)って 電車(でんしゃ)に ()ることも あります。

そんな(かれ)が (つく)った ゲストハウスは、(ほか)の ゲストハウスと ちょっと (ちが)います。

※1:(れい)()……2019(ねん)5月(ごがつ)から 使(つか)っている 日本(にほん)の 元号(げんごう)(Japanese era)。

いろいろな スタッフstaffが (むか)えて くれる「ゲストハウス(いろどり)鎌倉(かまくら)

guesthouse 彩鎌倉
guesthouse 彩鎌倉

90(ねん)(まえ)に できた (いえ)を (あたら)しくして (つく)った「ゲストハウス(いろどり) 鎌倉( かまくら)」は、()で できた (いえ)です。
そして (いえ)の (なか)は (たたみ)の (かお)り(におい)が します。
ここまでは (ふる)い (いえ)を 使(つか)った ほかの ゲストハウスと (おな)じように ()えますが……。

チェックインcheck-inの ときに あなたは ほかの ゲストハウスと (ちが)うところに ()づく と(おも)います。
ここでは、スタッフが 言葉(ことば)ではなく、黒板(こくばん)に 文字(もじ)を ()いて お(きゃく)さんと (はな)します。

【鎌倉】讓武士帶你去看海,身障者也能盡情享受旅行美好的「guesthouse 彩」

Picture courtesy of ゲストハウスいろどり鎌倉かまくら

そうです、ここの スタッフは ほとんどが (からだ)に 障害(しょうがい)(handicapped)を もち、(おと)を ()いたり、(もの)を ()たり、普通(ふつう)に (ある)くことが (むずか)しい (ひと)たちです。

スタッフの (とし)も いろいろで、高校生(こうこうせい)や 大学生(だいがくせい)、さらに 70(さい)以上(いじょう)の (ひと)も います。
障害(しょうがい)を ()つ (ひと)たちですが、仕事(しごと)は はやくて すばらしいです。

(しょう)がいを もつ (ひと)たちと 一緒(いっしょ)に 生活(せいかつ)する 場所(ばしょ)を (つく)りたい」

guesthouse 彩鎌倉

高野(たかの)さんが 障害(しょうがい)を もつ (ひと)たちと ゲストハウスを (はじ)めたのは、1(にん)の 親友(しんゆう)(一番(いちばん)の 友達(ともだち))が きっかけでした。

()まれたときから (くび)から (した)が (うご)かなかった 親友(しんゆう)
それでも 特別(とくべつ)な 学校(がっこう)ではなく、()(つう)の 高校(こうこう)へ ()きたいと (おも)っていました。
(かれ)は 親友(しんゆう)のために いろいろな 学校(がっこう)と (はな)したそうです。
しかし、どこも だめでした。

最後(さいご)、 親友(しんゆう)は 高校(こうこう)へ ()くことが できましたが、(かれ)は 「日本(にほん)では まだ しょうがいが ある (ひと)が 差別(さべつ)されている(disabilities)」と (おも)いました。

guesthouse 彩鎌倉

そんな 親友(しんゆう)の (はなし)から、高野(たかの)さんは「(しょう)がいが ある(ひと)と ない(ひと)に (ちが)いは ない。(かれ)らも 普通(ふつう)に 勉強(べんきょう)や 仕事(しごと)が したい と(かんが)えている」ことに ()づきました。

しかし 学校(がっこう)や 会社(かいしゃ)などが ()しい と(おも)わないと、その(ひと)たちに できることが たくさん あっても 勉強(べんきょう)したり (はたら)くことは できません。
そして、()まった 場所(ばしょ)でしか 生活(せいかつ)が できません。

guesthouse 彩鎌倉

しょうがいを もっている(ひと)が、みんなと (おな)じ 生活(せいかつ)が できる 場所(ばしょ)を (つく)りたかったんです」と(はな)す 高野(たかの)さん。高野(たかの)さんの (つよ)い 気持(きも)ちが (つた)わってきます。

2017(ねん)に「ゲストハウス(いろどり)鎌倉(かまくら)」 を (つく)り、(しょう)がい(しゃ)の 友達(ともだち)を ゲストハウスの スタッフとして (むか)えました。

ふかく 理解りかいしているから できること

guesthouse 彩鎌倉

ゲストハウスは バリアフリーbarrier-freeの 建物(たてもの)です。

(むかし) 看護(かんご)(nursing)の 仕事(しごと)を していた 高野(たかの)さん。
(かれ)は (からだ)に (しょう)がいが ある(ひと)が 大変(たいへん)だ と(おも)う ところを ()っています。

ですから、()(ぐち)には スロープslopeを つけて、車椅子(くるまいす)でも ()たり (はい)ったりを しやすくしました。

guesthouse 彩鎌倉

(ほか)の ゲストハウスに ない 場所(ばしょ)は「浴室(よくしつ)(けん)トイレ」です。

(たい)ら(flat)で とても (ひろ)いので、車椅子(くるまいす)でも 簡単(かんたん)に 使(つか)うことが できます。
また 車椅子(くるまいす)(ひと)に ()わせ、(かがみ)(mirror)や 洗面(せんめん)(だい)(()などを (あら)場所(ばしょ))などは (すべ)て (ひく)い 場所(ばしょ)に あります。

guesthouse 彩鎌倉

ほかにも、車椅子(くるまいす)の (ひと) 専用(せんよう)の お風呂(ふろ)なども あって、(こまか)い 場所(ばしょ)にも 気持(きも)ちが (とど)いています。
これは きっと、高野(たかの)さんの (かんが)えた 場所(ばしょ)だからこそ できたことでしょう。

guesthouse 彩鎌倉

(いま)では (からだ)に 障害(しょうがい)が ある (おお)くの (ひと)も ここを 使(つか)っています高野(たかの)さんは だんだん、(かれ)らに 鎌倉(かまくら)を (たの)しんでほしい と(かんが)えるように なりました。

観光(かんこう)(sightseeing)を (たの)しみたい? 武士(ぶし)と 一緒(いっしょ)に 鎌倉(かまくら)へ!

【鎌倉】讓武士帶你去看海,身障者也能盡情享受旅行美好的「guesthouse 彩」

Picture courtesy of ゲストハウスいろどり鎌倉かまくら

【鎌倉】讓武士帶你去看海,身障者也能盡情享受旅行美好的「guesthouse 彩」

Picture courtesy of ゲストハウスいろどり鎌倉かまくら

高野(たかの)さんは お(きゃく)さんと 一緒(いっしょ)に (うみ)を ()たり、鎌倉(かまくら)の (まち)を 観光(かんこう)したり、車椅子(くるまいす)を ()して (なが)い 階段(かいだん)を (のぼ)り、鶴岡(つるがおか)八幡宮(はちまんぐう)に ()ったりします。

高野(たかの)さんは いつも 自分(じぶん)の (ちから)を ぜんぶ 使(つか)って、お(きゃく)さんに (たの)しんでもらえるよう がんばっています。

鶴岡(つるがおか)八幡宮(はちまんぐう)の (なが)い 階段(かいだん)は 本当(ほんとう)に (つか)れますが、お(きゃく)さんは (よろこ)んでくれます」と 笑顔(えがお)いっぱいで (はな)して くれました。

guesthouse 彩鎌倉

鎌倉(かまくら)を より (たの)しむため、高野(たかの)さんは (ふる)い 地図(ちず)を ()って、鎌倉(かまくら)の 歴史(れきし)を (さが)す (たび)にも ()れて()って くれます。

一緒(いっしょ)に 草履(ぞうり)を ()き、にぎやかな (まち)から (はな)れて 歴史(れきし)ある (まち)を (たの)しみましょう。

理解(りかい)してもらえるまでの (なが)い 時間(じかん)

guesthouse 彩鎌倉

普通(ふつう)とは ちょっと (ちが)う ゲストハウス。もちろん ここまでくるのは 大変(たいへん)でした。

ゲストハウスを (つく)ったときは その (ちか)くに ()んでいる (ひと)が、ここに ゲストハウスを (つく)ることや しょうがいを もつ(ひと)に (はたら)いてもらうことなどに、不満(ふまん)(dissatisfaction)を ()うことが あったそうです。

しかし (しん)じたことを (つづ)けて、スタッフの みんなも 一緒(いっしょ)に がんばって、ようやく (みと)められるように なったそうです。

毎日(まいにち)のように ()る おしゃべりな (ひと)や、手伝(てつだ)ってくれる おばさんも いますよ!」と、高野(たかの)さんは ()います。

(わる)い イメージimageが ()くなり、みんなが 手伝(てつだ)ってくれるんですね。

guesthouse 彩鎌倉

(わたし)は この社会(しゃかい)を ()えることが できるだろうか」高野(たかの)さんは ずっと この疑問(ぎもん)(question)を ()っていました。

そして (よろい)を つけ しょうがい もつ(ひと)と 鎌倉(かまくら)を (ある)く (なか)で、(ちい)さな ()どもが (はな)しかけてくれるときに、その(こた)えを もらえる と()います。

(まわ)りの (ひと)に ()ってもらうことで、(かれ)が やっていることに ()づいて もらうことが できます。
そして「(わたし)は 本当(ほんとう)に、社会(しゃかい)を ()えることが できるかもしれない」と。

まとめ

guesthouse 彩鎌倉

365(にち)(よろい)を ()ている 高野(たかの)さんは 英雄(えいゆう)に なりたい と(かんが)えています。

この場所(ばしょ)を (まも)り、しょうがいを もつ 友達(ともだち)たちを (まも)り、一緒(いっしょ)に (おお)きくなりたい と(かんが)えています。

(じつ)は 高野(たかの)さんは、(さむらい)の 仲間(なかま)(一緒(いっしょ)に がんばる (ひと))を (あつ)めています。
より (おお)くの (しょう)がい(しゃ)が 一緒(いっしょ)に がんばることが できる 場所(ばしょ)を (つく)ろう と計画(けいかく)しています。

もし (かれ)と (おな)じ (おも)いが ある(ひと)は、ぜひ 鎌倉(かまくら)に ()き、この(れい)()武士(ぶし)に ()いに()って みて ください!

ゲストハウス彩(イロドリ)鎌倉

View Map & Details
lodging

※この記事(きじ)は 繁体字(はんたいじ)(ばん)の 記事(きじ)を 翻訳(ほんやく)(さい)編集(へんしゅう)したものです。

この記事きじいてあることは記事きじを いたときの 情報じょうほう(information)です。あなたが この記事きじを 読んでいるときには 商品しょうひん(っている もの)や サービスserviceが わっているかもしれません。まえに もう一度いちど 確認かくにんして ください。

関連トピック