Stay Safe in Japan Update: 21/09/2018, 19:14


More Information

日本(にほん)のことば事典(じてん)「干支(えと)・十二支(じゅうにし)」

日本(にほん)のことば事典(じてん)「干支(えと)・十二支(じゅうにし)」

2016.02.13 お気に入り

Translated by fujimoto

Written by MATCHA

Pocket LINE

干支(えと)」は 古代(こだい) 中国(ちゅうごく)の (ひと)が (かんが)えました。 日本(にほん)には 多分(たぶん) 3~4世紀(せいき)ごろに (つた)わったようです。(おも)に、  (にち)(つき)(ねん)時間(じかん)や 方位(ほうい)方角(ほうがく))、 角度(かくど)、 物事(ものごと)の 順序(じゅんじょ)などの (かず)のことばとして 使ってきました。

干支(えと)」は 12種類(しゅるい)の 動物(どうぶつ)なので、 「十二支(じゅうにし)」という名(まえ)も あります。 12(ねん)で 最初(さいしょ)から 最後(さいご)に (もど)ります。順番(じゅんばん)は 下記(かき)の とおりです。

ueno zoo 55

あなたはどの動物を見る? 上野動物園オススメコース3選より

子(ね):ネズミ
丑(うし):ウシ
寅(とら):トラ
卯(う):ウサギ
辰(たつ):ドラゴン
巳(み):ヘビ
午(うま):ウマ
未(ひつじ):ヒツジ
申(さる):サル
酉(とり):トリ
戌(いぬ):イヌ
亥(い):イノシシ

神社(じんじゃ)で 「干支(えと)」を (たの)しもう

神社(じんじゃ)は、日本(にほん)の 神様(かみさま)を (まつ)っています(神様(かみさま)が います)。そして、いくかの 神社(じんじゃ)は、 干支(えと)(えん)が あります。  たとえば、鳥取(とっとり)(けん)の 白兎(はくと) 神社(じんじゃ)には 「うさぎ」が たくさん あります。 京都市(きょうとし)の護王(ごおう) 神社(じんじゃ)には 「いのしし」が、神社(じんじゃ)の あちこちに ()いてあります。それぞれ、神社(じんじゃ)の 見所と なっています。神話(しんわ)や 伝説(でんせつ)には、干支(えと)と 神社(じんじゃ)の つながりの (はなし)が あります。 調(しら)べると、(なが)歴史(れきし)を (かん)じることが できるでしょう。

浅草寺(せんそうじ)では絶対(ぜったい)に「おみくじ」を()いてください! その理由(りゆう)はなんでしょうか?より

初詣(はつもうで:1(ねん)の (はじ)めに 神社(じんじゃ)へ (おこな)って お(まい)りをする)では、 たくさんの (ひと)が 「おみくじ()います。 おみくじで その(とし)を (うらな)います。 いろいろな タイプの おみくじが ありますが、「干支(えと)みくじ」も 人気(にんき)です。 このおみくじは、 自分(じぶん)の ()まれた(とし)の 干支(えと)を (えら)びます。 (すこ)し ()わった おみくじです。

京都(きょうと)の 下賀茂神社(しもがもじんじゃ)や 豊国神社(とよくにじんじゃ)などの 「干支(えと)みくじ」は、 (かみ)の おみくじが (ちい)さな 陶器(とうき)の 動物(どうぶつ)の (ちゅう)に (はい)っています。 とても かわいいですから おみくじを (たの)しんでから、部屋(へや)に (かざ)りたいです。 お土産(みやげ)としても オススメです。

新年(しんねん)は 「干支(えと)」が ()になります

日本人(にほんじん)は 年末年始(ねんまつねんし)に 友達(ともだち)や ()()いの(ひと)へ  年賀状(ねんがじょう)を ()きます。 年賀状(ねんがじょう)は、 新年(しんねん)の メッセージカード(message card)です。 日本人(にほんじん)は、 年賀状(ねんがじょう)で、 「干支(えと)」を(おも)()します。 その(とし)の 干支(えと)が 年賀(ねんが)はがきや 切手(きって)の デザイン(design)に なっているからです。ですから、自然(しぜん)と 「干支(えと)」を 身近(みぢか)に (かん)じます。

ueno zoo kids park4

あなたはどの動物を見る? 上野動物園オススメコース3選より

年男(としお)年女(としおんな)は、その(とし)と (おな)干支(えと)(とし)に ()まれた (ひと)のことです。 日本(にほん)では、 「年男(としお)」「年女(としおんな)」は 1つの ターニングポイント(turning point)で、 自分(じぶん)の 年齢(ねんれい)や 人生(じんせい)を (かんが)えて、 (すこ)し 特別(とくべつ)な 気持(きも)ちに なります。
2016/02/12(ねん)は「さる(とし)」で、12(さい)、24(さい)、36(さい)、48(さい)、60(さい)、72(さい)、84(さい)、96(さい)、108(さい)、120(さい)男女(だんじょ)が、年男(としお)年女(としおんな)でした。

日本人(にほんじん)は、いつも 「干支(えと)」の ことを (かんが)えているわけでは ありません。 でも、 「干支(えと)」は (いま)も ()らしの いろいろな ところに ()きています。

この記事きじに いてあることは 記事きじを いたときの 情報じょうほう(information)です。あなたが この記事きじを 読んでいるときには 商品しょうひん(っている もの)や サービスserviceが わっているかもしれません。まえに もう一度いちど 確認かくにんして ください。

関連トピック

Pocket LINE