Stay Safe in Japan Update: 21/09/2018, 19:14


More Information

【<ruby>日本<rt>にほん</rt></ruby>の<ruby>夏<rt>なつ</rt></ruby>】6<ruby>月<rt>がつ</rt></ruby>~8<ruby>月<rt>がつ</rt></ruby>の <ruby>祭<rt>まつ</rt></ruby>りと イベントを <ruby>体験<rt>たいけん</rt></ruby>してみませんか?
  • MATCHA
  • Interest
  • 日本にほんなつ】6がつ~8がつの まつりと イベントを 体験たいけんしてみませんか?

日本にほんなつ】6がつ~8がつの まつりと イベントを 体験たいけんしてみませんか?

2018.04.30 お気に入り

日本(にほん)には 伝統的(でんとうてき)な イベントや 祭(まつ)りが たくさんあります。今回(こんかい)は、夏(なつ)(6月、7月、8月)にある イベントや 有名(ゆうめい)な お祭(まつ)りを 紹介(しょうかい)します。ぜひ 日本に 旅行(りょこう)に 来(く)るときに、日本の 文化(ぶんか)や 伝統(でんとう)を 体験(たいけん)してください。

Translated by T.Ikeda

Written by MATCHA

毎年(まいとし) だんだん (あつ)くなっている 日本(にほん)(なつ)ですが、(なつ)だけの (たの)しみが あるのは (むかし)から ()わりません。 7月しちがつ1日ついたちには、富士山ふじさんなど、なつの あいだだけ はいることができる やまで 「山開やまびらき」という 神様かみさまの 儀式ぎしき(ceremony)が あって、 なつの レジャーleisureシーズンseasonが はじまります。 6月ろくがつ8月はちがつの あつさを たのしむ まつや イベントeventを 体験たいけんしてみてください。

6月(ろくがつ)のイベント

梅雨入(つゆい)

It's a rainy day

(うめ)(plum)の ()が とれる 季節(きせつ)に (あめ)が (つづ)くので、 毎年(まいとし6月ろくがつ10日とおかごろを「梅雨入つゆい」と います。 ここから 1かげつぐらいが 「梅雨つゆ」という あめの 季節きせつです。

旅行(りょこう)には あまり よくないと (おも)う (ひと)が (おお)いですが、「梅雨晴(つゆば)れ」と いうように 時々(ときどき) 晴( は)れることも ありますし、「空梅雨(からつゆ)」という (あめ)が (すく)ない (とし)も あります。 また「梅雨(つゆ)(ざむ)」といって、(きゅう)に (さむ)くなる ()も あるので、毎日 (まいにち  )天気(てんき)予報(よほう)の チェックを (わす)れないでください。

7月(しちがつ)の (まつ)りと イベント

七夕(たなばた)

七夕(たなばた)は、中国(ちゅうごく)の 有名(ゆうめい)な (ほし)の (はなし)と 宮中(きゅうちゅう)(Imperial court)の イベントが いっしょになって、日本(にほん)の 特別(とくべつ)な イベントになりました。神様(かみさま)は、ひこ(ぼし)と おり(ひめ)(※1)の (あいだ)に (あま)(がわ)(※2)を (つく)って、二人ふたりを はなしましたが、1ねんに 1かい、 7月しちがつ7日なのかだけ、 あまがわを わたって、うことができるという ロマンティックな はなしを もとにした イベントです。

DSC_1661

(なつ)()(いき)夕涼(ゆうすず)み。貴船(きぶね)神社(じんじゃ)七夕(たなばた)(ささ)(かざ)ライトlightアップupより

(いえ)では、(たけ)に (かざ)りや、いろんな お(ねが)いを ()いた 短冊(たんざく)という (かみ)をつけて、 (ほし)を ()ながら お(ねが)いします。

七夕

太陰暦(たいいんれき)(lunar calendar)では 7月(しちがつ)7日なのかは 8月(はちがつ)7日なのかごろです。 そのころ、豪華(ごうか)な (かざ)りが 有名(ゆうめい)な「仙台(せんだい)七夕(たなばた)」(宮城(みやぎ)(けん))や、浮世絵(うきよえ)や 美人(びじん)()の 100(まい)の ()が (よる)の (そら)を (かざ)る「七夕(たなばた)()どうろうまつり」(秋田(あきた)(けん))など、いろんなところで (うつく)しい 七夕(たなばた)まつりを ()ることが できます。

※1……ひこ(ぼし)と おり(ひめ):ひこ(ぼし)は「わし()のアルタイル」、おり(ひめ)は「こと()のベガ」を ()すそうです。この2つに「はくちょう()のデネブ」を (くわ)えて「(なつ)(だい)三角形(さんかっけい)」といいます。
※2……(そら)(かわ)(あまのがわ):()れた (そら)に (かわ)のように ()える たくさんの (ほし)の (あつ)まりで、日本(にほん)では、 (なつ)から (あき)に 一番(いちばん) よく ()えます。

祇園祭(ぎおんまつり)

祇園祭(ぎおんまつり)は、八坂神社(やさかじんじゃ)(京都(きょうと)()東山(ひがしやま)())の 伝統(でんとう)(てき)な (まつ)りで、9世紀(せいき)から (つづ)いています。 毎年(まいとし) 7月(  しちがつ)1日ついたちから 1か(げつ)(かん)ある、日本(にほん)で とても 有名(ゆうめい)な (まつ)りの ひとつです。

(なつ)】お囃子(はやし)山鉾(やまほこ)京都(きょうと)祇園祭(ぎおんまつり)をちらっとのぞいてみませんか。より

一番(いちばん) 見( み)てほしい ところは、ユネスコ無形(むけい)文化(ぶんか)遺産(いさん)(UNESCO Intangible Cultural Heritage)の 「山鉾巡行(やまほこじゅんこう)」です。 17(にち)の 「(さきまつり」と 24にちの 「あとまつり」に かれていて、 さきまつりでは 23、あとまつりでは 10の 山鉾やまぼこ(festival floats)が 京都きょうと市内しないを あるきます。

山鉾(やまほこ)」というのは、神社(じんじゃ)の お(まつ)りの(とき)に みんなが ()っぱる (かざ)りがついた (くるま)のことで、祇園祭(ぎおんまつり)の 山鉾(やまぼこ)は、(ふる)い (いえ)や (むかし)からある お(みせ)が ()っている 宝物(たからもの)なので、「(うご)美術館(びじゅつかん)」とぶ ひとも います。

隅田川(すみだがわ)花火(はなび)大会(たいかい)

隅田川花火

7月しちがつ8月はちがつは、いろんな 場所ばしょで 花火はなび大会たいかいが あります。そのなかでも、隅田川すみだがわ花火はなび大会たいかいは、とても 有名ゆうめいです。 東京とうきょうの 浅草あさくさや 向島むこうじまに ちかい 隅田川すみだがわで、 毎年まいとし 7月の  しちがつ   最後  さいごの 土曜日どようびに あります。たくさんの ひとが て、とても にぎやかです。

時間(じかん)は、午後(ごご) 7()()ぎから 1時間(じかん)(はん)。 場所(ばしょ)は、 (だい)(いち)会場(かいじょう) (桜橋(さくらばし)から (こと)(とい)(ばし)の (あいだ))と、 (だい)()会場 (かいじょう)(駒形橋(こまがたばし)と  厩橋(うまやばし)の (あいだ))の 2つで、 全部(ぜんぶ)で 2万(にまん)の 花火(はなび)が ()がります。 (だい)(いち)会場(かいじょう)では、 オリジナルoriginalの 花火(はなび)の コンクールcontestも あるので、 (めずら)しい 花火(はなび)を ()ることができます。

天気(てんき)によって、()にちが ()わったり、キャンセルcancelしたり することも あるので、注意(ちゅうい)してください。

土用(どよう)(うし)()

浅草(あさくさ)()たら()べておきたい!伝統(でんとう)和食(わしょく)名店(めいてん)10(せん)より

中国(ちゅうごく)の (ふる)い カレンダーcalendarで、 (なつ)の 「土用(どよう)(うし)()」に、 日本(にほん)では たんぱく(しつ)(protein)や ビタミンvitaminが (おお)くて、 (なつ)に ()べると 元気(げんき)が ()る ウナギeelを ()べます。

P8134139

江戸(えど)時代(じだい)から(つづ)館山(たてやま)老舗(しにせ)(しん)(まつ)」で(うなぎ)二段(にだん)(かさね)舌鼓(したつづみ)より

ウナギは (ひら)いて 甘辛(あまから)い タレを つけながら ()いた「蒲焼(かばやき)」を (しろ)い ご(はん)に のせて ()べるのが 普通(ふつう)です。

土用(どよう)の (うし)()」は 太陽暦(たいようれき)(solar calendar)を 使(つか)わないので、 (とし)によって ()にちが (すこ)し (ちが)って、2018(ねん)は 7月(しちがつ)20日はつかと  8月はちがつ1日ついたちが 土用(どよう)の (うし)()です。この()には、たくさんの ウナギ()から、蒲焼(かばやき)の いい(にお)いが してくるでしょう。

8月(はちがつ)の (まつ)りと イベント

阿波(あわ)おどり

阿波(あわ)おどりは、 徳島(とくしま)(けん)で (はじ)まった 伝統(でんとう)(てき)な (おど)りです。 400(ねん)ぐらいの 歴史(れきし)があって、 (なつ)には 徳島(とくしま)(けん)だけでなく、日本(にほん)の いろいろな 場所(ばしょ)で ()ることができますが、 一番(いちばん) 大(  おお)きいのは 「徳島(とくしま)()あわおどり」です。。

阿波踊り

ここでの 阿波(あわ)おどりは、毎年(まいとし)8月(はちがつ)12(にち)から 15(にち)までの 4日よっか(かん)です。この(あいだ)は 130万(  まん)(にん)の (ひと)が ()()て、 10万(  まん)(にん)ぐらいの (ひと)が (おど)りに ()るそうです。 4日よっか(かん)、 徳島(とくしま)()の (まち)中心(ちゅうしん)は (おど)りで いっぱいになります。

(れん)」という (おど)りの グループが たくさんあって、それぞれの グループgroupが オリジナルの (ふく)や (おど)りを ()せてくれます。最近(さいきん)では、 ()ているだけでは つまらないので、 (おど)りに 参加(さんか)する 旅行(りょこう)(きゃく)も ()えているそうです。

京都(きょうと)五山(ござん)(おく)()

【<ruby>日本<rt>にほん</rt></ruby>の<ruby>夏<rt>なつ</rt></ruby>】6<ruby>月<rt>がつ</rt></ruby>~8<ruby>月<rt>がつ</rt></ruby>の <ruby>祭<rt>まつ</rt></ruby>りと イベントを <ruby>体験<rt>たいけん</rt></ruby>してみませんか?

京都(きょうと)五山(ごさん)(おく)()は、毎年(まいとし) 8月(  はちがつ)16(にち)の (よる)に、 ()んだ(ひと)の (れい)(soul)を (おく)るために、京都(きょうと)の (まわ)りの 5つの(やま)に ()をつける 伝統(でんとう)(てき)な 仏教(ぶっきょう)(Buddhism)の イベントです。

()は、午後(ごご)8()から、「大文字(だいもんじ)」「妙法(みょうほう)」「船形(ふながた)」「(ひだり)大文字(だいもんじ)」「鳥居(とりい)(がた)」の 順番(じゅんばん)で つけ、30分間(ぷんかん)、 (くら)い (よる)の (そら)に、 文字(もじ)が ()かびます。

この記事きじいてあることは記事きじを いたときの 情報じょうほう(information)です。あなたが この記事きじを 読んでいるときには 商品しょうひん(っている もの)や サービスserviceが わっているかもしれません。まえに もう一度いちど 確認かくにんして ください。

関連トピック