旅行りょこうの 写真しゃしんを 使つかって おうち時間じかんを たのしもう! 「Digital Häagen Cup」

なつすずしくて ゆっくりできる「箕面みのお大滝おおたき」を に 渓谷けいこくハイキングhiking

福島

Translated by rei sugimoto

Written by Atsuko Yagura

暑(あつ)い 日(ひ)には 涼(すず)しい 場所(ばしょ)へ 行(い)きたいですね。大阪(おおさか)の 箕面(みのお)に すばらしい 滝(たき:fall)を 見(み)ることが できる 場所(ばしょ)が あります。

(あつ)い」と つい ()ってしまうのは これで (なん)(かい)()でしょうか。

筆者ひっしゃ(※)は なつに なると、かならず きたい とおもう 場所ばしょが あるんです。そこは すずしい もりや うつくしい たきが ある 場所ばしょです。

それが 大阪(おおさか)(えき)から 阪急(はんきゅう)電車(でんしゃ)で たったの 30(ぶん)の「箕面公園(みのおこうえん)」です。

【※単語たんご

  • 筆者ひっしゃ:writer
  • 明治めいじもり 箕面みのお国定こくてい公園こうえん

    明治めいじもり 箕面みのお国定こくてい公園こうえんは、昭和(しょうわ)42(ねん)(1967ねん)に「明治(めいじ)(ひゃく)(ねん)」を 記念(きねん)して、 東京(とうきょう)()の 高尾山(たかおさん)と 一緒(いっしょ)に 国定(こくてい)公園(こうえん)(※)に なりました。

    公園(こうえん)は、大阪(おおさか)() 箕面(みのお)()の (なか)で (きた)に あります。紅葉(こうよう)(※)や 33メートルの (たか)さから (みず)が ()ちる 箕面(みのお)大滝(おおたき)が 有名(ゆうめい)です。

    【<ruby>夏<rt>なつ</rt></ruby>】<ruby>涼<rt>すず</rt></ruby>しくて ゆっくりできる「<ruby>箕面<rt>みのお</rt></ruby><ruby>大滝<rt>おおたき</rt></ruby>」を <ruby>見<rt>み</rt></ruby>に <ruby>渓谷<rt>けいこく</rt></ruby><ruby>ハイキング<rt>hiking</rt></ruby>へ

    (おお)きい(まち)の (ちか)くに ありますが、1,000(しゅ)(※)以上(いじょう)の 植物(しょくぶつ)(※)と 3,000(しゅ)の 昆虫(こんちゅう)(※)が ()んでいます。そこは、(おお)きい (まち)に ある オアシスoasisです。

    【※単語たんご

  • 国定公園こくていこうえん:Quasi-national Park
  • 紅葉こうよう:autumn leaves
  • しゅ:types
  • 植物しょくぶつ:plants(や はな
  • 昆虫こんちゅう:insect
  • 箕面みのお大滝おおたきへ きましょう

    それでは 阪急(はんきゅう)箕面(みのお)(えき)」から 箕面(みのお)大滝(おおたき)へ ()きましょう。

    (みち)は ほとんど (たい)らで (たき)までは 2.7キロメートル。(ある)いて 40(ぷん)ぐらいで ()きます。

    【<ruby>夏<rt>なつ</rt></ruby>】<ruby>涼<rt>すず</rt></ruby>しくて ゆっくりできる「<ruby>箕面<rt>みのお</rt></ruby><ruby>大滝<rt>おおたき</rt></ruby>」を <ruby>見<rt>み</rt></ruby>に <ruby>渓谷<rt>けいこく</rt></ruby><ruby>ハイキング<rt>hiking</rt></ruby>へ

    (ある)(はじ)めると 一番(いちばん) 最初(さいしょ)に ()に (はい)るのが、もみじmaple treeの (てん)ぷらです。

    (なん)だろう と()てみると  「いらっしゃーい。もみじの (てん)ぷら どう? (ある)きながら ()べられるよー。」と おばちゃんの 元気(げんき)な (こえ)が します。

    (ひと)(ふくろ) ()いました。

    (あき)に 紅葉(こうよう)した もみじを 塩漬(しおづ)け(※)し、砂糖(さとう)(※)や 小麦粉(※)(こむぎこ   )を ()ぜて ()げている(※)そうです。

    菓子(かし)みたいで、(あま)くて ()どものときに ()べた お菓子(かし)のような (あじ)です。

    【<ruby>夏<rt>なつ</rt></ruby>】<ruby>涼<rt>すず</rt></ruby>しくて ゆっくりできる「<ruby>箕面<rt>みのお</rt></ruby><ruby>大滝<rt>おおたき</rt></ruby>」を <ruby>見<rt>み</rt></ruby>に <ruby>渓谷<rt>けいこく</rt></ruby><ruby>ハイキング<rt>hiking</rt></ruby>へ

    箕面(みのお)で 有名(ゆうめい)な もみじの (てん)ぷらを ()べて、(たき)へ ()きましょう。

    【<ruby>夏<rt>なつ</rt></ruby>】<ruby>涼<rt>すず</rt></ruby>しくて ゆっくりできる「<ruby>箕面<rt>みのお</rt></ruby><ruby>大滝<rt>おおたき</rt></ruby>」を <ruby>見<rt>み</rt></ruby>に <ruby>渓谷<rt>けいこく</rt></ruby><ruby>ハイキング<rt>hiking</rt></ruby>へ

    (ある)きやすい (みち)が (つづ)きます。

    (まわ)りに ()が たくさん あるので 木陰(こかげ)(※)も (おお)く、(よこ)に (かわ)が ありますから あまり (あつ)くありません。

    【<ruby>夏<rt>なつ</rt></ruby>】<ruby>涼<rt>すず</rt></ruby>しくて ゆっくりできる「<ruby>箕面<rt>みのお</rt></ruby><ruby>大滝<rt>おおたき</rt></ruby>」を <ruby>見<rt>み</rt></ruby>に <ruby>渓谷<rt>けいこく</rt></ruby><ruby>ハイキング<rt>hiking</rt></ruby>へ

    (ある)きやすい (みち)だけでなく、(つち)(※)の (みち)や ()の (なか)を (ある)きたい(ひと)の ための (みち)も あります。

    より (ちか)くで 渓谷(けいこく)(※)や もりわった いわ(※)などを たのしむことが できるので、看板かんばん(※)や 地図ちずえきや 駅前えきまえの 観光かんこう案内あんないしょ(※)で もらうことが できます)を て ぜひ いろいろな  みちを たのしんで ください。

    【<ruby>夏<rt>なつ</rt></ruby>】<ruby>涼<rt>すず</rt></ruby>しくて ゆっくりできる「<ruby>箕面<rt>みのお</rt></ruby><ruby>大滝<rt>おおたき</rt></ruby>」を <ruby>見<rt>み</rt></ruby>に <ruby>渓谷<rt>けいこく</rt></ruby><ruby>ハイキング<rt>hiking</rt></ruby>へ

    そして この(たき)への (みち)は、(まわ)り 全部(ぜんぶ)が もみじの ()で、一目(ひとめ)千本(せんぼん)と ()ばれる 景色(けしき)です。(あき)には ()()な 紅葉(こうよう)を ()せてくれるのでしょう。

    【※単語たんご

  • 塩漬しおづけ:salted
  • 砂糖さとう:sugar
  • 小麦粉こむぎこ:flour
  • げる:deep-fried
  • 木陰こかげ:shade of the trees
  • つち:soil
  • いわ:rock
  • 看板かんばん:sign
  • 観光案内所かんこうあんないじょ:information
  • もみじの トンネルtunnelを ると 箕面みのお大滝おおたきが あります
    すばらしい もみじを ()ていると ザーっ という (たき)の (おと)が ()こえるような ()がします。

    (かわ)の (ちか)くを (ある)いていくと、(とお)くに (たき)が ()えます!

    【<ruby>夏<rt>なつ</rt></ruby>】<ruby>涼<rt>すず</rt></ruby>しくて ゆっくりできる「<ruby>箕面<rt>みのお</rt></ruby><ruby>大滝<rt>おおたき</rt></ruby>」を <ruby>見<rt>み</rt></ruby>に <ruby>渓谷<rt>けいこく</rt></ruby><ruby>ハイキング<rt>hiking</rt></ruby>へ

    日本(にほん)(たき) 百( ひゃく)(せん)」にも (はい)っている 箕面(みのお)大滝(おおたき)です。

    (たき)の (はば)は それほど (ひろ)くは ありませんが、33メートルの (たか)さから (みず)が ()ちています。それは (しろ)い (いと)のように ()ちていて、とても (うつく)しいです。

    【<ruby>夏<rt>なつ</rt></ruby>】<ruby>涼<rt>すず</rt></ruby>しくて ゆっくりできる「<ruby>箕面<rt>みのお</rt></ruby><ruby>大滝<rt>おおたき</rt></ruby>」を <ruby>見<rt>み</rt></ruby>に <ruby>渓谷<rt>けいこく</rt></ruby><ruby>ハイキング<rt>hiking</rt></ruby>へ

    (たき)つぼ(※)の (ちか)くには ベンチbenchが あり、ゆっくり (すわ)りながら すぐ (ちか)くで (たき)を ()ることが できます。

    ここまで (ある)いてきて (すこ)し (あつ)かったですが、 (すず)しく なりました。

    ()の (まえ)の (うつく)しい (たき)、その(おと)(みず)の (にお)い、全部(ぜんぶ)が (すず)しさと (いや)し(※)を (はこ)んできます。

    【<ruby>夏<rt>なつ</rt></ruby>】<ruby>涼<rt>すず</rt></ruby>しくて ゆっくりできる「<ruby>箕面<rt>みのお</rt></ruby><ruby>大滝<rt>おおたき</rt></ruby>」を <ruby>見<rt>み</rt></ruby>に <ruby>渓谷<rt>けいこく</rt></ruby><ruby>ハイキング<rt>hiking</rt></ruby>へ

    (あつ)くて (つか)れしてしまう (なつ)(あさ)や 夕方(ゆうがた)は (すこ)し (すず)しくなりますが、(ひる)は 帽子(ぼうし)や 日傘(ひがさ)(※)を 使つかわないで (ある)くことが できません。

    大阪(おおさか)の ビルが たくさん ある 場所(ばしょ)を ()て、(うつく)しい (たき)と 渓谷(けいこく)、そして もみじを (たの)しむために 箕面(みのお)へ ()きませんか。

    【※単語たんご

  • たきつぼ:the basin of a waterfall(たきの みずが ちているところ)
  • やし:healing
  • 日傘ひがさ:parasol
  • Information
    箕面みのお公園こうえん

    住所じゅうしょ箕面市みのおし 箕面公園みのおこうえん1-18(管理かんり事務所じむしょ
    GoogleMap
    website:http://www.mino-park.jp/
    All pictures from PIXTA

    この記事きじいてあることは記事きじを いたときの 情報じょうほう(information)です。あなたが この記事きじを 読んでいるときには 商品しょうひん(っている もの)や サービスserviceが わっているかもしれません。まえに もう一度いちど 確認かくにんして ください。