食の安全を守る。東日本大震災から10年、福島の漁業関係者たち

3.11の津波と原発事故、その後の風評被害によって、福島の漁業は大打撃を受けました。MATCHAスタッフはいわき地区での漁業復興に係る取組を取材しました。福島県漁業協同組合連合会(以下、県漁連)では、国が定める放射性物質の基準値より厳しい自主基準を設定し、水揚げ日毎にスクリーニング検査を実施。食の安全を守る取り組みを続けています。
2021.11.29
本記事の情報は取材・執筆当時のものです。記事公開後に商品やサービスの内容・料金が変更となる可能性があります。ご利用の際は改めてご確認ください。