【女の子と神社に行ってみよう!】手水の作法をおぼえる

【女の子と神社に行ってみよう!】手水の作法をおぼえる

手水ちょうずとは

手水とは、神社の参拝の前に手や口を洗って心身を清めることをいいます。
神社には手水舎ちょうずやという、手や口を洗う場所が入口付近にあります。参拝の前にここで心身を清めて、気持よくお参りをしてみましょう!

【手順】

1,右手で柄杓をもち水をくむ
2,左手を清める
3,左手に持ちかえ、右手を清める
4,再び右手に持ちかえ、清めた右手で口をすすぐ
5,最後に、使用した柄を洗い清める
6,柄杓を元の位置に戻す

1,右手で柄杓をもち水をくむ

DSC_2757 こちらも自然とにやけてしまう、笑顔。

2,左手を清める

DSC_2759

3,左手に持ちかえ、右手を清める

DSC_2760

4,再び右手に持ちかえ、清めた左手で口をすすぐ

DSC_2763

柄杓に直接口をつけないよう、左手に水を受けてから口をすすぎます。

5,最後に柄杓を立てるようにして、使用した柄を洗い清める

DSC_2769

6,柄杓を元の位置に伏せて戻す

DSC_2771

神社でお参りする際には、まず手水を。
これをやってみると、「神社に来たな」と思えますよ!


thumb_81d0d55f2148626387bc7a944ef87229.png

執筆者&翻訳者

茨城在住。『MATCHA』の編集をしています。
MATCHA

訪日外国人観光客向けwebマガジン
‘MATCHA’ をいいね!して日本の情報をチェックしよう。

関連記事

特集

ランキング

Loading...