緑と自然あふれる東京の「府中・調布」を散策してみよう!

日本屈指の酷道|東大阪の暗峠を歩く

本サービスにはプロモーションが含まれています
article thumbnail image

関西一の「酷道」とも称される急坂「暗峠」(くらがりとうげ)。大阪市内から近鉄電車で約30分の枚岡駅、額田駅。その間を延びる古道、暗越奈良街道(くらがりごえならかいどう)は日本屈指の急勾配で、関西のみならず国内でも有名でハイカーも多く訪れています。かつて大阪府と奈良県を結ぶ最短ルートとしてにぎわった古道を歩きます。登ったあとの生駒山グルメもご紹介します。(ご注意)今回の紹介は徒歩、ハイキングでのレビューです。暗峠へ自動車、バイク、自転車などで行くと車両の損傷、または故障したりする可能性があります。また、転倒、落車によるケガの恐れもありますので、自己責任でお願いします。

更新日 :

Written by

■モノづくりのまちを生かした「体験型」観光 ■ラグビーのまちを生かした「ラグビー(スポーツ)」観光 ■文化資源や商店街等を生かした「文化・下町」観光

本記事の情報は取材・執筆当時のものです。記事公開後に商品やサービスの内容・料金が変更となる可能性があります。ご利用の際は改めてご確認ください。また、記事には、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。商品の購入、予約にあたっては、慎重にご検討いただきますようお願いします。