神保町・文房堂〜画材と文具の生きた歴史に足を踏み入れよう!〜

神保町・文房堂〜画材と文具の生きた歴史に足を踏み入れよう!〜

神保町と言えば書店?カレー?いえいえ、実は素敵な文具店や雑貨屋さんの集まるエリアでもあります。この記事では、色とりどりの商品が揃う、百年の歴史を有するお店「文房堂」を紹介します。

東京・神保町のイメージといえば? 書店の専門街、おいしいカレー屋さんの集まる街? 確かにそんな一面もあります。

ただ実は、神保町は素敵な文具店や雑貨屋さんの集まるエリアでもあるのです。この記事では、色とりどりの商品が揃う、百年の歴史を有するお店「文房堂」を紹介します。

文房堂の歴史

文房堂外觀直

文房堂は1887年に創業し、2018年には130年の歴史を迎えます。創業当時は油絵具の販売と開発を主に行った日本で最初の専門店です。

文房堂都市景觀

現在の建物の外観は1922年に完成しました。翌年関東大震災が発生し、神田周辺の建物はほとんどが消失し焼け野原になってしまいましたが、文房堂は当時としては珍しい鉄筋建築だったために幸運にもその姿を留めておくことができました。このときに残った外壁は「都市景観賞」を獲得し、多くの日本の雑誌やテレビ局から取材を受けるようになりました。

次のページで、文房堂の各フロアを紹介!
1 2

執筆者&翻訳者

大學電影系畢業後因為一場東京之旅毅然決然卯起來到日本學日文 從留學,打工度假,到踏進職場打拼。正在每天接受文化衝擊中生活。 曾任台灣日系雜誌編輯,口譯,現為住在東京的企劃編輯。https://www.facebook.com/filmmiho/

翻訳者 Kunihisa

MATCHA

訪日外国人観光客向けwebマガジン
‘MATCHA’ をいいね!して日本の情報をチェックしよう。

関連記事

特集

ランキング

Loading...