日本のトイレはお尻が洗える?ウォシュレットの使い方

日本のトイレはお尻が洗える?ウォシュレットの使い方

文化が違えばトイレの事情も異なります。
海外旅行をするなら、各国のトイレ事情を押さえておきたいものです。
そこで今回は、日本のトイレについてご紹介していきましょう!

癒しの空間&ハイテク機能

トイレのあるきれいな空間

ピカピカの便座が清潔感を漂わせ、ついつい長居してしまう日本のトイレはまさに癒しの空間。快適な時間が過ごせるはずです。
そして、日本のトイレはハイテク! 便座が温まっていたり、便座の蓋が自動開閉したり、驚く機能が搭載されています。このような機能を見たとき「これは本当にトイレなのだろうか?」と疑いたくなるでしょう。

日本のトイレはお尻が洗える

日本のトイレはまだまだ素晴らしい機能を持っています。まずは、こちらの写真をご覧ください。

操作ボタン

日本のトイレには、壁か便座にこのようなボタンが付いています。そして中央の大きなボタンを押すと、スイッチが入りました。

何もない便座

すると何もない便座から……

飛び出してきたノズル

水が噴き出してくるノズルが登場しました! 日本のトイレでは、この機能でお尻を洗うことができます。「ウォシュレット」や「シャワートイレ」と呼ばれるこの機能は、日本の多くのトイレに導入されています。

噴水を好みに合わせて調整ができる

操作ボタンの説明

ウォシュレットは、ボタンを操作することで噴き出してくる水の調整ができます。洗浄の強さは「+」のボタンを押せば水の勢いが強くなり、「-」のボタンを押せば水の勢いを弱くなります。そして、洗浄位置も「前」「後」で操作が可能です。あなたの好みにぴったりと合う洗浄の強さと洗浄位置を見つけてみましょう!

お尻をきれいに洗いきるために

お尻を洗うことができるトイレは最後まであなたを魅了します。

中央のボタンを押す

洗浄の強さと位置が決まったら、ノズルがでたままもう一度中央のボタンを押してみましょう。すると、ノズルが前後に動いてすみずみまで洗浄を行ってくれます! どのように動くのか、実際に動画で確認してみましょう。

http://youtu.be/1cFjVFHXUwc

座ったままで快適な時間をあなたに

洗い終わったら、乾燥機能を使いましょう。

乾燥ボタンを押す

風が吹いて、濡れたお尻を乾かしてくれます。日本のトイレは最後の最後まで、あなたをおもてなししてくれます。そして、全ての機能は左側の「止」のボタンで停止するので、こちらもぜひ覚えておきましょう。

おろした便座

今回、撮影のために便座は上げていましたが、「ウォシュレット」や「シャワートイレ」の機能を使う際には便座を下ろして座ったまま使用しましょう。立ちながらウォシュレットを使うと、自分の身体に水がかかってしまったり、便座や周辺を水浸しにしてしまったりすることもあります。次の人が気持ちよく使うためにも気をつけてくださいね。

使い方を覚えて、ぜひ日本のトイレを使ってみてください!

執筆者&翻訳者

庭園を愛するチビ・デブ・ハゲ。 健康管理とともに色んな場所へ赴きます。
MATCHA

訪日外国人観光客向けwebマガジン
‘MATCHA’ をいいね!して日本の情報をチェックしよう。

関連記事

特集

ランキング

Loading...