いまさら聞けない「灯籠」「行燈」「提灯」の違い

いまさら聞けない「灯籠」「行燈」「提灯」の違い

ガスや電気が使われるまで、日本では主にロウソクや油の火を照明として利用していました。そのとき使われていたのが、灯籠(とうろう)・行燈(あんどん)・提灯(ちょうちん)などの照明器具です。

ガスや電気が使われるまで、日本では主にロウソクや油の火を照明として利用していました。そのとき使われていたのが、灯籠(とうろう)・行燈(あんどん)・提灯(ちょうちん)などの照明器具です。

外国人の方が夜景を見て「あ、日本的だな」と思うのは、現代のネオンサインを別にすれば、これら照明器具の影響であることが多いようです。今回は外国人の方には見分けづらい、日本伝統の照明器具の違いについて紹介します。

灯籠(とうろう)とは

灯籠

灯籠は主に外で使用された、いまでいう街灯です。灯籠とは「灯り」の「カゴ」という意味で、その名のとおりロウソクの火が風で消えないよう、周囲を囲った道具です。素材は木や金属などさまざまですか、石で作られたものはとくに石灯籠と呼ばれます。石灯籠はお寺によく設置されているので、観光の際も目にすることが多いでしょう。


次は、行灯、提灯の説明です。
1 2

執筆者&翻訳者

MATCHAで編集やってます植松です。87世代。
MATCHA

訪日外国人観光客向けwebマガジン
‘MATCHA’ をいいね!して日本の情報をチェックしよう。

関連記事

特集

ランキング

Loading...