【釜石】「鉄と魚とラグビーのまち」日本の近代製鉄産業とラグビー【東北・岩手】

本サービスにはプロモーションが含まれています
article thumbnail image

釜石は製鉄業が盛んです。日本では19世紀にアメリカの軍艦が来航して以来、急速に近代化が進みました。釜石の製鉄業はその中で大きな役割を果たしたのです。釜石の山間部にある橋野鉄鉱山は、2015年に「明治日本の産業革命遺産」の構成資産としてUNESCO世界遺産に登録されました。 釜石駅前には製鉄所があり、鉄の歴史とともに醸成された独特な文化もあります。本記事では釜石の「鉄のまち」に関連するスポットをご紹介します。日本の製鉄業発展の歴史を辿りつつ、文化に触れる旅に出かけてみましょう。

更新日 :

Written by

釜石市全体を屋根のない博物館と見立てて、世界遺産である近代製鉄の歴史や、東日本大震災からの復興まちづくり、震災時に賞賛された児童生徒の避難行動を紐解く「防災学習」、漁業や林業、農業の1次産業の体験を提供しています。地域DMOのかまいしDMCでは、これらの観光資源をもとに、博物館への展示物を磨き上げて、皆様にお届けしております。

本記事の情報は取材・執筆当時のものです。記事公開後に商品やサービスの内容・料金が変更となる可能性があります。ご利用の際は改めてご確認ください。また、記事には、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。商品の購入、予約にあたっては、慎重にご検討いただきますようお願いします。