新型コロナウイルスに関する情報

日本のことば事典「だるま」

日本のことば事典「だるま」

ライター ニコ

2016.07.05 お気に入り

だるまを漢字で書くと「達磨」。インド人の僧侶である達磨が座禅をしている姿をかたどった置物を指します。達磨は、仏教の一派である禅宗を開いた人物ですが、今では宗教に関わりなく、生活を彩る縁起物として多くの人々に愛されています。

本記事の情報は取材・執筆当時のものです。記事公開後に商品やサービスの内容・料金が変更となる可能性があります。ご利用の際は改めてご確認ください。

関連トピック