原宿観光ガイド。アクセス情報からオススメファッションショップまで

原宿観光ガイド。アクセス情報からオススメファッションショップまで

東京の観光地の中でも人気の高い原宿は、日本のポップカルチャー中心であると同時に自然も残る魅力的な地域。 今回は原宿エリアの観光スポットやオススメの見どころについて紹介します。

若者ファッションの聖地、原宿に来たら何をする?

原宿は、渋谷や新宿などの繁華街にもほど近い、おしゃれなファッションの街。国内外のファッションブランドやショップや、新進気鋭のデザイナーが手掛けるアパレルショップなどが立ち並び、通りには様々なファッションに身を包んだ人々が行き交っています。

原宿は日本ならではのKAWAII(かわいい)文化発祥の地とも言われており、奇抜なファッションに身を包んだ若者の姿を見ることも珍しくありません。アートの盛んな地域としても有名で、日々刺激的な作品がここで生み出されています。

一方で、原宿は明治神宮や代々木公園など、自然も多く残っているエリア。ポップカルチャーと落ち着いた日本も楽しむことができるのが魅力です。本記事では、そんな原宿を観光するのに必要な情報を取りまとめました。

あわせて読みたい:

もう迷わない!世界の人が喜ぶニッポンのお土産6選

どこで買える? 浴衣、浮世絵、こけしなど和のおみやげ21選

渋谷、新宿、浅草、ディズニーランドなど、人気エリア別・東京ガイド

日本のおみやげまとめ(食べ物、お菓子、浴衣、忍者、化粧品、薬)

東京各地から原宿へのアクセス

JR山手線

原宿エリアには、原宿駅明治神宮前駅の2駅があります。原宿駅にはJR山手線、明治神宮前駅には東京メトロ千代田線、副都心線が通っています。

2つの駅はほぼ同じ位置にあるので、原宿に行く際は自分の滞在する場所や目的地に応じて使い分けましょう。

東京・上野からはJR山手線で原宿駅まで1本

東京駅や上野駅から原宿へ向かう場合は、JR山手線を使うと原宿駅まで乗り換えなしで行くことができます。料金は194円、所要時間は30分程度です。

原宿駅からは人気観光スポットの竹下通りや、明治神宮の入り口も近いです。原宿を広く楽しみたい方は、原宿駅を利用するのがオススメです。

表参道でショッピングを楽しみたい人は、明治神宮前駅が便利

ショッピングビルが並ぶ表参道に向かう方は、明治神宮前駅が便利。出口の多い明治神宮前駅を出たところは表参道の入り口で、すぐにショッピングを楽しむことができます。

明治神宮前駅を通る東京メトロ各線は、東京各地に広がっています。それぞれの路線の乗りかえも便利なので、自分の滞在しているところを把握して、ぜひ利用してみましょう。

あわせて読みたい:

竹下通り、明治神宮、代々木公園へ行くには?原宿の総合駅ガイド

原宿のオススメスポット10選を紹介

原宿は日本の文化の発信地! ここではぜひ訪れたい場所を10ヵ所紹介します。

1.明治神宮:日本最大の鳥居を見に行こう

明治神宮は、明治天皇とその皇后を祀った神社。相撲の儀式やお祭りなど、年間を通じて日本ならではの行事が多く行われています。

注目はシンボルともなっている大鳥居。木造の鳥居としては日本最大の大きさを誇ります。

明治神宮は、日本人の心を感じることができる観光スポットとして国内外の観光客に人気です。

あわせて読みたい:

日本を代表する神社、明治神宮。初詣の参拝者数は日本一!

日本人の心に触れることができる原宿「明治神宮」とは

色彩の美しさにみとれる。明治神宮外苑の銀杏並木が見頃!

2.キディランド:おみやげにぴったり!日本のアニメグッズが盛りだくさん

キディランド」は、原宿エリア屈指のおもちゃ店です。店内には、ジブリやドラえもん、ハローキティなど日本の人気アニメのキャラクター・グッズが並んでいます。

キディランドには、ハリウッドスターなども来日した際好んで来店するそう。日本のアニメ文化を象徴するスポットを体験してみてはいかがでしょう?

あわせて読みたい:

原宿キディランドは、日本のアニメグッズやおもしろグッズが勢ぞろい!

3.竹下通り:原宿らしさが詰まったメインストリートを歩いてみよう

竹下通りは原宿を代表するショッピングストリートとして国内外の方に大人気です。多くの人が訪れ、常に賑わいを見せます。

様々なお店が並ぶ竹下通りは、まさに原宿の文化が凝縮された場所。ここを歩けば原宿がどんな街であるか理解することができるでしょう。

あわせて読みたい:

原宿といえばココ!「竹下通り」に原宿のすべてが詰まってる!

4.キャットストリート:裏原宿とも呼ばれるおしゃれな通り

原宿から渋谷までをつなぐ遊歩道のキャットストリートは、個性的なアパレルショップや雑貨店が軒を連ねる通りです。路面店や居心地のよいカフェなど、眺めるだけでも楽しいお店がたくさん並んでいます。

キャットストリート周辺は、「裏原宿」と呼ばれ親しまれてきたエリア。ハイファッションが並ぶ表通りに比べ、ストリートブランドなど個性的な店が多く、裏通りを歩く楽しみが味わえるスポットです。

あわせて読みたい:

原宿から渋谷に続く「キャットストリート」でおしゃれなアイテムをゲット!?

5.根津美術館:日本庭園を体感できる美術館

根津美術館」は、日本・東洋の美術を鑑賞することができる美術館です。実業家で茶人でもあった根津嘉一郎氏の収集した作品を展示しており、数々の一級美術品が揃っています。

根津美術館のもうひとつの魅力は日本庭園。広大な庭園内には、4棟の茶室もあります。美術品を見た後に、庭園内を散策するのがオススメの観光ルートです。

あわせて読みたい:

南青山で非日常を堪能しよう!日本庭園が美しい根津美術館へ

6.代々木公園:四季の自然を楽しめる広大な公園

代々木公園は、明治神宮に隣接した公園です。総面積54.1haの広さを誇り、四季折々の自然を楽しむことができる都会のオアシスとして人気です。

代々木公園にはスポーツ関連施設のほか、野外ステージや広場があり、週末になると様々なイベントが行われています。原宿を訪れる際は、ぜひ公園内を散策してみてください。

あわせて読みたい:

原宿はカワイイだけじゃない!自然豊かな「代々木公園」の魅力

7.ラフォーレ原宿:原宿ファッションを象徴するショッピングビル

ラフォーレ原宿」は、日本の最新のファッションを提供するショッピングビルです。原宿ファッションの今知りたいなら、ぜひ足を運ぶべきスポット。

毎年1月と7月には「グランバザール」というセールも行われます。もし滞在期間中に開催されていれば、覗いてみるのもよいでしょう。

あわせて読みたい:

原宿ファッションの象徴! ラフォーレ原宿で日本の可愛いを体感しよう!

8.東急プラザ 表参道原宿:スタイリッシュなファッションブランドが入ったビル

東急プラザ 表参道原宿」は、ラフォーレ原宿の対面に位置するショッピングビル。スタイリッシュなアイテムが揃ったアパレルショップや、海外ブランドのフラッグショップなどが店を構えています。

屋上には、おもはらの森と名付けられた憩いの場もあります。無料で利用することができるので、買い物で疲れた際に立ち寄ってみましょう。

9.表参道ヒルズ:日本のトレンドの最先端を探る!

表参道ヒルズ」は明治神宮前駅から徒歩5分ほどのところにある、日本の最先端のファッションブランドが集結したショッピングモール。施設内には、上質で個性的なアイテムを扱う100を超える店舗が並びます。

地下3F、地上3Fの本館は中央部分が吹抜けになっており、それを螺旋状に囲むようにスロープが施されている独特のデザイン。ぜひ足を運んで、都会的な最新の日本ファッションを見つけてみてください。

10.「KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU」:訪日客にも人気なKAWAII文化の新名所

KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU」は、原宿のKAWAII(かわいい)文化を詰め込んだ、新感覚のコンセプトレストラン。きゃりーぱみゅぱみゅのミュージックビデオを製作した増田セバスチャンがプロデュースを行っているカフェで、色鮮やかでクレイジーな世界が表現されています。

KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKUでは、流行を吸収し新しいカルチャーを生み出す原宿を「モンスター」と見立てて独特の世界観をビジュアル化しています。原宿の若者の今を感じることができる、刺激的なスポットです。

あわせて読みたい:

原宿の新名所!KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU

原宿は、日本のおしゃれファッションやKAWAII(かわいい)文化などのポップカルチャーを牽引するだけではなく、明治神宮など伝統的な日本らしさも感じることができる観光スポットです。東京各地からのアクセスも便利なので、ぜひ足を運んでみてください。

あわせて読みたい:

日本人の心に触れることができる原宿「明治神宮」とは

安くて駅近な東京のおみやげ購入スポット10選

7エリアを2日で回る!東京の観光モデルプラン(浅草・新宿・渋谷・築地・秋葉原・原宿・銀座)

築地市場から歌舞伎座まで。東京の観光名所10選

ちょっと足を延ばして小旅行、東京から日帰りできる観光地10選

執筆者&翻訳者

横浜に育ち、古都鎌倉の高校に通い、大学は超都会の渋谷、イギリスのロンドン留学時はなぜか日本食のイベントを立ち上げて料理人、現在はライターをしている未熟者です。 ブログ:一期一会
MATCHA

訪日外国人観光客向けwebマガジン
‘MATCHA’ をいいね!して日本の情報をチェックしよう。

関連記事

特集

ランキング

Loading...