池袋を楽しむための保存ガイド。駅の案内、アニメポット、ショッピング施設など

池袋を楽しむための保存ガイド。駅の案内、アニメポット、ショッピング施設など

東京の北西に位置する「池袋」は、東京でも有数の巨大繁華街。この記事では、日本人でも迷いがちなアクセス方法や池袋のエリア情報、周辺のショッピングスポット、レジャー施設他、ポケモンやエヴェンゲリオンなどのアニメの世界を楽しめる施設など池袋を楽しむための情報をまとめました。


東京の北西に位置する「池袋(いけぶくろ)」は、日本を代表する巨大繁華街。大型商業施設や飲食店が軒を連ねていて、ショッピングやグルメを楽しめる街です。人気アニメに関する施設をはじめエンターテイメント施設も充実して家族連れでも楽しいひと時を過ごせるでしょう。

目次:

1.東京の主要駅から池袋へのアクセス
2.まるで迷宮?実はわかりやすい池袋駅と駅周辺
3.買い物天国、池袋のオススメショッピングスポット
4.迷ったらここへ!池袋のお楽しみスポット
5.滞在を快適に!池袋のオススメホテル
6.そのほか旅のお役立ち情報

東京の主要駅から池袋へのアクセス


池袋へのアクセスはJR山手線が便利。多くの主要な駅から乗り換えなしで行くことができます。山手線は都内を円を描くようにぐるぐると回る電車で、外回りと内回りがあります。乗る方向を間違えてもいつか円内の駅にはたどり着きますが、所要時間が大幅に変わってくるので注意してください。

新宿から池袋への行き方

新宿から池袋は、JR山手線を使って10分以内。このほかに、JR埼京線(大宮行き)、JR湘南新宿ライン快速(籠原行き)も利用できます。どちらの場合も交通費160円、所要時間約5分です。

路線  :JR山手線外回り(池袋・上野方面行き)
乗車駅 :JR新宿駅
降車駅 :JR池袋駅
交通費 :160円
所要時間:8分~

渋谷から池袋への行き方

渋谷から池袋は、JR山手線で7駅。JR山手線のほかに、JR埼京線快速(川越方面行き)も利用できます。埼京線快速を使うと交通費は同じく170円、所要時間は約13分です。

路線  :JR山手線外回り(新宿・池袋方面行き)
乗車駅 :JR渋谷駅
降車駅 :JR池袋駅
交通費 :170円
所要時間:16分~

上野から池袋への行き方

上野から池袋まではJR山手線で8駅です。ほかにもいくつかの方法がありますが、乗り換えが必要になります。乗り換えなしのJR山手線が一番わかりやすいでしょう。

路線  :JR山手線内回り(池袋・新宿方面行き)
乗車駅 :JR上野駅
降車駅 :JR池袋駅
交通費 :170円
所要時間:17分~

東京から池袋への行き方

東京から池袋は、JR山手線で12駅。東京メトロ丸ノ内線(池袋方面行き)でも池袋まで乗り換えなしで行くことができます。丸の内線の場合、交通費は同じく200円、所要時間は約16分と山手線よりも時間短縮できます。丸の内線を利用する場合は、目印の赤い円のホームを目指してください。

路線  :JR山手線内回り(上野・池袋方面行き)
乗車駅 :JR東京駅
降車駅 :JR池袋駅
交通費 :200円
所要時間:25分~

まるで迷宮? 実はわかりやすい池袋駅と駅周辺

池袋駅の主要出口の特徴

池袋駅は非常に大きいため、何も考えずに改札を出て歩くと、構内で迷ったり思わぬ場所に出てしまうこともあります。そこで、まずは自分の行きたい場所が何口にあるのかを知り、そのあとで各出口への行き方を調べることをオススメします。

ここでは、池袋駅の主要な4つの出口の特徴とそこにある観光スポットをご紹介します。

1.西口方面(中央1改札、中央2改札)


古びた趣のある立教大学キャンパス

西口には、東武百貨店池袋店、丸井などのショッピング施設、噴水が目印の池袋西口公園があります。歓楽街のイメージがありますが、立教大学や東京芸術劇場も西口にあり、芸術と文化の街という一面も持っています。

ここに集まる人々は学生からサラリーマンまでさまざま。そのいろいろな客層にあわせてちょっとおしゃれなカフェや飲食店、居酒屋、ラーメン店などが混在しています。また、「ロサ会館」という老舗のアミューズメント施設ではボーリング・ビリヤード・カラオケ館・ゲームセンターが楽しめ、国内最大規模を誇る数のダーツマシンもあります。

2.メトロポリタン口方面(メトロポリタン改札、南改札)

メトロポリタン改札は営業時間が7:30~21:00までと短いのですが、混雑が少なく利用しやすい改札で、待ち合わせ場所としても人気です。比較的新しくできたメトロポリタン口付近は洒落た雰囲気で、改札を出ると広々とした通路がメトロポリタンプラザに直結しています。

メトロポリタンプラザには、海外では「MUJI」の名前で親しまれている「無印良品」の入った「ルミネ池袋」や「Esola池袋」などの女性向けファッション雑貨や服飾品が豊富なファッションビル、前出の「東武百貨店池袋店」などに直結しています。

3.東口方面(中央1改札、南改札)


東口方面は西武池袋本店を起点として、東口のランドマークとなる「サンシャイン60」まで伸びるサンシャイン60通りの一帯が繁華街。「ビックカメラ池袋本店」「ヤマダ電機 LABI池袋」などの家電量販店のほか、多くの飲食店やゲームセンターが並んでいます。

サンシャインシティには「Sky Circusサンシャイン60展望台」「ナムコ・ナンジャタウン」「サンシャイン水族館」「コニカミノルタプラネタリウム満天」など、天候を気にせず楽しめる都市型エンターテインメント施設が揃っています。サンシャインシティアルパ2Fには「ポケモンセンターメガトーキョー」もあります。

詳しくは「 池袋で思いっきり遊びたいならここ。若者の集まる「サンシャイン60通り 」の記事をご覧ください。

4.北口(北口改札)

北口は新宿歌舞伎町によく似た雰囲気の、日本有数の歓楽街です。西口・東口ほど利用客は多くありませんが、西口から北口にかけては居酒屋やカラオケ店のほか、近年「池袋チャイナタウン」と呼ばれるほど中国料理店などの中華系のお店が激増してきているエリアです。

「池袋P’PARCO」地下には「ニコニコ本社」があり、ここでは動画放送を楽しんだり、ニコニコ関連グッズが手に入ります。また、原宿から移転してきたエヴァンゲリオングッズ専門店「evangelion store tokyo-01」もファンには見逃せないところでしょう。

池袋駅の注意点


利用客の世界第1位は東京の新宿駅。それに続く世界第2位を争うのが池袋の中心駅である池袋駅と渋谷駅です。巨大ターミナル池袋駅にはJR各路線(山手線・埼京線・湘南新宿ラインなど)、私鉄(東武鉄道・西武鉄道)、東京メトロ (丸ノ内線・有楽町線・副都心線)が乗り入れています。


北改札の先にあるのが「北口」。北口と同じ北通路の東方面にあるのが「東口」です。

中央改札1と中央改札2がある中央通路の西方面あるのが「西口」です。

南改札を出ると南通路があり、南通路の2Fを西方面にいくと「メトロポリタン改札」があります。


池袋に行くときに目印としてぜひ覚えておいてほしいのが、池袋駅の東西出口にある西武池袋本店東武百貨店池袋店。実はこれらのデパート、その名に反して西武池袋本店が東口に、東武百貨店池袋店は西口にあります。池袋駅で迷ったら、通路でどちらかのデパートの表示を探して方角を確かめましょう。

買い物天国、池袋オススメショッピングスポット

街中にショップや飲食店が立ち並ぶ池袋ですが、主なショッピングスポットを押さえておきましょう。いずれも今自分がどこにいるか知るための、ランドマークにもなる建物です。

1.西武池袋本店


池袋駅、東の顔が西武池袋本店。食品・アート・服飾品まで、常になにか催事が行われています。ルイ・ヴィトンやエルメスなどの高級ブランドはもちろん、本館南9Fから12Fには「Loft」、別館1Fから2Fには「無印良品」が入っています。英語、中国語の話せる販売員がいるので、困ったらインフォメーションに相談してみましょう。

住所:東京都豊島区南池袋1-28-1
公式HP:https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/

2.東武百貨店 池袋店


池袋駅、西の顔は東武百貨店池袋店。9Fから10Fに入った「ユニクロ」はフルラインナップの商品を扱っていて、ベビー、キッズコーナーも充実しています。11Fから15Fはレストラン街「ダイニングシティ スパイス」。ショッピングの間のちょっとしたコーヒータイムから、和食・洋食・中華・アジアンなど46の飲食店が並んでいます。

住所:東京都豊島区西池袋1-1-25
公式HP:http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/

3.池袋PARCO(パルコ)


池袋PARCOは池袋駅東口にある、西武池袋本店に隣接したファッションビルです。地下2Fから地上8Fまで西武池袋本店よりも若い層の、特に流行に敏感な女性向けのファッショングッズが中心の品揃え。レストランやカフェも入っています。また、北口には別館の「池袋P’PARCO」があります。

住所:東京都豊島区南池袋1-28-2
公式HP:http://parco.jp/

詳しくは「 池袋PARCOで最新ファッションと美味しい食事を楽しもう! 」の記事をご覧ください。

4.ルミネ池袋


ルミネ池袋は、池袋駅西口の東武百貨店に隣接するファッションビルです。地下1Fから地上10Fまでのフロアには、服飾品・コスメティック・生活雑貨などさまざまな店舗が並んでいて、東武百貨店よりも若い年代がターゲットになっています。3Fに免税カウンターがあります。

住所:東京都豊島区西池袋1-11-1
公式HP:http://www.lumine.ne.jp/ikebukuro/

5. Esola池袋、Echika池袋


池袋駅西口にある商業施設。地下にあるのがエチカ、上層階(ソラ=空)にあるのがエソラです。地下鉄東京メトロの関連会社が運営していて、東京メトロ各線からのアクセスが簡単です。品揃えは20代から30代の女性向けの服飾品、雑貨が主で、6Fから9Fにはレストランが入っています。

住所:どちらも駅構内直結
公式HP:Esola池袋Echika池袋

6.サンシャインシティ

池袋駅東口にあるサンシャインシティは、水族館・展望台・博物館・プラネタリウムなどの入った複合商業施設。1Fと地下1Fはショッピングや飲食が楽しめるエリアになっています。60Fにある「サンシャイン60スカイレストラン」からは、東京が一望に見渡せます。

住所:東京都豊島区東池袋3-1-1
公式HP:http://www.sunshinecity.co.jp/

7.ビックカメラ池袋本店


ビックカメラ池袋本店は池袋駅東口にある大型家電量販店です。本店のほか、パソコン館・カメラ館・アウトレット館など、東口一帯に複数のビルがあります。有料サービスですが、羽田・成田・中部国際・関西国際空港に購入した品物を配送してくれる、エアポートデリバリーを利用すると、重い荷物を持ち歩かずに旅行が楽しめます。

住所:東京都豊島区 東池袋1-41-5
公式HP:http://www.biccamera.co.jp/shoplist/shop-007.html

あわせて読みたい:

東京最大級の繁華街!池袋のショッピングスポット7選

迷ったらここへ! 池袋のお楽しみスポット

池袋はそのアミューズメント性の高さでもよく知られている街。アニメファンにはたまらないパラダイスですが、家族やカップルで楽しめるようなエンターテインメント施設も豊富です。そんな中から厳選してオススメのスポットをご紹介します。

アニメ・コミック関連編

1.アニメイト池袋本店

日本全国に100店舗あまりにアニメ・コミック・ゲーム・キャラクターグッズの専門店を展開する「アニメイト」。本店は池袋駅東口から徒歩5分のところにあります。1Fから9Fまでの広々としたフロアにはたくさんの商品が並び、アニソンアーティストや声優のイベントが開かれるイベント会場やスタジオもあります。

住所:東京都豊島区東池袋1-20-7
公式HP:https://www.animate.co.jp/shop/ikebukuro/

2.J-WORLD TOKYO

ナムコの「J-WORLD TOKYO」は、週刊少年ジャンプの「ワンピース」「ドラゴンボール」「NARUTO」「黒子のバスケ」などの人気漫画作品をモチーフにした、世界初の屋内型テーマパーク。池袋駅東口のサンシャイン60通りを進んだ先にある、サンシャインシティワールドインポートマート3Fにあります。

住所:東京都豊島区東池袋3−1−3 ワールドインポートマートビル
公式HP:http://www.namco.co.jp/tp/j-world/

3. ナンジャタウン

サンシャインシティワールドインポートマート2Fには、同じくナムコの展開する屋内型テーマパーク「ナンジャタウン」があります。「ドッキンガム広場」「福袋七丁目商店街」「もののけ番外地」と3つのゾーンに分かれたナンジャタウンは、子どもが思いっきり楽しめるアトラクションがいっぱいです。

住所:東京都豊島区東池袋3丁目
公式HP:http://www.namco.co.jp/tp/namja/

4.EVANGELION STORE(エヴァンゲリオンストア)TOKYO-01

池袋駅北口にある「池袋P’PARCO」の2Fにある「EVANGELION STORE TOKYO-01」は、エヴァンゲリオングッズを販売するオフィシャルショップ。エヴァンゲリオンの服・雑貨・文房具などの小物が揃います。

住所:東京都豊島区 東池袋1-50-35 池袋P’PARCO 2F
公式HP:http://www.evastore.jp/pc/

5.ポケモンセンターメガトウキョー


浜松町から池袋に移転してきた「ポケモンセンターメガトウキョー」。池袋駅東口のサンシャインシティにあるポケモンのオフィシャルショップです。ポケモングッズが購入できるほか、カードゲーム教室などのイベントも開催されています。

住所:東京都豊島区東池袋3-1-1
公式HP:http://www.sunshinecity.co.jp/shop/s379.html

あわせて読みたい:

ポケモンがいっぱいで楽しさもいっぱい! ポケモンセンターメガトウキョーが池袋に登場!

レジャー・ゲームセンター・娯楽施設編

6.サンシャイン水族館


デートスポットとしても人気の「サンシャイン水族館」は、池袋駅東口のサンシャインシティにあります。大都会の真ん中池袋で、海・川・湖などの水辺に住む生物が見られます。アシカのパフォーマンスやペンギンパレード、ダイバーの水中パフォーマンスなどが人気です。

住所:東京都豊島区東池袋3-1-1
公式HP:http://www.sunshinecity.co.jp/aquarium/index.html

あわせて読みたい:

都市のど真ん中にある「サンシャイン水族館」は、まさに天空のオアシス

7.プラネタリウム満天

光と音のファンタジーショーが楽しめる「プラネタリウム満天」は、プラネタリウム関連機器メーカーの中でもトップブランドのコニカミノルタの直営。池袋駅東口のサンシャインシティにあります。LEDが映し出すまるで本物の星空のような光景に癒されてみませんか。

住所:東京都豊島区東池袋3−1−3 ワールドインポートマートビル
公式HP:https://planetarium.konicaminolta.jp/manten/?cid=JPP1601000Xsunshine

8.ラウンドワン池袋店


池袋駅東口のサンシャイン60通りにある「ラウンドワン池袋店」は、一部を除き24時間営業している複合アミューズメント施設です。館内ではゲーム、ボウリング・カラオケ・ビリヤード・ダーツ・卓球などが楽しめます。

住所:東京都豊島区東池袋1-14-1
公式HP:http://www.round1.co.jp/shop/tenpo/tokyo-ikebukuro.html

9.セガ池袋GIGO


地下1Fから地上7Fまでさまざまなゲーム機がつまった大型ゲームセンター「セガ池袋GIGO」は、池袋駅東口のサンシャイン60通りにあります。ゲームセンターは近隣にたくさんありますが、アニメ系の景品が多いのが最大の特徴です。

住所:東京都豊島区東池袋1-21-1TECH35ビル
公式HP:http://tempo.sega.jp/tabid/78/pdid/37/Default.aspx

あわせて読みたい:

「プリクラ」の使い方も紹介。日本のゲームセンターの楽しみ方

ゲームセンターのおもちゃ箱!「クレーンゲーム」の魅力とコツ

カフェ・飲食店編


10.猫の居る休憩所299(にくきゅう)

池袋駅東口にある「猫の居る休憩所299」は、いまや海外でもよく知られるようになった日本の猫カフェのひとつです。テーブル席、ベッド席のほか、夏はさわやかな畳、冬にはコタツが楽しめる畳ゾーンもあります。カードゲームや2000冊もの漫画もおかれているほか、Wifiも自由に利用可能。猫と一緒にのんびりくつろぎの時間が過ごせそうです。

住所:都豊島区東池袋1-23-9
公式HP:http://www.nya-n.jp/299/

11.和風スポーツバー 残心(ざんしん)

日本の武道の世界の中でも人気の剣道をテーマとしたマニアックな和風スポーツバー「残心」は、池袋駅東口にあります。オーナーが剣道仲間と一緒に作り上げたという和食が楽しめる店内には剣道具が展示されていて、剣道具の相談にも乗ってもらえます。

住所:東京都豊島区南池袋2-26-10 アクティオーレ南池袋3F
公式HP:http://www.zanshin.tokyo/index.html

12.サクラカフェ&レストラン 池袋

年中無休で24時間営業の「サクラカフェ&レストラン 池袋」は、池袋駅西口にあります。都内にリーズナブルな価格のホテルを展開するサクラホテルの運営する飲食店です。世界の各国料理や世界中から集めた約60種類のビールが自慢で、定期的に国際交流を目的としたイベントも開かれます。日本を旅するもの同士、気軽に情報交換もできそうです。

住所:東京都豊島区池袋2-39-10
公式HP:https://www.sakura-cafe.asia/ikebukuro/

日本文化編

13.池袋演芸場


落語は300年以上にわたって日本で愛されてきた庶民文化。日本のコメディです。池袋駅北口にある「池袋演芸場」は、世界中にたった4つしかない落語の定席の1つです。たとえ言葉がわからなくても、日本の伝統的な娯楽の雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。

住所:東京都豊島区西池袋1-23-1
公式HP:http://www.ike-en.com/index2.html

あわせて読みたい:

日本独自の「落語」を海外へ。英語落語の旗手・立川志の春インタビュー

浅草・新宿・上野 日本の話芸「落語」を聞ける演芸場3選

14.目白庭園

目白庭園は四季折々の日本らしい風景が楽しめる回遊式庭園です。池袋駅からは徒歩で約12分、池袋駅の1つ隣のJR目白駅からだと徒歩約5分です。短い時間でも楽しめるコンパクトな日本庭園には、毎年秋にカルガモがやってきてかわいいひながパレードする姿も見られます。

住所:東京都豊島区目白3-20-18
公式HP:http://www.seibu-la.co.jp/mejiro-garden/

滞在を快適に! 池袋オススメホテル

池袋のホテル事情


多くの路線が乗り入れていてどこに行くにもアクセスのよい池袋周辺のホテルは、ビジネス客にも観光客にも人気があります。池袋には高級ホテルやビジネスホテルなど、さまざまなタイプのホテルがあります。

宿泊料金はシーズンや混雑状況により大きく変動しますが、ここ数年、日本への旅行客は大幅に増加していてホテルは予約でいっぱいの状態。それにあわせて価格も上昇しています。リーズナブルに宿泊するためにはできるだけ早めに予約するのがよいでしょう。

予約するときは「Booking.com」「Agota」「Expedia」などの予約サイトと、ホテルのオフィシャルサイトを比較してみるとお得なプランが見つかる可能性が高まります。

宿泊料金とあわせて知っておきたいのが朝食について。一般的にホテルが高級になるほど朝食サービスの値段は高くなりますが、池袋はビジネス客が多く、朝食付きまたは1食1000円前後のホテルがたくさんあります。ただし、ホテルの朝食サービスは遅くとも大体10時頃まで。早いところは9時までということもあります。

場合によっては、朝食は外で食べると割り切ったほうが快適なこともあるでしょう。池袋は駅周辺にコンビニエンスストアや朝食のとれるカフェ、ファミリーレストラン、ファストフード店などが豊富でその点とても便利です。

あわせて読みたい:

安宿、旅館、ホテルなど。タイプ別、日本の宿泊施設一覧
日本ならでは。安くて快適なホテル「ビジネスホテル」とは
ホテルで使えると便利な日本語10選!

池袋のオススメホテル


本項では、リーズナブルで訪日観光客の方が利用しやすいホテルをご紹介します。どこも比較的駅に近く、1室2名利用で1名4,000~6,000円程度を目安に選んであるので、オフィシャルサイトなども見てお好みのホテルを見つけてください。

1.貴美(きみ)旅館

「貴美旅館」は、池袋駅西口から徒歩7分のところにある旅館スタイルの和風ビジネスホテルです。パッと見ると普通の建物ですが、中に入ると和のエッセンスたっぷりのインテリアが旅の気分を盛り上げてくれます。日本風に、畳の部屋に布団を敷いて寝るスタイルも体験できるでしょう。

宿泊料金の目安は約7.5平米(4.5畳)の畳敷シングルタイプが4,500円。ダブルが6,500円です。約13平米(8畳)のタイプだと3名タイプが12,000円、4名タイプが14,000円です。

住所:東京都豊島区池袋2-36-8
公式HP:http://www.kimi-ryokan.jp/

2.ファミリーイン西向(さいこう)

数々の高級ホテルを押さえて、口コミサイトなどで訪日外国人に絶大な人気を誇っているのが「ファミリーイン西向」。最寄り駅は西武線の椎名町駅。椎名駅からは徒歩約10分です。池袋駅西口から歩くと約30分、タクシーを利用すれば約10分です。

人気の秘密はホテルのように形式にとらわれない、宿のスタッフの真心のこもったサービス。路線案内はもちろん、地元で人気のお店や町内のお祭りなどを教えてもらえることもあります。ガイドブックには載っていないローカルの魅力を満喫できることでしょう。

宿泊料金はバス・トイレ・朝食付きで、シングル(約7.5平米)が7,600円から、スタンダードツイン(約10平米)が15,200円からです。

住所:東京都豊島区長崎2-34-16
公式HP:http://www.familyinnsaiko.com/

3.スーパーホテルLohas池袋駅北口

池袋駅北口から徒歩5分の「スーパーホテルLohas池袋北口」は、ビジネスホテルチェーン、スーパーホテルの運営するホテルのひとつ。2016年4月にリニューアルされたばかりでとてもきれいです。炭酸泉の大浴場があり、朝食ブッフェも無料です。

宿泊料金の目安は11平米のスタンダードルーム(ダブルベッド)が1名利用で約5,000円、2名利用で約7,000円、ツインが2名で約11,000円から。5人まで利用できる30平米のスーペリアルームは4名1室で約17,000円からです。

住所:東京都豊島区池袋2-62-14
公式HP:http://www.superhotel.co.jp/h_links/ikebukuro/ikebukuro.html

4.池袋ロイヤルホテル

池袋駅から徒歩約5分のところにあるビジネスホテル「池袋ロイヤルホテル」には、大浴場やサウナのほか、マッサージや韓国風あかすりのサービスがあります。最大のポイントは、東京のビジネスホテルでは大変珍しい屋上の露天風呂。旅の疲れを癒しながら、首都東京の夜景を楽しみましょう。

宿泊料金は朝食付きの場合、シングルの1名利用で約4,500円から。セミダブルの2名利用が約9,000円、ツインルームが2名で約10,000円です。3ベッドルーム、4ベッドルームの部屋もあります。

住所:東京都豊島区池袋2-41-7
公式HP:http://ikebukuroroyalhotel.com/

5.ホテルウィングインターナショナル池袋

「ホテルウィングインターナショナル池袋」はJR池袋駅東口から徒歩10分、サンシャインシティまで徒歩3分のところにあります。客室はすべて12~13平米と池袋のビジネスホテルとしては標準的なサイズです。1Fレストランでは、1名800円で和風か洋風の朝食サービスが受けられますが、スタートは7時から、ラストオーダーが8時50分と終了が早めな点には注意しましょう。

宿泊料金はシングルが1名で9,000円。セミダブル2名利用が13,000円、ダブルルームの2名利用が16,000円です。

住所:東京都豊島区東池袋3-10-7
公式HP:http://www.hotelwing.co.jp/ikebukuro/

6.センチュリオンホテル・池袋

「センチュリオンホテル・池袋」は、2014年9月にオープンした新しくておしゃれなデザイナーズホテル。池袋駅南口から徒歩3分のところにあります。1Fにはコンビニエンスストアがあるほか、ホテル内にはゲスト専用のコインランドリーもあります。ホテル2Fのデニーズで「選べる朝食セット」が無料でいただけます。

客室はシングルルームでもダブルベッドが備えられていて、2人まで宿泊可能。宿泊料金の目安はシングルの1名利用が約7,000円から、2名利用が約9,000円から。ダブル、ツインの2名利用は約12,000円からです。

住所:東京都豊島区東池袋1-8-9
公式HP:http://www.centurion-hotel.com/ikebukuro/

7.ホテルリソル池袋

「ホテルリソル池袋」は、池袋駅東口徒歩6分にある、モダンでちょっとおしゃれなビジネスホテル。1Fのレストラン「イル・キャンティ・エスト」の特製ドレッシングは、一度食べたら忘れられないおいしさで日本人にもとても人気があります。9Fの女性専用フロアにある「ラクシス」では、スパサービスが受けられます。

宿泊料金の目安はシングルの1名利用が約8,000円から、セミダブルの2名利用が約10,000円、21平米とゆとりあるツインが2名利用で約12,000円からです。

住所:東京都豊島区南池袋2-30-14
公式HP:http://www.resol-ikebukuro.com/

8.ホテルストリックス東京

「ホテルストリックス東京」は、池袋駅西口から徒歩3分にあるデザイナーズホテル。C6出口からなら約50メートルの近さです。アメニティにこだわりがあり、お好きなものを選べます。モダンなインテリアの客室はシングルでも19平米からと余裕のある広さ。スイートルームもあります。

宿泊料金の目安はシングルの1名利用が7,000円から、ツインルームが2名で10,000円からです。

住所:東京都豊島区池袋2-3-1
公式HP:http://www.strix.jp/

9.ザ・ビー池袋

「ザ・ビー池袋」は東京都内にいくつか展開している「ザ・ビー」というブランドのホテルのひとつ。池袋駅東口から徒歩で約3分のスタイリッシュなブティックホテルです。和洋20種と豊富なメニューをそろえた朝食バイキングは1,050円とリーズナブルです。また、7Fにはコインランドリールームがあり、長めの滞在にも便利です。

客室は12平米のスタンダードシングルが1名利用で約8,000円から。18~23平米のダブルまたはツインが2名利用で約12,000円からです。

住所:東京都豊島区東池袋1-39-4
公式HP:http://ikebukuro.theb-hotels.com/

10.アパホテル池袋駅北口

ビジネスホテルチェーンアパグループが運営する「アパホテル池袋駅北口」は池袋駅北口から徒歩4分。客室はシングルやダブルが9平米からと標準よりも少しコンパクト。1Fレストランで和洋バイキングの朝食がいただけます(朝食券は前売り1,100円、当日1,250円)。

宿泊料金の目安はスタンダードシングルで1名利用が5,500円から。ダブルは2名利用で8,000円からです。

住所:東京都豊島区池袋2-48-7
公式HP:http://www.apahotel.com/hotel/shutoken/14_ikebukuro-eki-kitaguchi/

11.アークホテル東京池袋

「アークホテル東京池袋」は池袋駅東口から徒歩約7分のホテルです。バスルームに古さが残るものの、客室自体は2014年に全室改装されていてきれいです。シングル・セミダブルは13平米、ダブル・ツインは19平米。バイキングスタイルの朝食は1,100円です。フロントで前売り券を購入しましょう。

宿泊料金の目安はシングル1名利用で約6,000円。ダブルルームの2名利用は約9,000円からです。

住所:東京都豊島区東池袋3-5-5
公式HP:http://www.ark-hotel.co.jp/tokyo/

12.ホテルマイステイズ東池袋

「ホテルマイステイズ東池袋」は、JR山手線で池袋から1駅のJR大塚駅南口から徒歩7分。池袋のランドマークサンシャイン60までも徒歩5分ほどです。全室ミニキッチン付きでランドリーコーナーもあり、少し長めの滞在には便利でしょう。

客室は15平米のセミダブルルームが標準で、宿泊料金の目安は1名利用で約8,000円から。2名利用だと約10,000円からです。

住所:東京都豊島区東池袋4-39-13
公式HP:https://www.mystays.com/ja/hotel/tokyo/hotel-mystays-higashi-ikebukuro

13.京王プレッソイン池袋

池袋駅東口から徒歩4分の「京王プレッソイン池袋」は14F建てのビジネスホテル。オススメのポイントは毎日焼きたてのパンがうれしい朝食無料サービスと、1Fにあって便利なコンビニエンスストア。女性専用フロアもあります。客室はシングルとセミダブルが標準で、どちらも約12平米です。

宿泊料金の目安はシングルが1名利用で7,000円から、ダブルは2名利用で約9,000円からです。

住所:東京都豊島区南池袋2-29-11
公式HP:http://www.presso-inn.com/ikebukuro/

14.サンシャインシティプリンスホテル

「サンシャインシティプリンスホテル」は、池袋駅東口から徒歩約8分にある高級ブランド「プリンスホテル」のホテル。超高層ビルサンシャイン60にあります。客室はもっともコンパクトなセミダブルでも16.6平米とゆとりのサイズで、和室やスイートルームもあります。改装されたばかりの33~37Fは東京が一望に見渡せるパノラマフロアで、ここに泊まっただけで特別な旅の思い出になりそうです。

宿泊料金はセミダブル1名利用が約9,000円。セミダブル、ツインの2名利用で約10,000円からです。パノラマフロアはセミダブルの2名利用が約23,000円、ダブルまたはツインの2名利用が約26,000円から。朝食ブッフェは大人2,160円、子ども1,080円。

住所:東京都豊島区東池袋3-1-5
公式HP:http://www.princehotels.co.jp/sunshine/

15.ホテルメトロポリタン

池袋駅西口から徒歩3分、メトロポリタン口から徒歩1分の「ホテルメトロポリタン」は、池袋周辺を代表する高級ホテル。室料や朝食料金(ブッフェ大人2,660円、4歳から12歳1,630円、ルームサービスあり)は安くはありませんが、高級感あるホテルを希望する旅行者にはオススメのホテルです。駅直結型であることや、エアポートリムジンが運行しているなどの利点があります。

客室カテゴリーはスタンダード、エグゼクティブ、スイートなどに分かれています。宿泊料金の目安はシングル(約17平米)1名利用で10,000円から。セミダブル(約17平米)は2名利用で14,000円から、スタンダードダブルまたはツイン(20平米~)は2名利用で20,000円からです。

住所:東京都豊島区西池袋1−6−1
公式HP:http://www.metropolitan.jp/

旅のお役立ち情報

外貨と日本円を両替したいときは、銀行の外貨両替サービスやセブンイレブンのATMを利用してみましょう。

現金不足のときに!日本で外貨両替ができる定番の4スポット

手持ちの現金がなくなったときは、「PLUS」マークのあるATMを探してみましょう。簡単に海外キャッシングサービスを利用することができます。

外国人に聞かれたらサッと応えてあげたい。日本のPLUSマーク対応ATMの設置場所

ホテルに宿泊する際、日本語が使えると便利です。簡単なフレーズを紹介。

ホテルで使えると便利な日本語10選!

日本には、外国人観光客向けの便利なWi-Fiサービス「Japan Connected-free Wi-Fi」があります。事前にアプリをダンロードしておきましょう。

Japan Connected-free Wi-Fiサービスって?日本で無料wifiが使える場所まとめ

日本旅行でかかる食費は1日いくら? 事前に予算を立ててみよう。

日本旅行、1日の食費は平均いくら?(コンビニ、レストラン、寿司

執筆者&翻訳者

旅行、料理が趣味の20歳です。日本の魅力をお届けします。
MATCHA

訪日外国人観光客向けwebマガジン
‘MATCHA’ をいいね!して日本の情報をチェックしよう。

関連記事

特集

ランキング

Loading...